チャート系用語の復習として

From 投資の学校事務局

新宿六丁目のオフィスより……

おはようございます。
投資の学校事務局の岩本です。

本日は、以前お伝えした
FX用語とはまた別に、
投資をする上で、よく目にする
用語についてお伝えします。

復習としては、もちろん
これから投資を始められる方には
用語を知るきっかけとして、
お読み頂きたいです。

そこで、本日は
「チャート系の用語」
について、お伝えします。

まずは、
「窓開け」です。

まず、ローソク足が
重ならず空白ができる状態を、
「窓」と言い、窓が開くという
言い方もあります。

次に、
「窓埋め」です。

これは、株価が上がったり
下がったりすることで
起きる窓開けが、

相場の流れが変わり、
それによって埋まることを言います。

窓を作る相場の場合ですと
株価が大きく伸びたり、
下降する傾向がありますので、

しばらく窓を開けたまま、
動き続けるという可能性もあります。

次は、ご存知の方も
たくさんいらっしゃるかと思いますが
陽線、陰線、十時線です。

株価が始値から、終値にかけて
上がったものが、陽線です。
反対に下がったものが、陰線です。

では、十字線とは
株価の終値と始値が同じであったものを指します。

大きく上昇もせず、
下降するわけでもなく
ということから

相場に動きが無かった状況を見て
投資家が、迷っているような印象を受けることも
あるかと思います。

次は、
「包み線」です。

抱き線とも呼びますが、
前日のローソク足の実体を
包むようにして現れる、足形のことです。

陰線から陽線への動きが、
上昇トレンドへの転換です。

例えば、前日の陰線を
はねのけ、すごく伸びたとすると
買いの勢いが強くなっていることが
わかるかと思います。

次は、
少しややこしい用語です。

ますば、「ダブルボトム」です。

こちらは、株価の動きを現していて
2つの谷の後に
高値を更新し、上昇トレンド入りをする
形を言います。

チャートの見た目は、
Wの字を描く様な形となります。

同じように、
長らく下落していた株価が、
一度反発の動きを見せ、上昇し

戻り高値で再び下落の動きを見せ、
同じ動きで反発し下降する場合などもございます。

類似しているものでは、
「トリプルボトム」などもありますね。

本日は、チャート系の用語
についてお伝えしました。

是非、トレードをする上での
復習としてご活用下さい。

投資の学校事務局 岩本

 

<編集部のおすすめ>

平野先生が4年という歳月をかけ、勝率と効率の良さを
追い求め続けて完成したローソク足を使わずに、
勝率7割を超えるトレード手法を
ご覧のあなただけに、期間限定で無料公開中。

詳しくはこちらをクリック

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • トレンド系の用語①
    From:投資の学校事務局 新宿六丁目のオフィスより…… おはようございます。 投資の学校スタッフの岩本です。 前回のこのブログにて チャ
  • 約20回のセミナーを終えて
    From:投資の学校事務局 新宿六丁目のオフィスより…… おはようございます。 投資の学校スタッフの高橋です。 最近のニュースといえば、
  • 小次郎講師流、でトレード始めました。
    From 投資の学校事務局 自宅のPCより……。 おはようございます。 (*’▽’)投資の学校スタッフの成川です。 今回はタイトル通り、小次郎講師流


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.