できていますか?損切りの徹底

From:矢口新

自宅デスクより、、、

 

おはようございます、矢口です。
本日は、当たり前だけどできていない方も多い ”損切り” についてお話します。

 

もし、まだ損切りが無駄などと言っているうちは、まだ駆け出しトレーダーの証拠です。
”損は利益をあげるために切るもの” としてとらえましょう。いわゆる必要経費です。

 

そんなことを言っても損を切るということは勇気がいるものです。

 

ただ、自分の思惑とは違う逆行したのポジションは持っていられないものですし、
逆行のポジションからは、まともなものは何一つ生み出されません。

 

必要以上のエネルギーを浪費させ、相場観を狂わせ、機会利益を減少させ、ひいては取り返せないほどのを抱える危険をはらんでいます。

 

評価損は、実現損よりも性質が悪いのです。実現損は過去の損なのですが、評価損は生きています。これからどこまでも拡大する可能性を秘めているのです。

 

また、損を切れないことを正当化するための相場観が用意されます。
そうでもしないと自己矛盾に至るからです。

 

さらに、評価損の悪いところは、せっかく大局的な相場観が当たっていても、絶好の売り場や買い場で身動きが取れなくなることです。

 

評価損を抱えての売り買いの余力は知れていますし、ナンピン買いなどでポジションがすでにパンパンになっていたなら、お手上げなのです。ただ、ひたすら元のレベルに戻ることを願うのみになってしまいます。

 

あえて、機会利益について突き詰めると買いで下がって評価損を抱えたのです。
どこかで損切って売りに転じていたなら、逆に利益が上がっていたはずです。

 

逆転の発想です。

 

具体的には売返しをします。つまり、評価損を抱えた状態では
機会利益をただ、手を招いてみているだけなのです。

 

また、評価損を恐いのは、時に損の額が一個人の耐えうる限界を超えてしまうことです。
限界点はだれにでもあると思っていてください。いわゆる器量です。

 

限界点を超えると、どうなるのでしょうか。もう、まともな思考力は失われていきます。
今後の身の振り方、家族の顔、上司の顔、相場には関係のないことばかりが頭の中をめぐります。
涙をこらえる気持ちです。

 

一種の墜落感です。私たちは、そうなる前に何か手を打たなければならないのです。

 

損をこまめに切ることにより、いつも偏らない相場観、冷静な判断力を持ち続けることができます。ここぞという買い場や売り場で、いつも100%近い力を残したままでいることが可能になります。損切りを繰り返した断続した損が積み重なっても、持ち続けた連続した損に比べるとたかが知れているのです。

 

ディーリングルームなどで、損に耐えてくる苦しんでいる姿は、傍目には美しいかもしれません。
重要な仕事をしているようにも見え、忍耐強く頼もしい人という印象すらあるものです。
ところが、実際には大事な決断を先送りにしている思考停止状態に過ぎません。

 

相場は売り買い一対で取引が成立します。考え方によっては、参加者の半数は常に間違えているのです。また、上げ下げの確率は5分と5分、買っても10回のうち5回は下落します。

 

過ちを起こさない人間はいないのです。相場は損が出たり、儲けたりするのは当たり前のことなのです。相場を間違えるのは、恥でもなんでもありません。

 

損は出るもの。そして、損は切るものです。

 

損切りとは、儲けるためのコストです。損切りを早く、こまめに行ってコストを下げる。切った損はそれ以上には膨らみません。10回買えば、うち5回は上昇します。勝負はそこでするのです。

 

損切りができるようになると、損が小さく利益が大きいという、いわゆる
損小利大のトレードになってきます。

 

本日は以上です。今週の残りもトレード頑張りましょう。

―矢口 新

 

<編集部からのおすすめ>
まさに職人技。

売買銘柄の選び方、売買タイミングの判断まで
明確なルールに沿ってルーティーンで運用して
堅実に利益を積み上げる

矢口流・株式運用法のエッセンスを
動画講座で無料公開中。

詳細はこちらをクリック

<公式Twitterはじめました!>
最新の情報や相場の格言を
毎日つぶやいています。
フォローよろしくお願いします!

今すぐフォローする

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.