矢口新のブログ

ポジションサイズはどうやって決めるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口 新
自宅のトレーディングルームより、、、

 
プロのトレーダーは、会社に勤めていれば
トレード時のポジションサイズは会社が決めます。

 
ですが、個人トレーダーは
自分の裁量でポジションを大きくしたり、
小さくすることができます。

 
当然のことではありますが、
「適正なポジションサイズ」というのは、
各トレーダーによって異なります。

 
FXでいえば、10万通貨でのトレードが
適度な緊張感を持ってトレードできる
ポジションサイズだと感じる人もいれば、

 
10万通貨は大きく感じてしまい、過度なストレスを感じる人、
逆に小さく感じる人は、利益を伸ばそうとルールを無視して
無茶なトレードをしてしまうことがあります。

 
私は、相場の大敵は「欲と恐怖」だと考えています。
10万通貨のトレードの場合
勝てば1万通貨の10倍の利益を1回のトレードで稼げるという欲、
負ければ1万通貨の10倍の速度で損失が膨らむという恐怖によって
手元が狂ってしまうのです。

 
例えば、
1万通貨では積極的ポジションを取ることができ、
利益も安定して取れるにもかかわらず

 
10万通貨に上げた途端にポジションを取ることに恐怖を感じ、
思い通りにトレードができないというのであれば、
それは10万通貨というポジションサイズが大きすぎるということです。

 
とはいえ、
いつまでも1万通貨でトレードをしていると
そのポジションサイズに慣れてしまい、
緊張感を失ってしまいます。

 
そして、トレードでより大きな利益を取るためには
ポジションサイズを上げていくことは必要な事なのです。

 

私の体験でいえば、ポジションサイズには慣れていきます。
もしかすると、このブログを読んでいる方の中には
もっと大きな利益を取るために、
今より大きなポジションサイズでのトレードをしようか
検討している方がいるかもしれません。

 
その方は、
ぜひ「平常心でトレードができるポジションサイズ」を
優先して決めてください。

 
これだけ利益を取りたいから
もっとポジションサイズを大きくしようとするのは
間違った考え方です。

 
1万通貨で平常心でトレードができるようになり、
利益を安定して取れるようになれば
次は3万通貨、そして5万通貨、10万通貨…

 
といったように、
徐々にポジションサイズを大きくすることが
正しいポジションサイズの決め方なのです。

 
今は10万通貨というポジションサイズが大きく感じる人も、
これから徐々に慣れていきます。

 
10万通貨どころか、
100万通貨、1000万通貨であっても
平常心でトレードができるようになれば
十分利益を取れるようになります。

 
ぜひ、欲と恐怖に負けることなく、
適度な緊張感を持って真剣にトレードできる
ポジションサイズでトレードをすることを考えてみてください。

 
真剣さを持ち、
適度な緊張感の中で
トレードを繰り返すことができれば、

 
あなたのトレードスキルは徐々に磨かれていき、
利益を積み重ねていくことができるでしょう。

 
今の自分にとって
どのくらいが適正なポジションサイズなのか、
これをきちんと理解して相場に臨みましょう。

 
それでは、また!

 

―矢口 新

 

<編集部のおすすめ>

あなたが何年も株式投資をやっていて
買いだけでしか利益を出せない、
もしくは「空売り」で利益を出す技術を
習得していないのであれば、、、

実は、株価が急落したときこそ
大きな利益を出すチャンスがあるのです。
そのチャンスを掴むための、技術とは?

https://fx-school.net/lp/karauri201702/

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA