【予想】将来の僕らの働き方

From:高橋慶行
新宿三丁目にある、いつものスターバックスから、、、

fed2cc5e96b090c9443e615bcd91b7b1
だいたいいつも、
新宿三丁目のスタバにいるときはこんな感じなのですが、
思考がリフレッシュされて、すごくいいんです。
 

リフレッシュすると、
考え方もいつもと変わるもので、
普段はあまりゆっくり考えないようなことをじっくり考えたので、
今日はシェアさせていただきますね。
 

僕が考えたことというのは、
将来の日本人の働き方」について。
 

ちょっといつもより長文なのと、
今回の記事は、僕の個人的な考えなので、
そこそこに聞いていただければと。
そこだけ、ご了承ください。
 

11月3日に、
ふとニュースを見ていて思ったのは、
僕らみんな、何歳まで働くことになるんだろう」ってこと。
年金に関わるニュースを見るたび、思います。
 

さらに僕ら、そろそろ真剣に、
いつまで、どのような形で働くかということを
真剣に考え、具体的に行動に移していかないと手遅れになるよな、
と最近よく思います。
 

僕がそう思うきっかけは、
年金や大企業の雇用年齢の延長などのニュースですが、
これって、財政政策の問題に過ぎません。
 

政府が年金支給時期を60歳から65歳に伸ばしたことが理由で、
働く期間が5年延びるってのもおかしいっていうか、
 

ひとりひとりの個人の生き方、働き方が、
政府の財政不安とか年金運用の結果とか、
そんな理由で決められていくってのが、
どうも納得いかない
というか、やっぱり、おかしな話だなって思います。
 

なんか、
もうちょっとこう、自らの手に主導権を握るというか、
働き方に関するコントロールを「あたり前に自分ができる」
という方法を「取り戻す」ことってできないのかな、、と思ったりします。
 

この先きっと、
年金の支給時期はさらに引き上げられて、
企業もそれをカバーしきれなくなると思うんです。
 

60歳過ぎたら、70歳まで、
額面15万円で働いてね。年金もらうまで貯金尽きちゃうでしょ?
 

みたいな感じで、
僕らの世代は当たり前に、生涯現役でないと、
生活も成り立たなくなる、みたいになるのではないかと
これは結構、不安に思ったりしています。
 

75歳になっても朝7時に起きて、
スーツ着て、マスクして、満員電車に乗って、
夜も帰宅は22時。みたいな生活、辛いでしょう本当。
 

もちろん、「一生働きたい派」の人も
いると思うので、そういう人は、
雇用延長が朗報だ!という場合もあるでしょうが、
僕はちょっと、個人的には嫌かな。。
 

でも、
きっと次の10年くらいで、
僕らのあたりまえの働き方は、本当に大きく変わるのではないか、
と思っています。
 

いい会社に入れば安泰。幸せ。
という時代は、完全に終わるかと思います。
 

しかもこれは、
今はまだちっちゃな子どもであっても、
避けては通ることができない、本質的な変化。

 

その変化への対応策なんかも、
学校で教わることなんかは当然ないので、
一部の人たちを除いては、みんな手探り。
こんな感じです。
 

これからの時代は、
正しい働き方も、正しい生き方も、
そういうものは存在しなくなります。
 

また、
これからの時代は、自分には今の働き方以外、
何も選択肢はない、などと悲観する必要もありません。
 

僕らは今、
自分なりの働き方を選べる時代に生きています。
 

これは、
正社員をやるのか、派遣やパート、アルバイトなどをするのか、
フリーランスになるべきなのか、などとそういう区分けでもありません。
 

もっともっと自由に考えることで、
従来とは根本的に異なる、
新しいワークスタイルを手に入れることは誰にでも可能だと思います。
 

今、20代の若者で、
将来が不安だと老後を心配する人が増えているそうです。
 

そうですね、
確かに、探せば「不安の種」なんて、
今時いくらでも見つかりますから、そうですね。
 

でも、
人生で最も活動的に動ける20代、30代、
社会的地位や視野や価値観も圧倒的に広がる40代、50代、
これからの時代は60代、70大だってそうだと思いますが、
 

