小次郎講師のブログ

世界で大きく経済に影響するニュース3つ。その③

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 小次郎講師
自宅の書斎より……

 
おはようございます。
小次郎講師です。

 
前回、前々回と
経済に大きく影響するニュースを紹介してきましたが
今回はいよいよそのラストになります。

 
皆さんは10月1日といえば何を思い浮かべますか?
消費税増税?それもあるでしょうが、
実は10月1日に中国建国70周年があります

 
そうです。
経済に影響する3つ目のニュースは『香港問題』です。
香港のデモでは一時器200万人参加したといわれております。

逃亡犯条例の改正案があります。
香港政府が2019年2月に提案

 
中国と香港ではルールが違う事から、
中国で犯罪を犯して人が香港でかくまわられる

 
なんてこともあったので
一国2制度をなくそうとしていました。

 
そして、
いつもだったらすぐに終わるデモですが

 
今回はデモの活動が長く続くこともあり、
デモ隊の要求であった『逃亡犯条例改正案の撤廃』が決定しました。

 
しかし、
デモ隊の要求はこのほか4つもあります。

 
逃亡犯条例改正案の撤廃は
その内の一つしか通ってないので、
デモはまだまだ続くかもしれません。

 
そして10月1日には
中華人民共和国建国70周年を天安門広場にて開催、

 
世界中の要人を集めて習近平さんが
非常に重要な演説をするといっています。

 
まぁ、中国はこんなに立派な国になりました、
こんなに素晴らしい国ですってのをいいたいのでしょう。

 
そこではスペシャルな催し物をされるのでしょうが、
ここで香港のデモはなんとしても逃げ切りたいところですね。

 
そして、10月1日中国は国慶節で1週間お休みになります。
ここがアメリカと中国の休戦になっております。

 
トランプ大統領も今ここで事を荒立てても、
いい返事はもらうことはできない

 
だからこの10月1日は習近平さんを立てて、ここのところは無事に通過させて
1週間のお休みをへて、そこから再度だとこういう流れになっています。

 
つまり、今までブログで紹介してきた
米中貿易戦争にしても、イギリスのEU離脱問題にしても、

 
そして、この香港問題にしても
この中華人民共和国建国70周年から1週間は平和な状態になるということで

 
今からしばらくの間は
世の中にテーマになる大きな問題が表面化しない、

 
ですから私は今の流れは、
10月の第一週ぐらいまでは続くんじゃないかと思っております。

 
そういった意味ではここが大きなチャンスになるんじゃないかと思います。

 
ただ、
10月の第一週が終わった後に、そこからさらに上の方に行くのか、
そこから急速に再度下げになるのか、新たな戦いがスタートします。

 
つかの間の平和がこれから10月の第一週まで世界中で起こるんだという事を思うと
今の流れをちょっとのったほうが良いとこのように思います。
 
 
<編集部のおすすめ>

「情報収集が大事だとはわかるけど、
何からやればいいのだろう……」

何をすればいいかがわからなくてお悩みでしたら、
投資教育界のレジェンドが、
毎月1回、選りすぐりの情報を届けてくれるー
そんなサービスを使ってみませんか?

こちらからどうぞ

 

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA