矢口新のブログ

やるべきことは、、、シュート2万本!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From: 矢口 新
ジム近くのカフェより

 
おはようございます。
矢口 新 です。

 
先日、ジムで休憩をしていた時、
隣で、二人の若い男性が話していました。

 
どうやら、一人の男性が、もう一人に向かって、
スカッシュが上手くなるためのコツを語っているようでした。

 
これは!! ブログに書きたい、と思い(笑)
ついつい聞き耳を立ててしまいました!!

彼が言うには…

 
 
 
『僕は最近、もうスカッシュの本を読まないし、DVDも買わない事にしたんですよ!』

『いくら読んでも上達しないんですよ。
本を読んだりDVDを観た時は、なるほどー!って思うんですけど、しばらくすると忘れちゃうんですよね。』

『上達するための本やDVD買ってるのに、うまくならないし、結局先輩みたいにテニスをやっていた人には勝てないですもん。。。
だから、本なんかを読んでも意味ないんだなって思ったんですよ!』

 
あなたはどう思いますか?

 
もうお気づきですよね。

 
彼は本を読むだけで満足して、
実践しようとしていないんですね。

 
上達する方法はたった1つ。

 
体を動かして、

 
実践する事

 
です。

 
スラムダンクって知ってますか??
昔大人気だったバスケ漫画ですね。

 
主人公の桜木君は、バスケ初心者。
シュートがうまくなるためにどーするか??

 
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%af%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%882%e4%b8%87%e6%9c%ac

 
「シュート2万本です。」

 
そうです。

 
本を読むのではないですね。

 
いくら知識を得たとしても、
実践しなければ身につきません。

 
フォームの修正ポイントを、ネットや本で調べることも大事ですが、

 
実際にトライアンドエラーを繰り返して、
身体で感覚を覚えていくと、上達スピードが全然違います。

 
教材は悩みを解決するきっかけの一つです。

 
そのきっかけを実践しなければ、

 
「本を読む」という行動は
無意味なものとなってしまいます。

 
上達は本を読むだけでは手に入れられません。
フォームについていくら考えてもシュートの精度は上がりません。

 
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%882%e4%b8%87%e6%9c%ac%e7%b5%82%e4%ba%86

 
行動によってしか、結果は生まれません。

 
行動の結果、

 
slamdunk_%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%88

 
ようやくシュートが決まるようになるわけです。

 
投資も同じですね。

 
インターネット、本、講座
世の中にはたくさん教材があります。

 
皆さんたくさん勉強しています。

 
でも、
多くの個人投資家の方が
投資で負けていますよ。

 
なんででしょうかね?
思い当たる節はありませんか?

 
そうです。
行動です。
実践です。
これが足りないんですね。

 
実際にやってみることが大事なんです。

 
ですが、具体的に実践するといっても、
どうすればいいのか迷ってしまうかもしれません。

 
安定した成績を出したいのであれば、
「谷越えを待って買い、山越えを待って売る。」

 
これにつきます。

 
「転換点の見極め」の精度を高めるだけです。

 
といっても、
1人で実践するのは難しいですよね。

 
安西先生のように、
経験豊富で確かな技術を身につけているコーチに
教わるとよいです。

 
もちろん私もその技術を伝える自信はありますが(笑)

 
 
ということで、
良い休日をお過ごしください。

 
月曜日からまた頑張りましょう。

 
 
<編集部からのおすすめ>

世界を渡り歩いてきた
矢口新先生の、実務経験に裏打ちされた
相場の極意、エッセンスを一冊に詰め込みました!

矢口新の提唱する「相場における必勝の型」がわかりますよ。

もちろん、読むだけではだめです(笑)

是非、実践で活かすように心がけてください!

↓↓↓
矢口先生の本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 大畠 裕子 より:

     矢口先生、いつも有意義なお話をありがとうございます。
    昼食に入る前に一旦株の清算をする事、朝は9時ごろに皆は活動を始める事、
    金曜日は休みに入る前なので、安全の為に株の清算をする事、
    山越えを待って売り、谷声を、待って買う事
    等々の貴い御教えに感謝申し上げます。
    今後とも先生の御言葉を追って参りたく存じます。

  2. bangkokeel より:

    その通りだと思います。
    実践あるのみです。
    ポンド円は、利食い売りに押されて
    下がって来ているようですが
    まだダウントレンドが確定的なのか
    分かりません。
    ドル円が厄介です。
    米国債10年債の利回りが2.3%付近で
    目先の天井を打って
    上げ材料だった一角が崩れたのに
    ドル円は下げようとしていません。
    その間にポンド・ドル乱高下したり
    ユーロポンドが乱高下したりしています。
    来年発足のトランプ政権が
    本当にドル高を望んでいるのか
    不透明な中で来月のFOMCの利上げを見込んで
    ドル高相場が続いている感じです。
    やはり能書きを書いていても始まりません。
    小枚数でも試し玉を入れて
    ドルを売って市場の雰囲気を
    直に受け止めてみない事には始まらないと
    感じました。

コメントを残す

*

CAPTCHA