ダマされた。。。

From:小次郎講師
新宿三丁目のコーヒーショップより、、、

「また今日もダマされました。。。」

こういったトレーダーが後を絶ちません。

 
ということで、
今日は多くのトレーダーが
お困りであろうことについて解説します。

 
その悩みとは、、、「ダマシ」

 
買いと売りのタイミングであったり、
利益確定と損切りのタイミングだったり。

 
買いと売りは相場の入り口ですし、
「私が買ったら下がった、売ったら上がった!」
なんて話は耳にタコができるくらいよく聞きます。

 
こういった時は、
もう悲しくなりますね><

 
そこで、今日解説するのは、
正しく学んでいないトレーダーがよくやりがちな
「ダマシ」の基本的なサイン

 
そう、みなさんご存知のあれ、です。

 
そのサインとは、
ゴールデンクロスとデッドクロス。

 
ゴールデンクロスとは、
価格線が移動平均線を下から上に、
突き抜けるようにクロスすること。

 
逆に、デッドクロスとは
価格線が移動平均線を上から下に
割り込むようにクロスことですね。

 
ゴールデンクロスは買いサイン、
デッドクロスは売りサインだと言われますね。

20170216_01

 
しかし、
このサイン通りのことが発生したからと言って

 
そのサイン後に
上昇(下降)トレンドに向かうかというと、
それが一概にはそうでもないから、
みんな困ってしまうわけです。

 
買いサインのゴールデンクロスが発生したのに
価格が下がってしまう、

売りサインのデッドクロスの後に
再び価格が上昇する。。。

 
これが
「ダマシ」です。

もしかしたら、みなさんも
よくダマシに引っかかっているのではないでしょうか??

これから、ダマシを見抜く
基本的な知識をお伝えしますね。

ダマシを見抜くポイントは、
ずばり、移動平均線の傾き。
=======================

価格と移動平均線がクロスしたときには
必ず移動平均線の傾きをチェックしなければなりません。

例えば、
移動平均線が上昇しているときに、
価格が移動平均線を左から右(下)へとクロスします。

20170215_02

そうすると、
これは一見売りサインのデッドクロスに見えますが、
本物のデッドクロスではありません。

 
この意味が分かりますか??
なぜでしょうか?

 
真偽を見破るポイントは、
移動平均線が上昇の勢いを
維持しているかどうかで決まってくるからです。

 
つまり、
移動平均線の上昇力が失われていないので、
価格はあくまで一時的な下げでしかなく、
再び移動平均線と下から上にクロスします。

 
つまり、
ダマシだったというわけです。

 
デッドクロスがダマシということは、
まだ上昇トレンドが続いているということですから、
買いサインになります。

 
反対に、
ダマシのゴールデンクロスを見抜くときは、
逆に考えればいいだけです。

 
例えば、
価格が移動平均線とクロスしても、
移動平均線が下降を維持しているのであれば、
価格はもう一度移動平均線を割り込むようにクロスします。

 
ダマシのゴールデンクロスは
下降トレンドの継続を示唆しますから、
売りサインとなります。

 
どうでしょうか?
少しはイメージはできましたか??

 
ただし、
このダマシの見抜き方にも
100%はありません。

 
ですから、
トレードをしながら、ダマシなのかどうか、
見抜く目を養うことを忘れないでくださいね。

 
しかし、
なぜ買いサインになるのか?
なぜ売りサインになるのか?

 
この”本質”がわかっているからこそ
ある程度のダマシを見抜くことができるのです。

逆にこの本質を理解していないために、
損を出し続けてしまっているトレーダーも多数存在しています。

ただ頭で理解したのと、
本当の意味を理解したのでは
雲泥の差があるわけです。

 
これが、投資を正しく勉強する所以です。

 
何より、
チャート分析の中でも、
移動平均線は、チャート分析の王様と呼ばれるように

 
シンプルな移動平均線を正しく学び使いこなせば、
どんな相場にも対応できる優れものです。

 
ぜひ、あなたも
移動平均線の本質を学んでくださいね^^

 
私の真骨頂である
移動平均線大循環分析は
視覚的に一目瞭然わかるので、
ストレスなくトレードが出来るという嬉しいお声もいただいています^^

 
<編集部からのオススメ>

初心者から上級者まで
最もシンプルでありながら効果抜群!
ビジュアルで売買判断が一目瞭然!

その手法とは、
小次郎講師の究極の移動平均線のテクニック
「究極の移動平均線大循環分析」

その内容の一部を紹介すると・・・

第1章:チャート分析の考え方
第2章:移動平均線から大循環分析へ
第3章:三次元分析とは
第4章:仕掛けと手仕舞い徹底解説
第5章:小次郎講師流、大循環MACDの極意継承

只今、
”期間限定の77%オフ”ですので、
詳細は今すぐこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

最近の投稿

  • パニックになってはいけない
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 桜も咲きだしまして、陽気も良くなってきましたね。
  • 新型肺炎は最大のチャンスを含んでいるかもしれません
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 以前、 ブログで新型ウィルスについてお書きしましたが、
  • 曲がり屋に向かえ!
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 タイトルにも書きましたが 今日は私の座右の銘につい


2 thoughts on “ダマされた。。。

  1. 爾今

    今日のブログも学びが多いです。。。
    それにしても、私の行動を見抜かれているような…
    昨日、初のバーチャルで1963を試しに買ってみて、-200
    え?底じゃなかったの?
    (*_ _)まだまだ脇が甘いです。

    返信
    1. 小次郎 講師小次郎 講師 投稿作成者

      爾今さん>
      コメント、ありがとうございます^^
      繰り返し実践しながら、振り返ることが大切です^^

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.