小次郎講師のブログ

私の名前の由来・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
自宅近くのカフェより、、、

 
今日は、ちょっと余談。

「小次郎講師って、本名ですか??」

最近、よく聞かれます。

 
だから、
私の名前の由来をお話しようと思うのですが、、、

 
今から数十年前、
インターネットの黎明期であり、
まだ文字チャットの時代に、
私は無料の投資塾をネットで開催していました。

 
自分で言うのもなんですが、
その講義のわかりやすさがおかげさまで大評判。

 
当時は、
まだリアルのセミナーも少なく、
ウェブセミナーなど皆無の時代でしたから
中には、「小次郎講師がウェブセミナーの草分けだ」とも言われます^^

 
ただ、そういった活動は
会社の活動とは全然別のものでしたから
匿名でやる必要がありました。

 
そのときに付けたのが
「小次郎講師」というハンドルネーム。

 
なぜ、小次郎講師にしたのか?

それは、
私は日本人の投資に対するイメージを
変えるには投資家教育しかないと思っていました。

 
なにより、
それをやるのは
自分だという使命感に燃えていました。

 
だからこそ、
ネットの啓蒙活動は、
普段の営業にも結びつけない、
お金もとらないという方針を徹底しました。

 
今思えば、よくやったものです^^;

 
小次郎講師の「講師」は、
予備校の講師から取ったもの。

 
大学入学に試験があるように、
投資の世界でも参加するには試験があって、

 
合格した人だけを
取引出来るというようなことが必要なんじゃないか。

そのためには、まず予備校が
必要なんじゃないかとそんなことを考えていました。

 
今から20年くらい前のことです。
あまりにも何も知らないまま市場に参加し、

トレードであっという間に負けてしまい
撤退する人が多かったものですから、なんとかしたかったんです。

 
最近では、
ちょっと教えただけで、
すぐに「先生」などという人が出てきます。

 
先生って言われると気持ちはいいんですが、
実は「先生」と呼ばれた瞬間から人間堕落が始まり、

たいしたことをしているわけでもないのに
尊大になっていきます。

 
今、世の中で
先生と呼ばれる方を見ればわかりますよね。

 
だからこそ、
「先生」とだけは呼ばれたくないという意味で
「小次郎講師」でワンセットのハンドルネーム(ペンネーム)にしています。

だから、
くれぐれも「小次郎先生」などと呼ばないでくださいね(笑)。

 
「小次郎」というのは「宏二」という
私の本名をもじったということもあるのですが、
実は「ムチャシ」と闘うという意味が隠されています。

ムチャシとは、、、

・勉強もしないで市場に参加し、無謀な取引を繰り返す投資家
・顧客のことを考えないで過当な営業を繰り返す業者
・市場のことをよく理解していなくて、わけのわからない規制をする取引所や行政

 
これらをまとめて
「無茶士(むちゃし)」と呼んでいます。
その無茶士と闘うなら「小次郎」だろうということです。

 
現在私はもう匿名で活動する必要もなく、
本名も名乗っているのですが、

その当時からのフアンのような人がいて、
小次郎講師の言うことなら信頼出来る、と言ってくださる人がいます。

そういった人がいることが、
私が活動をしていくエネルギー源ですので、
そういう人に忘れられないように、

今でも投資教育では
「小次郎講師」というハンドルネームを使ってるんですよ^^

 
日本の投資教育を変えたい、
正しい投資教育を日本に根付かせたい

 
それを、実証し続けてくださるのが、
「あなた」ですから

これからも
一緒に成長していきましょう!

それでは、
最後までご覧いただき、
ありがとうございました!

 

<編集部からのオススメ>

約30人の投資素人たちが
たった2週間の教育だけで
4年で年平均80%の利益を叩き出した秘密

それが、『資金管理』

損失を最小限にするのではなく、

いかに資金効率を良くして
利益を最大化させるかに徹底的にこだわったのが
『資金管理マスタープログラム』

期間限定の特別価格は今だけ!

詳細はこちら
↓↓↓
https://fx-school.net/lp/shikinkanri_sl_b/

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. kimura より:

    しかし、講義の会場ではなんとお呼びすれば?

    「講師!」や「手塚さん!」では、違和感があるし、
    やはり「先生!」と、敬意を込めて、この言葉を使わせていただきます。

    1. 小次郎 講師 より:

      kimura>小次郎講師で、お願いします^^

  2. haratakahito より:

    名前の由来は、
    お~かもとたろうさんが
    岡山なので、
    こ~じろうさんかなと
    解明したばかりだったのですが
    はずしちゃったなあ。

    1. 小次郎 講師 より:

      それも、なかなか面白くていいですね^^
      ありがとうございます^^

コメントを残す

*

CAPTCHA