矢口新のブログ

素直な人は生き残る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口 新
近所の喫茶店より、、、

 
トレードとは勝ち負けを繰り返すもの。
100%勝てる必勝法は存在しません。
どんなに優れたプロのディーラーであっても
負けるときは負けるのです。

 
時には、ポジションを持つと、
ことごとく思惑と逆に価格が動き、
連戦連敗といったこともあるかもしれません。

 
そうかと思えば、
ポジションを持つと自分の思惑通りに価格が動き、
何連勝もすることがあるでしょう。

 
それでも、
相場とは未来を読む仕事であり、
価格が常に上下するという意味では、
相場は勝ち負け五分五分の確率です。

 
もしも、あなたの思惑が外れた時は
自分の判断が誤っていたと素直に認め、
一度損切りをして出直すことが正しい判断と言えます。

 
人間誰しも過ちを犯すものであり、
ましてや未来を読む仕事である「相場」は不確かなもの。
誰にだって判断を誤ることはあります。

 
だからこそ、
相場で長く生き残るために大切なことは
自らの過ちを素直に認め、出直すこと。
ミスを素直に認める姿勢です。

 
相場で最終的に利益を残すには、
損を小さく抑え、利益を大きくとる、
損小利大を心掛けたトレードをすることです。

 
ここで一番やってはいけないこと、
損失を取り返す、あわよくば損失を一気に利益に換えるために
一発逆転を狙うことです。

 
当たれば一発逆転で利益を得られる、
外れればさらに大損を喰らうというトレードは
もはやトレードではありません。

 
大損を喰らい、資金が底をついてしまえば
相場から退場となり、取り返すチャンスは二度と来ません。

 
1日単位の損失は、どんなベテランのトレーダーでも
避けることができません。
大切なことは、週単位、月単位の損失を
出さないように心掛けることです。

 

相場に生き残ってさえいれば、
利益を上げるチャンスは存在します。
だからこそ、まずは相場に生き残り続けるために
やるべきことをやるしかないのです。

 
未来の値動きを扱い、
勝ち負けが五分五分の確率である
相場の世界で生き残り続けるためには、

 
1%でも勝率を高めるための「相場観」を養うこと。
それと、損切りを徹底し、損小利大のトレードをすることです。

 
相場観を養うには、
それなりに経験を積む必要があり、
一朝一夕で身に付けられるものではありません。

 
一方、損切りを徹底することは、
心構え次第とも言えます。

 
目の前の損失にこだわるのではなく、
トータルで利益を取ることを考えれば、
損切りはコストです。

 
次のチャンスを逃さないために、
損切りをして出直すのです。

 
自分の判断ミスを認める、というのは
簡単なことではないのかもしれませんが、
対処が遅れれば、取り返しのつかないこともあります。

 
早めにきちんと対処すれば、
傷も浅く、致命傷とはならずに、
次のトレードにトライする余力を持つことができます。

 
相場に生き残り続けることができれば
利益を上げるチャンスはあります。

 
ぜひ、相場に生き残り続けるための
心構えを持ち、対処していきましょう。

 

―矢口 新

 

<編集部のおすすめ>

あなたが一所懸命勉強しているのに
安定して収益を増やすことができない、もしくは
コツコツドカンの繰り返しで
損失ばかりが膨らんでしまうのであれば、、、

小次郎講師がチャート分析で
狙い澄まして収益を上げるためのメソッドを伝授します。
詳細はこちらをご覧ください。

http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA