水上紀行のブログ

自分にフィットした武器を見つける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校講師の水上紀行です。

個人の投資家の方々が利用しているチャートなどの
相場へのアプローチ法を拝見しますと、
画一的な印象を受けます。

それは、もちろん、
いろいろ経験されるには十分な期間が足りないためだと思います。

しかし、相場を闘っていくためには、
自分自身にフィットした武器を持つ必要があります。

ある古くからの知り合いのディーラーの場合、
東京時間のその日のドル/円の出合い(取引成立)値を、
寄り付きから引け値まで時系列で完全に記憶しています。

これは、一種の特技です。

このディーラーは、出合い値を時系列で追うことで、
相場がすんなり動く価格帯や揉み合う価格帯といった相場のスメル(匂い)を嗅ぎ分け、
さらにそれに基づいて相場の先行き読んでいます。

私の場合は、レートも見ますが、
それ以上に、日足や1時間足などのロウソク足チャートの形状という絵から、
相場の先行きをイメージしています。

つまり、アプローチの仕方は、
人それぞれに自分にフィットするものがあり、
決して、皆一律ではない
ということです。

自分にフィットしたアプローチ法という武器を見つけることは、
そうたやすいことではなく、
どうしても試行錯誤が必要です。

おろしたての野球のグローブのように、
当然、最初は、すんなりとは自分の手にフィットはしないものです。

ですので、ある程度の期間、
いろいろと試さざるを得ません。

しかし、
ひとたび自分にフィットする武器を見つけたら、
そのアプローチ法を継続することが大切
です。

▼講師プロフィール▼

水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】西日本旅客鉄道(9021)
株価(終値):5,192
日付:9月21日
売買代金(千円):126,738,300

【2】第一三共(4568)
株価(終値):3,020
日付:9月21日
売買代金(千円):38,156,420

【3】日本航空(9201)
株価(終値):2,499
日付:9月21日
売買代金(千円):28,341,150

【4】ANAホールディングス(9202)
株価(終値):-
日付:9月21日
売買代金(千円):-

【5】Birdman(7063)
株価(終値):-
日付:9月21日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA