相場の値動きを捉える練習をしてみよう

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
2020年の当ブログでは、
様々なテクニカル分析はあくまで、
先行する価格の動きから導かれた結果なので、
相場へ早く乗り込むためには、
価格変動を捉える必要がある、という立場で、

値動きを捉えるための原則的な話をメインに
綴って参りました。

本年のテーマをまだ決めきれない中で、
ここまでのまとめとして
一つの提案をいたしたいと思います。

 
地図などで道順を人から聞かれた場合、
殆どの皆さんは
過去に幾度か説明した経験をお持ちでしょうから、
比較的その手順が分かっていると思いますが、

地図を直接指で指し示したりできない状況で
例えば自宅までの道順を相手に説明するとなると
相当苦労するに違いありません。

つまり、私があえて今回提案したい内容とは、
チャートに沢山描かれている足の中の1本を
明確に、言葉だけで特定してみてほしいのです。

————————————–

おはようございます。
2021年になりました、
本年もよろしくお願い致します。

そして、
今週も早や金曜日がやって参りました。
今夜はアメリカの雇用統計発表がありますね。

 
それにしても
新型コロナの感染拡大が止まりません。
変異種の登場が一因なのか、
それとも単に気の緩みなのか??

日本でも過去にない数字が
毎日更新されているような事態ですが、
海外の拡大度合いはその比ではありません。

欧州の何か国かは既にロックダウンを再開し
期間の延長が相次ぐ中、
日本もついに首都圏を中心に、
大都市を抱える自治体への
緊急事態宣言に近い発表が、
昨日に現実のものとなりました。

こうした状況を受けてまだ世の中では、
コロナの感染拡大が報じられるたびに、
そのネガティブな印象からか、
リスクオフを連想し、

当該国の株式が売られ通貨は自国に戻る
といった一時的な傾向が根強く、
注目していた年始の値動きが正にそうでした。

 
しかし、こうした反応は長くは続かず
その動きに追随してしまうと逆に、
収益機会を逃してしまう可能性が、
次第に強まっていると思います。

現実に起こっている相場変動に対して
何らかの理由を見つけたい気持ちは
良く理解でき、
コロナ拡大=リスクという構図は、
納得しやすいとは思いますが

値動きの理由が良くわからない
つまり、理論的にはリスクオフなのに
実際は、
リスクオンに準じた動きになる相場の方が
アゲンストのポジションもたまりやすく
大きく動くこともしばしばです。

Buy the rumor, Sell the fact
(噂を買って事実で売る)
という相場格言があるように、

理由が分かってからでは既に時遅し
とならないようにご注意ください。

———————————–

さて、冒頭の提案だけでは曖昧過ぎて
良くわからなかったかもしれませんので、
まずは早速、本題から参りましょう。

ここにチャートがあります。

中央にほど近い部分に、
Aと矢印で示した足があります。

この足を離れている相手に伝わるように
言葉だけで説明して特定してみてください。

ただし、
相手は同じチャートを見ていますが、
そのチャートにはAと矢印は無く、
物理的に指で指したり
画像を相手に送ることはできません。

さてあなたなら、どのように説明しますか??
是非、チャートを良く見てトライしてください。

 
「ここ」とか「あれ」とか「それ」
などの表現が使えないと結構難しい
ことにお気づきではないでしょうか。

実はこの問題には幾つかの確認ポイントが
潜んでおり、大きくは2点あります。

一つ目には、チャートに関する語彙力と、
二つ目には、
値動きを波動で把握しているかどうかです。

語彙力については勉強を継続していけば
次第に力は付いてくるので特に心配はなく、
自分で理解できていれば問題ないでしょう。

問題は、値動きの把握力の方です。

語彙力が無くても値動きの把握力があれば、
例えば段階的な値動き(波動)の
高値安値に着目でき、それらを共通認識として
説明を続けられるかもしれません。

地図で言えば、ブロックごとの交差点や
分かれ道と同じ効果が期待できます。

そして、だれが見ても認識できる、
長大線のような急変動した足が近くにあれば、
何とか目的の足を説明できるとは思います。

また、
揉み合いとう値動きの意味を把握できていれば、
例えその揉み合いの中の足1本であっても、
どの揉み合いかを説明できれば、
恐らく特定できることでしょう。

回答例

説明の方法は複数あり、例えば
直近足から時系列を逆にたどるのと、

Aより昔の足から
時間経過に合わせて右へと説明するのでは
内容は違ってくると思います。

では、あくまでに一例として説明してみます。

「左端の最安値から上昇した相場は、
チャート全体の中央付近でここまでの
最高値を付けた後、最初の深押しが入ります。

その深押しから再度上昇しはじめ、
直近の最高値を更新する前に
短い足が連続する揉み合いがありますが、
その中にある4本の陰線のうち、
左から2本目の陰線がAです。」

という説明などはいかがでしょうか。

「陰線」というほかに「押し」や「揉み合い」
などの言葉の意味を理解する必要がありますが、
Aの在処を絞り込むためには、
その足がどんな状態の中の1本なのか?
つまり、

碁盤の目のように走っている道の、
どのブロックの中に自宅があるのかを
相手が認識できれば以降は、
細かい数などを用いれば良いことになります。

宿題

では同じように、
次のチャートでBの足を特定できるように
説明してください。

答え合わせは来週に行い、この練習の意義を
もう少し解説したいと思います。

もし個別に添削をご希望でしたら、
コメントにお書きください。
来週の記事を公開した後に、
私なりの意見を返信いたしたいと思います。

個人的にはまず、時系列に準じて(左から右へ)
説明する練習が良いかと思います。

 
 
浅野敏郎

 
—<<<編集部よりおススメ>>>—

◆◆◆YouTube配信、続々更新中!!◆◆◆
【平野朋之×高橋慶行】
トレンドを制覇するための玉操作のやり方とは??
2021年は大きな相場が来るかもしれないという噂が
ちらほら聞かれるようになる中、
来たるべき局面に備えて準備は早いほうが良さそうです。
↓↓↓

チャンネル登録もワンクリック、お願い致します

◆◆◆公式Twitter配信中!◆◆◆
投資や相場の最新情報や、
面白くてためになる相場格言などを毎日つぶやきます。
フォローよろしくお願いします!
↓↓↓
フォローはこちらから

◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆
LINE@限定の特別なお知らせを、続々配信。

投資の学校では、無料でも質が高い動画講座など
コロナ時代を皆さんと一緒に切り拓くための
投資関連コンテンツを次々とプロデュースしています。

タイムリーな予告情報などは是非、LINE@でチェック!!
見逃す前に必ずこちらからご登録ください。
↓↓↓
ご登録ページ

最近の投稿



One thought on “相場の値動きを捉える練習をしてみよう

  1. 浅野敏郎 投稿作成者

    練習へのご参加ありがとうございます。
    5名の方からご回答をいただきました。
    今週金曜日に回答例を掲載した後に対応してみます。

    事前に了解を取るべきでしたが、
    公開でのやり取りだとお困りかもしれないので、
    お名前を出さず、回答例だけをコピーして、対応させていただきます。

    回答の内容から、ご自身のモノかどうか、ご判断ください。
    宜しくお願い致します。

    浅野敏郎

    返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.