売買を控えるべきポイント

From:平野朋之
自宅デスクより、、、

おはようございます。
平野朋之です。

今週の水曜日
29日のニューヨーク株式相場は、
最終的に少し、伸びた印象があります。

みなさんもご存じかと思いますが、
アップル社などの、米国の企業の決算があり
その影響か、
買いの勢いがありましたね。

 
また
ダウ工業株は、2万8734.45ドルで終わっていました。

アップル社が
28日に発表した
昨年、2019年10~12月期決算は、
売上高、純利益ともに、
過去最高を更新したようです。

約2年ぶりの数字のようです。

 
その一方で、
航空機、宇宙システムなど、
ご存知の方も多いかと思いますが、

ボーイング社が
29日に発表した
昨年、19年12月通期決算は、
事故や運航停止などの影響が考えられ、
22年ぶりに赤字になっていましたね。

 
このように、日常的に
いかにアンテナを張ってニュースを確認するか。

情報によって、トレードをする上での
抑えるべきポイントや、トレンドなど
左右する可能性がありますので、

積極的に、情報を取って頂きたいと思います。

 
そこで、本日は、
売買を控えるべきポイント
についてお伝えします。

 
初めに、お伝えしたいことは
不安な時にはポジションを取らない
ということです。

まずは、短い足でトレードする場合には
重要な経済指標発表前(10分前)

こちらは、トレードはなるべく控えましょう。

さらに、
重要な経済指標発表後(5分~10分後)です。

 
発表前や発表後は、意識して確認しましょう。

 
続いては、
イベント前の閑散時です。
こちらについても、動きが読めない。

または
良い動きにならない可能性があるので、
なるべく控えて頂きたいと思います。

 
次に、シカゴ先物ポジションが
極端に傾いている時です。

ニュースなどで確認する場合に、
円が何枚買われて、売られたかなど
1週間遅れの、データなどが確認できると思います。

 
このデータは、
みなさんご存じかと思いますが、
それを踏まえ、円が極端に買われている場合、

先物市場では、逆張り的な発想で
そろそろ反転するのではないか
という大きな流れを、確認することができます。

そこで、
状況にもよりますが
反対売買をすべきということですね。

 
最後は、
ファンダメンタルズと流れが一致しない時です。

例として
雇用統計の結果が良好でも、反応しない時です。

 
なかなか反応しないなとか感じる方も
多いかと思いますが、

そういった時の傾向としては
市場自体に大きなポジションがあり、

反対に動かそうという場合が、
多い傾向にあります。

 
本日は、
売買を控えるべきポイント
についてお伝えしました。

是非、今後のトレードにご活用下さい。

 
それでは、
今日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

―平野朋之

 

<編集部のすすめ>

平野先生が4年という歳月をかけ、勝率と効率の良さを
追い求め続けて完成したローソク足を使わずに、
勝率7割を超えるトレード手法を
ご覧のあなただけに、期間限定で無料公開中。

詳しくはこちらをクリック

最近の投稿

  • メンタルチェック
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 トレードをする上で大切な メンタル面につい
  • 心得て頂きたいこと
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 今後みなさんが歩む トレード人生において、
  • ポイントを抑えて分析すること
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 避けるべきポイントを抑え、 負け組トレーダーの


One thought on “売買を控えるべきポイント

  1. take

    動画を拝見させていただきました。
    動画の中にあった平均足改良版を使ってみたいのですが、どちら宛、またどの方法でコメント、IDを送信したらよろしいでしょうか。

    返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.