10月の注目は“ブラックアウト期間”

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
今日から10月。
東京の気温も朝晩はだいぶ涼しくなってきましたが、
相場はここから年末に向けて重要な3カ月間となります。

 
そして今日のブログでは、
あまり日本人には馴染みがない、だけど超重要な
今月の注目トピックについてお話したいと思います。

が、その前に、、、

本題を理解して頂くために
まずは、世界最大の経済大国である米国市場の直近の動向と
今後の見通しをお話します。

 

ニュースに振り回される相場は要警戒

 

 
8月に極端なくらい長期金利が低下した中で、
株価も大きく下がりました。9月に状況が一変すると、
株価の上昇に合わせるように金利も急騰しましたが、
月後半はそれも一段落という様子です。

 
このように大きく波打っているのは
恐らく心理を反映したものであり、それは米中対立という
日々入れ替わるニュース材料によるものでしょう。

 
米中の通商交渉再開の運びで機運は高まりましたが、
先々週末に中国の代表団が米農家視察をキャンセルとの一報で少し下がりました。

 
その視察キャンセルは、実際には米側の要請で中止したもだったと伝わると、
先週初めは安堵が拡がり、また中国の劉鶴副首相が通商交渉のため、
10月2週目に訪米するとも伝わり、米中指数(架空の心理的な指数)は上昇しました。

 
しかし、27日(金)に米国が対中証券投資の制限を検討と、
再び交渉を前にハードな攻撃に出ると、この日それまで上昇していた
米国株は急落することとなりました。

 
個別株もニュースの影響を受けており、
対中証券投資制限の中で米国上場の
中国ADR株の上場廃止懸念によって、
アリババ(BABA)が9%を超える急落、

 
同じく中国のニューオリエンタルエデュケーション(EDU)も
5.5%安となるなどしました。また大統領の弾劾調査ニュースを受けて、
民主党の(国民皆保険に熱心な)候補者が意識され、
ユナイテッドヘルス(UNH)が週間7.6%安と崩れ、
ダウ構成銘柄でワーストとなりました。

 
ニュースに振り回される相場は要警戒です。
これらニュース材料は、確定した事実でなく、
「検討」とあるように交渉の材料(脅し)に過ぎない可能性もあります。

 
弾劾にしても、確定でなく「調査開始」に過ぎません。
つまり、いずれも逆戻しの状況も考えられ、
ボラティリティの高い相場となりえます。

 
そして、冒頭にお伝えした
今月の注目トピックですが、それは米国の「ブラックアウト期間」です。

 
ブラックアウト期間という言葉を初めて聞いた方もいらっしゃると思いますが、
10月下旬に米国主要企業は第3四半期の決算発表を予定しています。
そして、決算発表から5週間前はブラックアウト期間といって、
自社株買いが出来ない期間となります。

 
今、米国の主要企業は自社株買いに力を入れていますが、
このブラックアウト期間は自社株買いが法律で禁止されるのです。
というのも、決算発表まえに自社株買いをすると
インサイダー取引に抵触する恐れがあり、それを防ぐための処置なのです。

 
もちろん、必ずではありませんが、
このブラックアウト期間は株価が下がる可能性があります。
最終的な米国株の一番強い買い手は自社株買いなので(一旦買ったら売らないので)、
その期間に悪いニュースフローが出ると株価は必然的に下がりやすくなるのです。

 
ただ、下がったところはチャンスにもなり得ると考えるところです。
なぜなら、ブラックアウト期間が過ぎれば再び自社株買いができるようになるため、
一度大きく下がった銘柄はもう一度上がる可能性があります。

 
とにかく、10月は米国市場は大きく動く可能性があり、
そのときは、日本にも少なからず影響を与えますので、
注目していきましょう。

 
それでは、
今日も1日頑張りましょう(^^)/

 
―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>
株のデイトレで稼ぐコツは、
「あるもの」についていくだけでした…

誰でも無料で使えるツールを使い、
ときには1日数分で利益を上げられる
戸松流・株デイトレ手法を含め、
戸松先生の株式運用の極意が詰まった無料講座を公開。
詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.