相場分析は使い分けが重要である

From:矢口新

自宅デスクより、、、
 
おはようございます、矢口です。
 
今回は、相場分析の手段についてのお話をさせていただきます。
 
手段を大きく分けますと
 
・テクニカル分析
・ファンダメンタルズ分析
 
この2つになります。
 
実際の運用者はどちらかひとつに、大きくウエートを傾けて分析をし、
運用の助けとしています。
 
投資信託や年金基金、保険金など長期資金の運用は、
基本的にファンダメンタルズ分析でおこなっています。
 
なぜなら、テクニカル分析は極論、
売買タイミングを知るためのものなので、
長期資金の運用とは無縁だからです。
 
一方、私がおこなっている短期トレードなんかは、
ファンダメンタルズ分析のウエートは重くはありません。
 
というのも、
 
ファンダメンタルズ分や相場環境が、
短期的に変化することはほとんどないからです。
 
また、そういった変化が起きた時は、
突発的なイベントやリスクなので、
ファンダメンタルズ分析でもカバーができないからです。
 
さらに、ヘッジファンドやスウィングトレードといった、
ファンダメンタルズ分析や相場環境に左右される一方で、
売買タイミングもそれなりに重要な運用では、ファンダメンタルズ分析や
テクニカル分析が、どういうものかを知っておく必要があります。
 
それによって、自分がどのようなリターンを狙っているかが
より明確になるのです。
 
また、
 
誰にも先のことはわかりませんが、
過去の値動きはきちんと刻まれています。
 
チャートは、過去の値動きの記録です。
過去の値動きを見ていると、時間の経過と共に値動きは変化
しているのがわかります。
 
これが、未来にも続くとすると、明日の変化はそれほどなくても
1年後、10年後にはどうなるかはわかりません。
 
ですが、
どちらに動くのかを様々な知識を駆使して見つけていくのが
トレードのおもしろいところなんですよね。
 
常に知識はインプットしていきましょう。
 
―矢口 新

 

<編集部からのおすすめ>
まさに職人技。

売買銘柄の選び方、売買タイミングの判断まで
明確なルールに沿ってルーティーンで運用して
堅実に利益を積み上げる

矢口流・株式運用法のエッセンスを
動画講座で無料公開中。

詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.