短期トレードのデメリットとは

From:矢口 新
自宅のデスクより、、、

 
私は投資の学校の授業の中で、
ディーリングルームという
少人数制の授業を担当しているのですが、
そこで話題になったことも交えて

短期トレードのデメリットについて
お話ししたいと思います。
 

いつも快活にご自身のトレード内容を
お話しして下さる方が、

ディスカッションしている最中、
ふと思い出したかのように、おっしゃいました。

「先生、短期トレードは肉体労働ですね!」

思わず二人で笑ってしまいました。

もちろん、私自身がコラムや講義でお話ししたことが
頭に残っておられたからこその発言だったとは思いますが、

我ながら 言い得て妙ですね。

 
さて、短期トレード、
の特徴ですが、

 
トレード時間が短くなれば短くなるほど、
スキル偏重となります。

 
価格の動き、すなわち山谷を見極め、
山越えで売り、谷越えで買う、
そのスキルを向上させることだけで、勝ち
続けることができるようになります。

 
また、目の前で売買を完結させるため、
基本的には常にチャートをみていることになります。
ですから、肉体労働に近いと感じるはずです。
つまり、働いた分だけ見返りが期待できるともいえます。

 
もちろん、
デメリットもあります。

 
スキル偏重で、肉体労働に近いため、
環境や他の要因のせいに出来ずに結果責任をすべて自分で負う。
ということに耐えられない方がおられるはずです。

 
つまり、自己責任の感覚が持てない人、自分が行ったことの
結果がすぐに曝されることを嫌う人には向きません。

 
また、集中力も必要となります。
目の前の価格の動きをみて、
1つ1つ対処していく必要がありますから、

 
慣れないうちは、
トレードが終わったとたんに
どっと疲れが出てしまうかもしれません。

 
とはいえ、集中力は、
資金量や外部環境の調整や、
慣れが出てくればクリアになります。

 
 
前述したディーリングルームの受講生の方は、
短期トレードが肉体労働ということを
ご自身で実感されていました。

 
その方は短い足でトレードをし、
1日5~6回以上は売買をなさるそうですが、

 
「トレードしている時は集中する必要があるので、
PCの前を離れられず、トイレにも行けないし、、、
瞬間的に対処する必要があるので、
複雑なテクニカル指標が役に立たない。。。」

 
とおっしゃっていました。

 
さすがに実践なさっている方は
短期トレードの特徴を捉えておられますね。

 
そうしたデメリット、特徴を理解した上で、

 
「短期トレードが最も収益力が高いと考え、
果敢にトライしています。」

 
とおっしゃっていました。

 
これもまた短期トレードの特徴を
掴んでいます。

 
私が見る限り
短期トレードであれば、月利30%は達成可能な、
現実的な目標値となります。

 
ですが、長期的な運用を行うプロ、ファンド等を見てください。
年利でも30%上げればハイパフォーマンスです。
それだけ、長期トレードは難しいとも言えますし、
短期トレードは収益力が高いとも言えます。

 
ちなみに、私自身は、
努力が必ず報われると言う意味で、
短期トレードをお勧めしています。

 
 
-矢口新

 
 
<編集部からのオススメ>

東京、ロンドン、ニューヨーク、
世界の相場で生き抜いてきた
相場のMrパーフェクト 「矢口新」先生

その矢口先生が伝授する、
相場の値動きを見抜くオリジナルの理論。

習得すれば

・限りなく安値、高値に近いところで売買する方法が身に付く

・相場で収益を上げるための最も効率の良い運用方法がわかる

・価格がなぜ動くのか?
 相場を形作る価格変動のメカニズムの本質がわかる

・大きな資金で相場の価格を動かす、
 プロの取引行動の特徴を知ることができる

・時間効率を高め、
 収益を最大化するためのトレード理論を身に付けることができる

といったメリットがあります。

詳細はこちらからご覧ください。

https://fx-school.net/lp/tpa_special/

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://fx-school.net/lp/tpa_special/

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


2 thoughts on “短期トレードのデメリットとは

  1. 久野 明

    昨日、ブルベア大賞の祝賀会でお話を伺いました。
    勉強しはじめで本当に下手なんですが。

    僕もスキル身につけたいと思い一生懸命勉強して居ます。

    短期足はずーっとみてると目が回ってきます。

    返信
    1. 矢口新矢口新 投稿作成者

      久野さん
      コメント有難うございます。
      仰る通り、短期の足を見ると疲れると思います。
      ですが、短い足を見ることで、
      それだけ多くの山谷を見極める機会を持てますから、
      長い足をみているよりも早く力が身に付きます。

      頑張ってくださいね。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.