短期トレード

From:矢口 新
自宅のデスクから、、、

 
こんにちは
矢口です。

 
先日は
相場に王道なし
というお話をさせていただきましたね。

 
といっても、
私もトレーダーとして長く
相場と向かってきましたから、

 
それなりにオススメできる取り組み方
というものがあります。

 
もちろん、
あなたに合ったトレードスタイルを作り上げていく
ということが必要なのですから、

 
私の話しも
1つの参考意見として
お聞きいただければ十分です。

 
みなさん、
短期トレード(デイトレード・スキャルピング)について、
どんな印象をお持ちですかね?

 
実は
先日、新宿のバーで旧友と飲んでいるときに
ちょっと気になって聞いてみました。

 
ちなみに、友人はコンサル業界で働いている
投資とは無縁の人間です。

 
友人いわく、

「リスクを負って取引をする
ギャンブルみたいな投資のことでしょ?」

とのことです。

 
まぁ、世間一般の見解は
そうなるのでしょうね。

 
私の見解は違います。

 
長期トレードは、
政治情勢、経済情勢といった、
不測の事態に巻き込まれる危険が常にあるので、

 
個人投資家にとっては
リスクが高いと思うのです。

 
短期トレードであれば
チャートを見ているときに勝負をつけるので、
リスクは限定的になります。

 
チャートにはすべての値動きが出てくるのですから、
危険だと思えば手仕舞いをすればよいのですから。

 
例えば、
東日本大震災の時、
円高に振れてしまいましたよね?
個人投資家でファンダメンタルズ的な思考をしていると、
円安になると思いがちですが、
(プロの行動はまた別なのですが機会があればご説明しますね。)

 
チャートを見ながらトレードをしているトレーダーは、
冷静に対処できたはずです。

 
もう1つ、
短期トレードの場合は、
収益チャンスが増えるという利点もあります。

 
例えばスウィング的な投資をする場合、
日足をみてトレードをすると思います。

 
ですが、日足でトレードをする場合、
チャート上で、利幅をとれそうなトレンドを
何回発見できるでしょうか?

 
当たり前ですが、
5分足でトレードする短期トレードの方が、
10倍以上チャンスがあるはずです。

 
 
まとめると、
短期トレードは、
リスクが限定的でありながら、収益チャンスが多い
という利点があるという事です。

 
もっとも、
投資を収入源にするということは、
生活の1部にするという事と同じです。

 
あなたのライフスタイルに合った方法で
トレードするのが良いでしょう。

 
そういった意味で、
長期投資に目を向けるという事も
決して悪いことではありません。

 
ぜひ、あなたに合ったトレードスタイルを
作り上げていってください。

 
ちなみに、友人に短期トレードの話しをしたら、
ちょっとびっくりしていましたが、
納得してくれましたよ。

 
まぁ、、、私の巧みな話術に乗せられたのでしょうね(笑)

 
 
それでは、よい休日をお過ごしください。

 
 
―矢口 新

 

 

<編集部のおすすめ>

・どこで売ってどこで買えばよいかいまいちわからない
・明確で分かりやすいトレードルールをつくりたい
・感覚ではなく、ロジカルな手法を身につけたい
・大きなトレンドを捉えて、狙い澄まして利益を上げたい

と思っているのでしたら、
オススメの講座がありますよ。
今なら期間限定77%オフで提供しています。
こちらをクリックしてください。

http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


2 thoughts on “短期トレード

  1. 神原 秀幸

    短期トレード、長期トレード、スィングトレードの定義がいまいちあいまいです。
    1つ~2つの足でトレードするのが短期、上昇が続く限り保有するのがスィング、
    アップダウンを昇華しながらダウ理論のトレンド転換まで持つのがトレンドフォロー(トレンドトレード)
    5分足でも、週足でも同じ考えでないと、定義としてはよくわかりません。
    極端な例、大底で5分足で購入して、前の安値を下回らないから20年持っているというのは単なるトレンドフォローでしょう。
    週足でエントリーして、わずかな利益で降りるのはスキャルピングでしょう。

    返信
    1. 矢口新矢口新 投稿作成者

      神原さん

      分かりづらい表現で申し訳ございません。
      短期トレード、長期トレードは、
      保有期間で考えています。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.