浅野敏郎のブログ

(浅野敏郎)トレードしてはいけない市場(銘柄)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校プレミアム講師の浅野敏郎です。

投資で儲けるための大原則は、
「安く買って、高く売る」ということですね。

これを理解すると、
売買する市場(銘柄)を決める際に
どのような市場(銘柄)では
トレードしてはいけないのかが明確になるわけです。

トレードしてはいけない市場は、
いくつかあります。

主な3つが、
・流動性が低い市場(銘柄)
・価格が動かない市場(銘柄)
・規制が多い市場(銘柄)

なぜ、この3つの条件に該当する市場(銘柄)は
トレードしてはいけないのかー

あなたが今売買している銘柄が
当てはまっていないか考えながら、読んでくださいね。

■流動性が低い市場(銘柄)とは?

これは、市場(銘柄)への参加者がそもそも少なく、
売買自体が少ないという意味です。

つまり、取引されている株数自体が少ないため、
自分の買いで値段が高くなり、
自分の売りで値段が下がるのです。

自分の買いで値段が高くなるとは、
高値で買うことになり、
自分の売りで値段が下がるとは、
安値で売ることになります。

結果的に、
「高値で買い、安値で売る」ということになり、
利益を上げる大原則から外れ損をしてしまうんですね。

あなたの売買している市場(銘柄)の
流動性はいかがでしょうか?


■価格が動かない市場(銘柄)とは?

価格変動幅が少なければ
損をすることも少ないですが、
儲けることは出来ないですよね。

リスクもないけども、
利益もなし、ということです。

もし、あなたが投資で
「人生を豊かにするための手段」として
利益を上げることが目的なら、
儲かる市場(銘柄)で売買をしなければなりません。

あなたが売買している
銘柄(市場)の価格変動幅はどれくらいでしょうか?

■規制が多い市場(銘柄)とは?

規制が多い市場では、
買いたいときに買えず、高値で買うことになってしまったり、
売りたいときに売れず、結果的に損失が大きくなり、
塩漬けになってしまうこともあります。

あなたが売買している
銘柄(市場)の規制は多いでしょうか?

これらのお伝えしていることは、
考えれば当たり前なんですが、
意外と知らない人が多いんですね。

「何事も知ることから始まる…」

年齢を重ねれば重ねるほど、
素直に、謙虚に、知り、学ぶことの大切さが身に染みるものです。

過去の体験、経験、思い込み、そういったことを脇に置き、
愚直に学ぶことが、一番の近道かもしれませんね。

浅野敏郎

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】ファナック(6954)
株価(終値):-
日付:12月1日
売買代金(千円):-

【2】良品計画(7453)
株価(終値):-
日付:12月1日
売買代金(千円):-

【3】マネーフォワード(3994)
株価(終値):-
日付:12月1日
売買代金(千円):-

【4】出前館(2484)
株価(終値):-
日付:12月1日
売買代金(千円):-

【5】東京建物(8804)
株価(終値):-
日付:12月1日
売買代金(千円):-

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA