高値更新続く米国株・・・

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
先週は、
 
高値更新続く米国株、ナスダックは7日連続で過去最高値
日本市場は高値から小幅に反落となっておりました。
 
まだまだ、相場の地合いは良いと
捉えることもできます。
 
では細かく見ていきましょう!
 
◾️グローバル相場見通し:
高値更新続く米国株、ナスダックは7日連続で過去最高値
 
【週間騰落率】
ドル(対主要通貨加重平均) +0.53% (97.69)
株 (S&P500指数)     +1.65% (3,221.22)
商品 (CRB総合指数)    +0.67% (185.04)
金(ニューヨーク先物)   -0.02% ($1,480.90)
原油(WTI)         +0.62% ($60.44)
債券(米10年債利回り)   +9bpts (1.92%)
 
 
□ニューヨークダウ・ナスダック推移
 
 先々週に多くのビッグイベントを無事通過したことで、
金利、米中関係、ブレグジットを巡る不透明感が後退し、
株式市場は特段の材料ない中をサンタラリーに向かって進んでいる模様です。
トランプ大統領の弾劾決議案可決も株式市場には影響ありませんでした。
 
 主要指数はナスダックが7日連続で過去最高値を更新となるなど
上昇を続けており、他の指数も連日で高値を更新、週間の上昇率は
ダウ1.14%、S&P500+1.65%、ナスダック+2.18%となりました。
 
 原油も小幅に続伸し、
60ドル台に乗せて3カ月ぶりの高値を付けています。
 
米10年債利回りも上昇し、1.9%台へ戻ってきました。
 
 個別でも主力銘柄は堅調に推移しており、20日(金)は
ソフトウェアのマイクロソフト(MSFT)が過去最高値を更新し、
年初来+55%高となっています。同じくソフトウェア大手の
アドビシステムズ(ADBE)も決算後に値を上げており、高値更新しました。
 
 その他、最大銘柄のアップル(AAPL)は年初来+77%高、
週間+6%高を値を上げたフェイスブック(FB)も+57%高、
アリババ(BABA)+55%となるなど、どれも大幅上昇の年となりました。
 
 
 もっとも年初来の大幅上昇は、昨年終盤に大きく下げて終わったことが
関係しており、上げ幅の多くは今年第1四半期の(安値からの)強い反発によるものです。
 
しかし秋に高値に並ぶと米中合意期待で上に抜け、年末にかけて
一段高で高値更新、という様子です。
 
 
指数の年初来はS&P500が+28.5%、ダウ+22.0%、ナスダック+34.5%となっています。
 
今年もあと一週と少しですが、
ナスダックは13年にマークした年間+38.3%以来の上昇幅となる見込みです。
 
 同指数は現在8,924ポイントで、年内に9,000ポイントの大台を捉えそうです。
来年は1万ポイントが目標になりそうです。昨年末は6,635ポイントまで下がっていました。
ネット企業などのハイテク主体の同指数は、1971年2月に100ポイントで算出開始された
ところから90倍となり、時価総額加重平均で計算されます。
 
 
◾️日本市場は高値から小幅に反落、一旦の戻り売りか
 
日経平均 23,816.63円 週間-206円 *過去最高値まであと+63%要
 
□日経平均
 
相場判定(長期):上昇トレンド継続中(2019/11/02~)
相場判定(短期):上昇トレンド継続中(2019/09/05~)
 
注目セクター : 特になし
 
 米国が連日で過去最高値を更新し、欧州や他のアジア市場も
上昇した先週ですが、日本市場だけ反落となりました。
特に円高などの独自の悪材料が出た訳でなく、単なるテクニカルな反落と思います。
 
 13日(金)の日経平均は高値で24,050円まで一気に大幅高で急伸し、
それまでの年初来高値を450円近くも塗り替える派手な上昇でした。
チャートでは上に水準を切り上げながら作ってきた持ち合いベースを綺麗に抜けています。
 
 そして2万4千円という高値は、18年1月と10月に2度付けていずれも
そこから反落したポイントでもあり、高値で買って長らく辛抱してきた
投資家からの戻り売りも出やすいと思います。
 
 日経平均は17日(火)に一時24,091円を付けて高値を更新しましたが、
翌日から小幅に3日続落と調整した結果、週間でも▲206円安と反落しました。
 
20日(金)に唯一出来高を増やして下げてますが、48円程度の
小幅安であり、売り込まれた印象まではありません。
 
 ただ先々週の上昇があまりにも急で、大幅であったため、やれやれ売りの出やすい
ポイントで一旦小幅に調整したというところと思います。相場のリズムが悪くなったわけでもなく、
上昇トレンドは継続中と見て問題ないと思います。
 
 日本株ランキング上位の中小型株で大きく上昇した銘柄多く、寿スピリッツ(2222)が
週間+10.7%、レーザーテック(6820)+9.9%、手間いらず(2477)+9.5%、神戸物産(3038)+7.8%、
イーレックス(9517)+5.6%となるなどしました。その他多くのトップランキング銘柄も上昇しており、
主要指数は下げたものの悪くない様子と思います。
 
◾️今週の戦略
 
 週末のダウは+78ドル高で連日の史上最高値、シカゴ日経先物は
大証終値比90円高い23,810円で終えています。
 
日本株は短期的には反落、しかし中期的には先々週に
大きなブレークを果たしたばかりです。

先週は世界的に見ても日本だけが反落と不可解なものでしたが、
特に意味はないと考え、調整して脚をためた分、今週に期待したいと思います。
 
 年内は後6営業日を残すのみで、とくに大きな材料や動きもなく、
静かにサンタラリーを待つ構えです。業績好調な中小型株に強いもの多く、
引き続き年末の相場で物色される可能性もあると思います。
 
今週もトレード分析を慎重に、良い年納めのトレードができるように
あらゆるシナリオを想定しながらトレードをしましょう。
 
 
―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>
コレを知らずに投資で安定利益を積み上げるのは難しいでしょう。
すべての投資家が売買テクニックを学ぶ前に学ぶべき、
相場の教養を今すぐ受け取ってください。
詳細はこちらをクリック

 
<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.