水上紀行のブログ

(水上紀行)ブルフラッグ、ベアフラッグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは。
投資の学校プレミアム講師の水上です。

ブルフラッグとは、
直訳では強気の旗です。

ここでいうフラッグ(旗)は、
保ち合い(もちあい)による横ばい状態で、
形状が旗のようになります。

言ってみれば、
次の動きのためのエネルギーの蓄積の場だと言えます。

ブルフラッグは、急騰後、
右肩下がりのフラッグとなります。

この場合は、一見すると、急騰後右肩下がりのフラッグですから、
どちらかと言えば、その後下がるのではないかという印象を持ちますが、
この後、相場を上に踏み上げて、急騰直後の高値を上抜き、
さらに上伸する可能性が高いと言えます。

これに対して、
ベアフラッグもあり、直訳すると弱気の旗です。

ベアフラッグは、
急落後、右肩上がりのフラッグになります。

この場合は、一見すると、
急落後右肩上がりのフラッグですから、

どちらかと言えば、
その後上がるのではないかという印象を持ちますが、
この後、相場が一気に下げて、急落直後の安値を下抜き、
さらに下落する可能性が高いと言えます。

ブルフラッグもベアフラッグも、
形成後の上昇あるいは下落がパワフルになる傾向があります
ので、
注目に値すると思われます。

<講師プロフィール>
水上紀行(みずかみ のりゆき)
バーニャマーケットフォーカスト代表。

1978年三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行。

1983年よりロンドンや東京、ニューヨークで為替ディーラーとして活躍。
東京外国為替市場で「三和の水上」の名を轟かせる。

1995年より外資系銀行において為替ディーラー及び外国為替部長などの要職を経て、
現在は、外国為替ストラテジストとして雑誌、テレビ、ラジオなどで活躍中

■ 本日の出来高急増銘柄

※上昇銘柄の推奨などではありません。

※投資の学校の全講師の手法に使える、
 銘柄選びの考え方です。

なぜ、
出来高急増銘柄が注目なのか、その理由と、
本銘柄を抽出した根拠はこちら。
https://youtu.be/xAVWjxMIq4c

売買の際には、ご自身でチャート分析、
ファンダメンタルズ分析を行っていただき、
売買をする際には自己責任にてお願いします。

【1】デンソー(6902)
株価(終値):9,322
日付:12月17日
売買代金(千円):24,791,010

【2】セブン&アイ・HLDGS(3382)
株価(終値):5,095
日付:12月17日
売買代金(千円):19,329,970

【3】ステムリム(4599)
株価(終値):821
日付:12月17日
売買代金(千円):11,816,300

【4】NIPPO(1881)
株価(終値):3,995
日付:12月17日
売買代金(千円):10,031,420

【5】住友不動産(8830)
株価(終値):3,400
日付:12月17日
売買代金(千円):9,680,936

*ランキングは売買代金の
 総額に基づく順位を示したものです。

*この銘柄一覧は、
 特定の銘柄の売買を推奨するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA