やば、スマホ忘れちゃいました!

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From自宅のトレードデスクより

 
実は昨日、家にスマホを忘れてきました。

最寄り駅に向かう途中で気が付いたのですが、
取りに帰っては間に合わなかったので、
そのまま出社しました。

道中、忘れた原因をあれこれ考えたのですが、

考え事をしながら家を出てしまったことは一因です。
ですが普通、家を出る時には持っていなければならず、
根本の原因はそこではなさそうです。

では何か??

恐らくその原因は、昨日の朝に限って、
いつものルーティンが違っていたことに気づきました。

 
 
おはようございます。
今週も早や、金曜日がやって参りました。

相場はまたもや、アメリカ政権の問題で揺れ動きました。
詳細はまだ確認していませんが、
今日は特に重要な経済指標発表がない中、
コメント相場で一喜一憂しそうな予感です。

週末でもあり、巻き添えを食わないよう
ご注意ください。

 
 
皆さんにも、特に忙しい朝や帰宅後の時間帯では、
概ね決まったルーティンつまり、

無意識的に動いている決まった手順

というものが、少なからずお持ちのはずです。

 
最初はゲン担ぎ的に始めたことがいつの間にか、
ルーティンになることもありますが、

一方で、スポーツ選手が事を始める前に
決まったルーティンがあるということは
有名な話です。

例えば、
野球のイチロー選手が打席に入る前、

右手に持ったバットを縦にかざして、
ピッチャー方へ向ける動作や、

ラグビーの五郎丸選手がペナルティキックや
トライ後のキック(コンバージョンキックだそうです)
に入る前に、両手を軽く組み合わせる仕草は、
一時の流行になりました。

意味や効果については、諸説あると思いますが、
結局は、目的の行動をとる前の、
一つのリズムになっていると思うのです。

バラエティ番組などで、
こうしたルーティンを持っている選手に対して
わざとルーティンをしないで最後まで動いてもらう
という企画をたまに目にします。

結果は、ルーティンをしない方の結果が悪く、
その後の動き出しすらできない・・・

という現象まで出てきたという記憶があります。

 
困っている選手を見て爆笑となるわけですが、
実はそんな些細なルーティン1つをとっても、
非常に重要な役割があるということは明白なのです。

これは恐らく、
相場取引においても同じことが言えると思います。

 
 
例えば、取引を開始する前に先ず、

・現在の相場水準を確認し、
・経済指標を確認
・チャートを分析
・売買方向を決めて、
あとは取引チャンスを待つなど、

皆さんが無意識に行っている手順は、
既に取引のリズムを作るための
ルーティンになっている可能性が高いと思います。

 
もっと言えば、もしかすると、
PCの前に座る前に必ずトイレに行くとか、

更に巻き戻して考えれば、
夕食を取って、お風呂に入って、歯を磨いたあと、
トイレにいって、PCの前に座る

といった一連の行動をとっているかもしれません。

 
もしこうした一連の作業が、
本当にルーティンになっているとしたら、
上手くいかない日は、
何かがいつもと違っていた可能性が十分ありそうです。

 
これから相場を始める或いは初心者の方々は、
恐らくこうした自分なりのルーティンを
持っていないと思いますが、

PCの前に座った後の手順だけでも、
ルーティン化できれば、
チャート分析や取引タイミングに対して、

思いのほか集中できたり、
一喜一憂しなかったり、
が可能になるかもしれません。

 
小学生が学校へ登校する際に、
ハンカチやティッシュを忘れないよう、かつ覚えるまで、
持ち物を順番に確認するための紙を
家の玄関に貼ったりもしますが、

取引の前に行う行動の順番をPC脇に張り付け、
ルーティン化できるまで毎回、
その通りに実行してみてはいかがでしょうか。

こうした一連の作業が無意識におこなえるようになれば、
相場に対峙するときのメンタルは
きっと安定してくるに違いありません。

 
 
昨日、私がスマホを忘れた原因は恐らく、
朝風呂に入ってしまったことで、
いつのも流れが乱れてしまったから、なのかもしれません。

 
 
浅野敏郎

<<編集部よりおススメ>>

最初にテクニカル分析をする場合、

登竜門的な存在である「移動平均線分析」は、
誰もが通る道であることは間違いありません。

 
インターネットで検索してみると、
移動平均線の記事は、山のように出てきますが、

どれもが異口同音的に、
同じようなことしか書かれていません。

 
結局、誰かの記事の内容をコピーし、
自分が書いたような記事にすることで、
このような現象が起こるわけですが、

本日ご紹介する
「移動平均線マスター講座」は、

移動平均線の全てをキチンと学べるようにと、
移動平均線を長年に渡って利用、研究してきた
小次郎講師が体系的にまとめあげました。

 
どんなことが学べ、
どんなことが解消され
どんなことができるようになるのか

 
詳細はこちらのページでご確認ください。
↓↓↓
http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



2 thoughts on “やば、スマホ忘れちゃいました!

  1. 万尾獅子

    タイトルがお茶目なので二度見してしまいました( *´艸`)
    日々のルーティンを決めておく、、、
    日々を振り返ると脊髄反射的に動くことはできる(いつの間にか歯を磨いたり、靴を履いたりできるw)
    が熟考して動いてないので、「なんで、大根もってここに立ってるのだろう((+_+))」
    (↑ボケの始まり?(-_-;))
    と自動行動している時があるので日々刮目してルーティンしていきたいです。

    返信
    1. 浅野敏郎浅野敏郎 投稿作成者

      万尾獅子 様、

      (笑)さすがに大根を持つようなルーティンはなかなかないですね(笑)
      これは「ど忘れ」ですよね、私もよくありますし、
      皆さんもあると思いますから、、、気になさらずに。

      とにかく何かを始める時のリズム作りは、
      何かをスムーズに達成するために、非常に大切であるということですね。

      特に相場取引などのように、
      非日常を日常にするためには、
      最初はやはり、それなりの努力が必要なのかもしれません。

      いつもコメントありがとうございます。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.