想定外のことが起こりました…

From:ニコラス・グールド
自宅のリビングより、、、

先日、たまたま付けていたテレビを見ていたら、

ミヤネ屋で司会をしている宮根さんが
イスから転げ落ちて、画面から消えてしまいました。

img02

テレビで画面から消えていくなんて、
出演者からしたら絶対にやらないことなのに、

そのときは宮根さん、すごく興奮して
楽しそうに飛び出していきました。

何が起きたのでしょう?

 
原因は、コレでした。

img01

 
プレイステーションVR
というゲームの機械ですね。

これを番組内で体験していたときの
出来事だったのです。

 
なんでも、ソニーが家庭でも
VR(virtual reality、バーチャルリアリティ/仮想現実/)を楽しむために
開発した製品だそうです。

 
かなり話題になっていて、
各番組で大きく取り上げられています。

 
このVR、現実ではないものを、
まるで実体験のように体感できるということで
様々な分野で利用されているようです。

 
ゲームなどのエンターテイメントが代表例ですが、
医療やショッピング、教育でも積極的に
用いられている技術とのことです。

もっとも、世間でこのように
バーチャルリアリティ/仮想現実が話題になる前から

 
私たちトレーダーにとっては、
もっとバーチャルの世界は馴染み深いものでした。

 
そう、トレードの世界では、
すでにずいぶん前からバーチャルトレード、デモトレードと呼ばれて
仮想のトレードを利用することが、広く行われてきているからです。

 
しかしながら、
デモトレードそのものは、
あまり有効活用されておらず、

 
実際のトレードの前に
デモトレードを活用すること自体も
あまり有効ではないと思われているのが
一般的なようです。

 
理由はいろいろあるみたいですが、
一番は「自分のお金ではない」ことが
大きな理由のようです。

自分のお金ではないので、
トレードが

・緊張感がない
・気楽になりすぎる
・真剣にできない

ということになってしまうと
言われています。

 
しかしながら、トレーディングコーチである
私の立場から言わせてもらえば、

実際のトレードをやる前に、
デモトレードでトレーニングすることには、
とても大きなメリットがあると思います。

 
なぜなら、
「自分のお金を使わずに」

・取引するプラットフォームの使い方を確認できる
・自分の戦略が利益を生み出せるものかを確認できる
・トレーダーとしての自分の欠点を発見できる
・実際のトレードで起こる出来事を体感できる

からです。

こういったことを自分のお金を使って
経験しようとすると、

ほとんどのトレーダーがそうであるように
多かれ少なかれ損失を出すことになってしまいます。

というか、大きな損をしてしまいます。

 
実際のトレードの場面で起こることを
何も知らずにやるのですから、

 
当たり前といえば当たり前ですが、
みんな、これには納得ができないようです。

 
でも、ぶっつけ本番でやってみたことの
どれほどが上手くいくかは、
たくさんの人が理解しているはずです。

 
トレーニングを積んで、しっかりとした準備があるから、
本番で良い成果を出せるのですし、

そういった準備をしていながらも
失敗することだってありますよね。

だから私は、私の授業で、
実際のトレードをやる前に、

 
まずはデモトレードで
トレーニングすることを強くおすすめしています。

デモトレードで、実際のトレードで起こることと
同じことを経験し、

その中でもしっかりと成果を出せるようになって初めて
自分のお金を使ってトレードするのです。

 
これが、トレーダーとして上達するための
正しい順番だと、私は考えています。

デモトレードを真剣にできないというのであれば、
まずは取引記録を付けてください。

緊張感を持って、真剣にできる環境を
自分で作り出すのです。

 
もし、そういった環境づくりができない、
デモトレードを真剣にできないというのであれば、

 
私は、その人にトレードすることを
すすめたくありません。

 
そういった人は、
まず間違いなく、実際のトレードでも集中できなかったり、
緊張の糸が切れたりして、損をしてしまいます。

 
もちろん、トレードはしっかりやれば稼ぐことができますし、
人生を幸せにできる魅力的なものです。
チャレンジする価値は十分にあります。

 
ですが、それでも間違った方法でトレードを始めれば
損をしてしまいますし、

 
それによってトレードに対する誤解を
生んでもらいたくもないと思います。

 
だからこそ、
まずはデモトレードから始めて、
次のステップとして実際のトレードをするという

 
トレード上達の正しい順番を理解して
正しい方法でチャレンジしてください。

 
そのために、
バーチャルはとても有効なのです。

―ニコラス・グールド

 
<編集部から一言>

ニック先生の記事を読んで
「まずはデモトレードから練習してみよう」と思ったあなた、

デモトレードできる環境は整っていますか?

もし、まだデモトレードできる用意ができていないなら、
こちらにデモトレード環境も整っているおすすめのFX会社を
まとめておきました。

ぜひ一度、チェックしておいてください。

詳細はこちら

最近の投稿

  • プロセスにフォーカス
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 皆さんご存知だと思いますが、 アメリカのメジャーリーグベースボールでは
  • トレード回数、多くありませんか?
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 今週の東京は暖かい気候で、 今の季節は本当に過ごしやすいですね。 気
  • チャンスはいつでもある
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 あなたはトレードで勝率を気にしていますか? よく勝率を気にしすぎるあま


2 thoughts on “想定外のことが起こりました…

  1. カサハラ

     デモトレードの存在を知ったのは、最近でした。もっと早く知っていれば、今までの損失もなかっただろうな、と思っています。
     今は、実際の取引きで体験していますが、自分の弱点を強化するためにも、時間があれば体験してみたいと思っています。

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.