矢口新のブログ

(矢口新)カッコイイ生き方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校プレミアム講師の矢口新です。

私の父母の兄弟たちは、4人が戦争に行き、
1人が満蒙開拓団に加わって、1人が戦死、
満蒙開拓団の伯父も現地で死亡しました。

生き残った3人のうちの1人は
シベリアに5年も抑留されました。

祖父は父方が、私が幼稚園の時に、母方が小学生の時に死亡しましたが、
戦争があったこともあり、共に浮沈の大きな人生でした。

戦争で生き残った父は、
私が留学中、52歳で死にました。

そうした身内の男たちの生き方を見て育ったためか、
私にとってどう生きるかは、どう死ぬかと密接に結びついた概念でした。

50歳代の半ばで同い年の従妹が死亡し、
50代後半には4歳年上の姉が死亡しました。

その頃、私自身も喘息の発作で2度ほど死にかけたことで、
「どう生きるか、どう死ぬか」はより身近なことになりました。

最近、私が利用している京王線の近くの駅で、
衝撃的な事件が起きました。

人生に絶望し、自殺を考えたが出来ず、
死刑になるのを望んでの犯行だという。

つまり、「どう生きるか、どう死ぬか」の選択として、
無差別に無抵抗の人々を複数人殺そうとしたのです。

犯人は、「あらためてジョーカーに心酔」と供述したとあり、
2年前に公開された映画、「ジョーカー」に触発されたとのこと。

「ジョーカー」は公開時に観ましたが、
確かに追い詰められ、疎外感を持つ人たちを煽りかねない映画でした。

この映画も、今の時代に「どう生きるか、どう死ぬか」を扱っています。

そうした犯罪を犯す人々は、
総じてナルシストだという説があります。

参照:京王線事件の「ジョーカーなりきり男」、ナルシスト型犯罪を防ぐ効果的な方法https://diamond.jp/articles/-/286456

ネットフリックスは観ないので、
大ヒット中の「イカゲーム」は観られませんが、
経済的に追い詰められた人たちの「どう生きるか、どう死ぬか」につながる映画のようですね。

こちらは、ゲームに負けて死ぬのは自分自身なので、
他人を巻き込むことはない。

「どう生きるか、どう死ぬか」で、覚悟の上の参加なのでしょう。

一方、ナルシスト型犯罪者は、自分の不満を赤の他人に、
もしかすると、自分よりももっと不遇で耐え続けている人たちに
「八つ当たり」して迷惑をかけます。

彼がいるために、
不遇で耐え続けている人たちの苦悩が増えるのです。

この辺りは「ジョーカー」とは違います。

「ジョーカー」は虐げる者たち、
自分をなめくさった者たち、自分よりも強いとされる者たちへの復讐だからです。

上記コラムでの、ナルシスト型犯罪を防ぐ効果的な方法は、
最も「カッコ悪い」犯罪だと世間に認知させることだそうです。

確かに、「どう生きるか、どう死ぬか」を考える時、
京王線事件の犯人はものすごく卑怯で「カッコ悪い」。

一方で、粋がっている犯人に注意し、
刺されて重体となった年配者は「カッコイイ」。

京王線事件の被害者には生きていて欲しいが、
「どう生きるか、どう死ぬか」を考える時、
私自身が被害者となる覚悟はできていると言いたい。

矢口新

<講師プロフィール>

矢口新(やぐち あらた)

1954年生まれ。
金融業界の第一線で30年以上にわたり活躍し続け、
プロディーラーにも師と仰がれる天才ディーラー。

東京・ニューヨーク、ロンドンと世界3大金融市場で活躍し、
さらには為替、債券、株のすべてに関わるという
非常に稀有なキャリアを持つ。

相場を動かすプロの裏の裏まで知り尽くしており、
投資を真剣に学びたいという意欲ある方々との交流にも熱心。

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】マネックスG(8698)
株価(終値):1,009
日付:11月9日
売買代金(千円):59,004,240

【2】太陽誘電(6976)
株価(終値):6,140
日付:11月9日
売買代金(千円):26,205,370

【3】グローバルウェイ(3936)
株価(終値):-
日付:11月9日
売買代金(千円):-

【4】TOWA(6315)
株価(終値):-
日付:11月9日
売買代金(千円):-

【5】大成建設(1801)
株価(終値):-
日付:11月9日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA