時間帯の見極め

From:平野朋之
自宅デスクより、、、

おはようございます。
平野朋之です。

先週の20日水曜日
東京外国為替市場の
ドルの対円相場は、もみ合いとなっていましたね。

貿易協議や香港情勢をめぐる
米中両国の動向を材料として
1ドル=108円台半ばでした。

その日の昼頃には
前日比17銭のドル安・円高でした。

最近ニュースでも
多く取り上げられていますが
米上院が香港人権法案を可決したことによって
米中両国の対立が
先鋭化するとの観測が広がっている様です。

その後の動きとしては、
ドル売り・円買いが
先行して下落していました。

その様な影響で、
貿易摩擦に加えて
香港が米中間の深刻な懸案として浮上し、情勢は複雑になった
という声も出ている様です。

先週に引き続き、
世界情勢を一部取り上げさせて頂きました。

本日は、
時間別のFX攻略法についてお伝えします。

まず、1つ目の時間は
15時~18時半あたりです。

この時間帯は、
「ロンドン勢」の参加時間、
また欧州株式市場が始まる時間でもあります。

この時間帯は、
1方向に動き出すことが多い傾向です。

そのため
利益機会が多い時間帯と言えますね。

例えば、
1度エントリーをして、
その後思惑と反対方向へ
動いたとします。

その場合でも
再度、売りのエントリー行うことで
トレンドに乗ることが可能な時間帯です。

要するに
トレンドに乗りやすい時間ということですね。

2つ目の時間帯は、
21時半~24時半あたりです。

夜で
仕事や家事終わりに
トレードができる時間だけに
1日の中で
市場参加者が、多くなる時間帯です。

米国経済指標の発表、
米国株市場が開く時間帯でもあるので
動きがとても
活発になります。

また
この時間帯は、
それまでの相場方向が続くこともあれば
それまでの
反応の動きをすることもあります。

この時間帯の
高値、安値を確認して
トレードすることが
とても大切です。

本日は、時間別がテーマですが
1日にどの位売買ができるかで、
スタイルを変えた方が
効率良くトレードができます。

1時間~2時間くらいであれば
5分足、15分足での短期売買がおすすめです。

4時間以上であれば
30分足、60分足での短期売買ですね。

時間によって、何分足が適切か
またそれに併せて
トレンドを確認することが大切です。

是非、本日からのトレードにご活用下さい。

それでは、
今日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

―平野朋之

 

<編集部のすすめ>

平野先生が4年という歳月をかけ、勝率と効率の良さを
追い求め続けて完成したローソク足を使わずに、
勝率7割を超えるトレード手法を
ご覧のあなただけに、期間限定で無料公開中。

詳しくはこちらをクリック

最近の投稿

  • 常勝トレーダーとしての在り方
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 12月4日の 東京外国為替市場の ドルの対円相場(気配値
  • リスク管理&目標利益の設定
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 27日東京外国為替市場の ドルの対円相場(気配値)は終盤、
  • 時間帯の見極め
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 先週の20日水曜日 東京外国為替市場の ドルの対円相場は、も


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.