多くの時間を「将来の蓄え」などに
投じてしまうなんて、つまらなすぎます。
 

そうではなくて、
不安な未来をもっとワクワクできる未来に変えていくために、
僕らは何ができるのか、自分は何ができるのか、
どう考えればいいのか、僕みたいにたまには是非、考えてみてください。
 

そして僕らは、
これから社会に巻き起こるだろう「構造的な働き方の変化」に
柔軟に対応できる「一部の人たち」になりましょう。

 

さらに僕個人的には、
その「限られた一部の人たち」になるには、
「ある力」を手に入れていることが、
必要不可欠だと思っています。
 

その「ある力」というのが、
シンプルに言えば、
「市場からお金を稼ぐ力」です。
 

朗報ですが、ネットがとても使いやすくなったので、
最近は「市場からお金を稼ぐ」ということが、
とてもやりやすくなりました。
 

実際、「雇ってもらうんじゃなくて、
ネットで自分で稼いじゃおうぜ」みたいな人も、
すごく増えてきました。
 

もちろん、
株のデイトレやFXトレードなども、
市場からお金を稼ぐ方法ですので、極めがいがあります。
 

逆に、
市場で稼ぐ自信がない人は、
組織に所属することでしか稼ぐことができないと思い込んでいるので、
「安泰さ」を重要視し、それにしがみつこうとします。
 

しかし、
「しがみつく生き方」はこれからの時代の社会の変化を
想像すると、必ずしも賢い生き方とは言えない
かもしれません。
 

きっと今後は、
組織に属している人であっても、
「市場から稼ぐ力」を持っている人でないと、
生きてはいけなくなるかもしれません。
 

恐らく、
「市場から稼ぐことができない集団」
という会社は、長くは残れない
でしょう。
 

「市場では売れないけど、素晴らしい商品を作っている」
「ニーズはないけど、高度な技術と専門知識がある」
 

みたいな人ばかりでは、
長く利益を出し続けることなどは、
これからの世の中は厳しいでしょう。
 

ああ、
また長く語りすぎてしまいました。

朝のお忙しい時間に、ごめんなさい。
 

これについて語りだすと、
3時間くらい話せちゃうやつなので、
興味がある方が多ければ、また機会を作りたいと思います。
 

この記事を読んでいるあなたはきっと、
僕と同じような考え方をしていると思うんだけど、
やっぱり僕らは、勇気をもって一歩踏み出さないとね。
 

ありがとうございました!

ー高橋慶行

PS///

いよいよ週明けには米大統領選挙ですね。
クリントン氏が勝つのか、トランプ氏が勝つのか。
直近の為替の値動きを見ていても、右往左往で。

リスク管理を徹底したうえで、
上げも下げも利益にする手法はしっかり復習しておりますか?
もしまだなら、下記の授業をご覧ください。
授業料以上の価値があることは保証します。
https://fx-school.net/lp/karauri_onetime/

◎最後にー

いつかやろうじゃなくて
「今日」やろう。「今」やろう。
それだけで人生、変わります。

最近の投稿

  • 堅実に利益を積み上げる投資の方針
    仕事柄、プロの投資家に 「投資はギャンブルでしょうか?」という 質問を投げかけた回数は もう数えきれないほどの回数なのですが、 誰一人として「投資は
  • テクニカル分析に使われないこと
    From:高橋慶行 投資をするにあたって、 テクニカル分析を用いて売買をする投資家は沢山いますが、 正しいテクニカル分析の使用法を知っている投資家
  • 【盲点】新規注文をしてはいけない時
    From:高橋慶行 4月18日は誕生日です。 写真は、 平野朋之先生とのセミナーの後、 懇親会の際、サプライズで お祝いいただいたときの写真で


7 thoughts on “【予想】将来の僕らの働き方

  1. FUMI

    「シェアガエル」様と先生のコメントのやり取りを見てコメントしました。
    お二人で話すときは、是非私も参加したいです。^^

    現在49歳。30年前の常識(効率化等も含め)というメンタルブロックを外すため、毎日勉強しています。(何んとしてでも初心に帰らなけらば、と思っています。)
    しかし、年齢的による頑固さやもともとの性格からくる固定概念を捨てることが出来ないでいます。

