小次郎講師のブログ

「儲からない」と嘆くあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From;小次郎講師
自宅のトレーディングルームより、、、

いよいよ今日から12月。

 
振り返ると
2016年も全国各地で講演やセミナー
そして、投資の学校で、授業をたくさん行わせていただきました。

いつもありがとうございます。

 
『投資の学校』が開校してもうすぐ3年

セミナーや授業では、
事例などの細かいことや

 
相場状況によって
今の旬の話題など変えているものの、
ほぼ同じ内容を色々な角度からお伝えしています。

 
新しい儲ける副業ノウハウや
トレードにおいても、
毎年のように新しい手法が出てくる。

 
目立つようになったと思ったら、
「あれ?」と気付いたらいなくなっている。

 
そして、
自分で言うのもなんですが、

 
変化の激しい投資業界のジャンルで、
同じ内容だけど、学びが深まるセミナーを
続けられるというのはなかなか珍しいことじゃないかなと思います。

 
それでも、、、
受講生の方からは

 
『今まで同じ話を聴いていたはずですが、
 ”新たな発見”がありました』

 
『”何度聴いても”学びになります』

 
『シンプルがゆえに”奥が深くて”びっくりしました』

 
ありがたいことに、
毎回セミナーや授業を行う度に
こういったお声を頂きます。

 

「変わるもの」と「変わらないもの」

私が1970年代に投資業界に入社した時には、
チャートは手書きの時代でした。

 
今、この瞬間に目の前のパソコンで
リアルタイムに価格を知ることなんて出来ませんでした。

 
しかし今では、書店では
毎日のように新しい投資手法や
稼げる手法の書籍が並べられています。

 
だから、その瞬間は、
宣伝文句でつい手を伸ばしてしまう。
このようなことが続くわけです。

 
でも、そのような手法が
いつまでも長続きするはずがありません。

 
こういった中で、
毎年のように私が5年前も3年前も、今も
お伝えする内容で成果を出される方がいらっしゃるのは、

 
いえ、むしろ今だからこそ
よりその重要性が増しているのは、

 
アメリカで『勝てる投資家は投資教育によって育成できる』と証明された
伝説の投資手法『タートルズ流』を徹底的に調べ、検証し、実践して、
さらに、その方法で受講生を育成・支援してきた内容だからでしょう。

今は史上類を見ない変化の激しい時代です。
しかし、変化の激しい時代だからこそ、

『変わるもの(一過性のもの)』

『変わらないもの(本質的なもの)』

を見分ける目を持たなければなりません。

「それは一時的なブームで
 流行ってるかもしれないけども、一過性のものだよ。」

 
「これは長期的で、しかも安定的な成果を生み続ける重要な内容ですよ。」
 だからこそ、1,2週間で利益がドカンと出るものではないよ。」

「今すぐ利益を上げる欲求を満たすことは出来ないけれども、
 継続し続けることで圧倒的な成果につながります。
 だからコツコツやりなさい」

 
このように私は
古今東西の偉人・達人から学んだからこそ、
常に意識していることはー

それが、

”誰”から学ぶかは、
”何”を学ぶかよりも重要

そして

せっかく学ぶなら、
その分野の超一流から学びなさい。

変化の激しい時代だからこそ、
古今東西変わり続けないトレードの「本質」を忘れないでくださいね。

<編集部のオススメ>

変化の激しい業界の中で、
プロディーラーとして
25年以上、世界を相手に生き残り続けてきた

『生ける伝説』の異名を持つ矢口新先生

そして、矢口先生が提唱する
『相場の転換点の見極め』

最終的な利益の大きさは
「相場の転換点の見極め」にたどり着きます。

今も昔も変わらない
相場の本質はこちら

https://fx-school.net/lp/tpa_special/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA