キーポイントは『なぜなぜ分析』

From:矢口 新
自宅のリビングルームより、、、

 
なぜ? なぜ? なぜ? なぜ? なぜ?

 
このように5回のなぜを一つの事象に対して繰り返す
『なぜなぜ分析』という手法があります。

 
このブログを読んでくださっている皆さまの中には、
実際に仕事でこの『なぜなぜ分析』を活用している人も
いらっしゃるかもしれませんね。

 
この『なぜなぜ分析』は、
製造業の品質管理や安全管理などの場面で
よく用いられる手法であり、

 
5回の「なぜ?」を繰り返し問うことで、
物事の因果関係や、ある事象を引き起こした“真の原因”
突き止めることができるとされています。

 
この『なぜなぜ分析』は
トヨタ自動車の元副社長、大野耐一氏が提唱した考え方で
「トヨタ生産方式」とも言われます。

 
大野氏が提唱した「トヨタ生産方式」の書籍の初版は1978年であり、
約40年前ですが、トヨタ自動車の社員は新入社員の時に徹底して
『なぜなぜ分析』を叩き込まれるそうです。

 
そもそも『なぜなぜ分析』を行う目的というのは、
「問題の真の原因を見つけ、再発防止策を作り、2度と同じ問題を起こさない」ことです。

 
「なぜ?」を5回繰り返すことで、やっと真の原因にたどり着き、
的確な対策を立てることができるというものであり、
「なぜ?」の追求が不十分だと、対策もまた不十分なものになってしまいます。

 
モノづくりの世界では、
『なぜなぜ分析』を活用して生産性、安全性が向上し、
それによって品質も向上すれば、最終的には会社の業績アップを目指すわけです。

 

私は、相場の世界でも『なぜなぜ分析』は有効だと考えています。
「○円の損失を出してしまった」という事象に対し、

①なぜ、○円の損失を出してしまったのか?
損切りが遅れたために、損失が拡大し、結果的に○円の損失を出してしまった。

②なぜ、損切りが遅れてしまったのか?
もう一度価格が上がると思った。

③なぜ、もう一度価格が上がると持ったのか?



 
というように、
自分自身のトレードを振り返る時に、
5回の「なぜ?」を繰り返すことで
真の原因を突き止めることができるかもしれません。

 
失敗をしてしまった時に、
「あー、失敗した」で終わってしまっていては
トレードスキルを向上させ、収益を増やすことは難しいでしょう。

 
「失敗は成功のもと」という有名なことわざがありますが、
ただ単純に失敗した原因を考え、安易な対策を打ったところで上手くいきません。
失敗を成功のもとにするためには、
徹底した原因究明と的確な対策の立案と実施が必要です。

 
そのためにも、
まずは失敗した“真の原因”を突き止めるために
「なぜ?」を繰り返し自問自答する必要があるのです。

 
今までトレードで同じ失敗を何度も繰り返していた人は、
まだその失敗の“真の原因”に辿り着けていないのかもしれません。

 
トレードで失敗してしまったら
5回「なぜ?」を繰り返してみてください。
きっとその失敗の“真の原因”に辿り着けるはずです。

 
それでは、また!

 

―矢口 新

 
<編集部のおすすめ>

矢口先生が提唱している「タペストリー・プライスアクション理論」は
実際の相場の値動きの「なぜ?」を矢口先生が徹底的に突き詰めたものです。

もしもあなたが、
漠然と値動きを見ながらトレードを行っているならば、
矢口先生が相場で値動きが発生する“真の原因”をまとめた
こちらのプログラムをご覧頂くことをオススメします。

自身のトレーディングに理論的な裏付けができ、
収益アップへと繋げることができるでしょう。
https://fx-school.net/lp/tpa_special/

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


2 thoughts on “キーポイントは『なぜなぜ分析』

  1. 伊東 厚

    なぜなぜ分析。大変参考になりました。改めて自分のトレードのやりかたを反省します。ありがとうございました。

    返信
    1. 矢口新 投稿作成者

      伊東 厚さん

      コメントありがとうございます。

      自分自身のトレードを見直すことは
      成長のためには重要なことですので、
      ぜひ「なぜなぜ分析」してみてくださいね。
      引き続きよろしくお願いします。

      返信

コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.