    これからの時代、新しい思考を身に付けないと普通に生活することさえも困難な中、
    毎日、インプットとアウトプットを繰り返していますが、どうしても、外せないメンタルブロックがあります。そんな、「気付き」が出来る場所に餓えています。

    「ウザイ親父」と思われるかも知れませんが、先生が迷惑でなければそんな機会を与えてくれると嬉しいです。(お二人の会話に割り込んですみません。^^;)

    返信
    1. 高橋慶行高橋慶行 投稿作成者

      FUMIさま

      >どうしても、外せないメンタルブロックがあります。そんな、「気付き」が出来る場所に餓えています。

      なるほどですね。
      こちらの方こそ、勉強させていただくことが多そうです。

      「プレミアム勉強会」という案内は、
      届いておりますでしょうか?
      そちらでは、投資の話以外に、FUMIさんがご関心あるテーマについて、
      触れることもあると思います。

      高橋

      返信
  2. シェアガエル

    今日の高橋さんは珍しく直球ですね。しかもワイルドないでたち…
    人生における出口戦略はほんとはもっと個々人が考えないといけないんですけど
    大半が目をそらしている感があります。

    昔は労働ではなく虚業で得るお金は身につかないと思ってました。
    が、最近は労働で得るお金も果たして公正なの?と思っています。
    人生の大半、1日の大半を費やして得られる賃金が食べていくのでカツカツっておかしくないですか?
    と疑問に思い出しています。
    雇用側が作るルールの中でしか伸びしろがないのです。
    そしてなんだかんだルールを作って賃金は毎年切り下がっていっています。
    これって奴隷に近いんじゃない?社畜ですらない。
    努力すれば生活が良くなるは企業の中ではほぼ伝説になりつつあります。
    レールはほぼ入社時もしくは入社時から数年で決まっているから。

    リンダ・グラットンの「WORK SHIFT」には働き方の未来図が描かれているのですが、
    「漫然と向かえる未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、
    「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある。
    のだそうです。要はゼネラリストではなくスペシャリストにシフトすべしってことらしい。
    ともあれ、今小学生くらいの子供の将来の職業はかなり変わってくるのだろうな。

    「シェア」流行ってますね。
    「逃げ恥」は毎週見てますが、シェアされるみくりさんも就職で挫折したのが始まりでした。

    返信
    1. 高橋慶行高橋慶行 投稿作成者

      長文のコメントに感動しています。
      そして、おっしゃっていただいていることに、
      とても共感します。このようなコメントができるということは、
      普段から考えていらっしゃる方なのだな、、と分かりました。
      是非、機会があったらこのテーマで実際にお話しさせていただきたいです。

      ちょっと今、ヒゲを生やしていました。
      ワイルド、、、ありがとうございます///

      返信
    2. FUMI

      シェアガエル様、初めまして

      コメントを読ませていただき、【リンダ・グラットンの「WORK SHIFT」】について検索してみました。私の見たブログに【あなたもハーバード大へ ~広がる無料オンライン講座~】というのをみつけられました。「WORK SHIFT」はさわりの部分だけですが大変勉強になり本を購入してみようと思いました。貴重な知識ありがとうございました。

      返信
      1. シェアガエル

        FUMIさま
        リンダ・グラットンの「WORK SHIFT」は長くて重くて私も途中まで読みましたが頓挫しております。
        それよりも(根が俗物なので)株の勉強しなくっちゃと焦ってます。
        でも、世界的に見て、日本人の生活レベルって加速度的に下がってきていると思います。
        昔は日本に生まれただけでもラッキーだったのにこれからは油断ならないぞと。
        こんな未熟ものですが、よろしくお願いします。

        返信
        1. 高橋慶行高橋慶行 投稿作成者

          FUMIさん
          シェアガエルさん

          こうやってコメントをして頂きあうこと、
          拝見していて、とてもうれしく思います。
          この場が存在する意義を感じます。

          今後とも、
          何卒、宜しくお願いいたします!

          高橋慶行

          返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.