危険な銘柄を察知する方法

From:平野朋之
自宅デスクより、、、

おはようございます。
平野朋之です。

 
ここ最近の
為替市場では、コロナウイルスの材料に
振り回されているイメージがあります。

実際に、
NYタイムで
ドル円は1/20以来、
終値ベースで110円を乗せ、

それがコロナウイルスの感染拡大の
ニュースが流れた瞬間に109円まで売り込まれて
いるのが現状ですね。

 
その、世界的に話題になっている
新型コロナウイルスによる影響により、

決定的に何か動くための、
判断材料を待っているという声もある様です。

 
他にも、12日水曜日は
日経平均株価は
3営業日ぶりに、反発していました。

 
その前の日
11日の欧米株は、反対に
とても後退した印象がありました。

しかし、
この日はソフトバンクが
1銘柄だけで日経平均株価を100円以上
押し上げていましたね。

 
今週もそうですが、最近の傾向としては
日経平均の値動きは、ソフトバンクを見れば
現状を確認できますね。

 
やはり、新型ウイルスの肺炎により
これから、どんな不安材料が発生するか、わかりません。

色々な影響が合わさり、
現状の市場では、日本株は
あまりの伸びづらいだろうという声もある様です。

 
そこで、本日は
「危険な銘柄を察知する方法」
についてお伝えします。

まず、危ない、持っていては危険な
銘柄を予め察知しておく

これが非常に大切になってきます。

意識すべき点は、
「自己資本比率」を確認しておくことをおススメします。

 
自己資本比率とは、何なのか。
まず、念のため解説したいと思います。

このような言葉は、難しい印象があるかと
思いますが、
しっかりと学び、活かして頂きたいと思います。

自己資本比率とは、

純資産の内訳として、
負債(返済すべきお金)
自己資本(純資産)返済しなくて良いお金
これらの割合が、自己資本比率となります。

簡単にお伝えすると、
返済不要の自己資本が、全体の何%あるかを
示す数値です。

 
自己資本比率の高い企業は、
資金繰りの悪化リスクが減少し、

倒産リスクが少ないことが特徴です。

要するに、安定した経営ができている
ということになります。

少しブログの文章だと、
イメージしづらいかと思いますので、
分かりやすく比較したいと思います。

 
まず、
自己資本比率の低い会社は、借金が多く
手持ち資金が少ない為、
倒産リスクも視野に入れなければなりません。

次に、
自己資本比率が高い会社は、借金が少ないということですね。

さらに、何かあったとしても
存続できる可能性が、前者と比べ
高いということです。

 
目安として、
自己資本比率が、40%以上であれば
安全圏かと思います。

80%を超えていれば、
非常に高いかと思いますが、
逆に、10%を切ると要注意です。

 
本日は、
「危険な銘柄を察知する方法」
についてお伝えしました。

是非、週明けから気を付けて見て頂き
実践に活かして下さい。

 
それでは、
今日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

―平野朋之

 

<編集部のすすめ>

平野先生が4年という歳月をかけ、勝率と効率の良さを
追い求め続けて完成したローソク足を使わずに、
勝率7割を超えるトレード手法を
ご覧のあなただけに、期間限定で無料公開中。

詳しくはこちらをクリック

最近の投稿

  • メンタルチェック
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 トレードをする上で大切な メンタル面につい
  • 心得て頂きたいこと
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 今後みなさんが歩む トレード人生において、
  • ポイントを抑えて分析すること
    From:平野朋之 自宅デスクより、、、 おはようございます。 平野朋之です。 本日は、 避けるべきポイントを抑え、 負け組トレーダーの


コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.