小次郎講師のブログ

バンドワゴン効果??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
自宅近くのレストランより、、、

明日は雇用統計ですね^^
発表があるまで、事前予想するのはやめましょう。

 
さて、毎度同じみ、
『予想はよそう』ですね^^

 
ただ、これは意識していないと、
ついつい予想をしてしまいがち。

 
「予想はよそう」と何度もお伝えしていますが、

なぜ、予想をしてはいけないのか?

ということを今日は説明しますね^^

 
これは、あの伝説の投資術である
タートルズ流投資のポイントでもあります。

 
あなたは、
『バンドワゴン効果』をしっているでしょうか??

 
バンドワゴン効果とは、、、

 
【バンドワゴン効果】
あるものごとを、大勢が受け入れているという理由で受け入れる傾向。
また、発言した自分の予想にこだわってしまうこと。

 
これは、
例えばあなたが

 
「明日の雇用統計は価格が下がる」

「これから日経平均は間違いなく上がる」

「絶対に私は円高になると思うね。きっとそうなるさ!」

などと発言したとしましょう。

 
一回自分がその発言をしてしまったために、
その発言内容に基づいたニュースばかり意識してしまい、
正しい判断ができなくなってしまうのです。

 
または、
専門家や今現在あなたより投資で利益を出している人が、

 
「これからは、この銘柄が上がってくるね」

という言葉を聞くと、
理由もなしに「上がりそう・・・」と思ってきてしまうのです。

 
しかし、当たり前の話ですが、
将来のことを100%当てることができる人間は
どこにもいません。

 
あるのは、
そちらの方向に動く可能性が高い、ということですが、
しかし、それでも外れることもあるのです。

 
だからこそ、
どちらに価格が動いたとしても
対策できるように、常に相場の現状を把握しておく必要があるのです。

 
だからこそ、あなたには

「これから絶対にこの銘柄は上がる」
「これから絶対に円安(円高)になりそう」

 
と予想をすることは
止めていただきたいのです。

 
予想をすると、自分自身の発言に執着してしまい、
身動きが取れなくなってしまいますから。

 
たとえ、
もし本当にそう思ったとしても、
あくまで他人には一切言わず、
自分の心の中に留めておくのです。

 
なぜなら、
他人に話してしまうと、
自分の発言に強いこだわりを持ってしまい、

 
他の材料の分析ができなくなり、
正しい相場の現状把握をすることが
著しく難しくなってしまうからです。

 
相場で勝ち続けていくためには、
「予想」をすることではなく、
しっかりと正しい現状分析をすることが大切です。

 
そして、
正しい現状分析ができるようになると、
自分の思惑とは異なった方向に価格が動いたとしても
きちんと投資戦略を変更することができるのです。

『バンドワゴン効果』

耳慣れない用語ですが、
トレードで利益を出し続けていくためには、
必要なエッセンスです。

明日の雇用統計は、
このバンドワゴン効果に陥らないようになさってくださいね^^

それでは、
今日もありがとうございました。

<編集部からのオススメ>

世界の相場で生き抜いてきた
生ける伝説の投資家「矢口新」

その矢口先生が伝授する
限りなく安値、高値に近いところで売買し
繰り返し狙って収益を上げる方法を公開。

他にも、、、

・相場で収益を上げるための最も効率の良い運用方法がわかる

・価格がなぜ動くのか?
 相場を形作る価格変動のメカニズムの本質がわかる

・大きな資金で相場の価格を動かす、
 プロの取引行動の特徴を知ることができる

・時間効率を高め、
 収益を最大化するためのトレード理論を身に付けることができる

詳細はこちら

https://fx-school.net/lp/tpa_special/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 爾今 より:

    予想=希望的観測
    なったらいいな、なったらどうしようがみんなの総意のように思ってしまう傾向があるってことでしょうか?
    何事も感情が乗ってしまうとバイヤスがでてしまうんでしょうね。
    念力では相場は動かせない、
    無の境地…悟りを開くのに近いものがありますね。

    1. 小次郎 講師 より:

      爾今さん>
      コメントありがとうございます^^

      予測は予測であって、その予測をもとに、価格がどのように動いていくのか?
      どのような差異があるのか? 予測と差異があるなら、次はどんな戦略を取るのか?
      これらを予め、頭の中に入れておくことが大切です。

コメントを残す

*

CAPTCHA