FOMC後の米国株式相場

From:戸松 信博
自宅のデスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
投資の学校さんの日刊ブログに出させていただくのは
約3か月振りとなりましたが、
このたび、毎週火曜日の日刊ブログを
私が担当させていただくことになりました。

 
私のブログでは、
前週の米国株式市場や、日本の株式市場について
経済指標を振り返りながら、

 
今後の相場見通しについてお話していきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします(*^^)

 

FOMC通過、ダウ、長期金利小幅続伸、金価格は大幅続落

 
解説に入っていく前に、
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
米国の主要株価3指数について確認したいと思います。

 
米国の主要株価3指数とは、
ニューヨークダウ、ナスダック総合指数、S&P500のことを指します。

 
ニューヨークダウ(ダウ工業株30種平均)は、
ダウ・ジョーンズ社が、主にニューヨーク証券取引所に上場している
優良株30銘柄を選出し、その単純平均株価となります。
世界的に有名な大企業で構成されているため、
世界を代表する株価指数ともいえます。

 
また、ナスダック総合指数は
世界最大の新興企業向けの市場であるナスダックに上場している銘柄の
時価総額加重平均指数のことをいいます。

 
そして、S&P500とは
日本株市場で例えると、ニューヨークダウが日経平均とすれば
S&P500がトピックスのような指数といえます。

 
それでは、それを踏まえて
先週の米国株式市場についてみていきたいと思います。

 
shisei_man_good

 
上図が、ニューヨークダウの日足チャート、
下図が、ナスダック総合指数の日足チャートです。

 
先週も先々週の流れを引き続き、
米国の主要株価3指数は過去最高値を日足ベースで更新しました。

 
特にダウは21日(木)に反落するまで
7日連続で高値更新(9連騰)となりましたが、
株価の上昇率は小幅でまちまちなものとなり、
週間でS&P500が+0.08%、ダウ+0.36%に留まり、
そしてナスダック▼0.33%安と小幅反落に終わりました。

 
注目のFOMCでは、
FRBのバランスシート縮小が予想通り決定されました。

 
金融危機対策として蓄えられてきた国債や住宅ローンなどの債券について、
期限を迎えたものが償還され、ロールオーバーをしないことで、
自然と資産が縮小されて行きます(償還される現金は中央銀行内で消える)。

 
これまで中央銀行が債券の買い手となっていたところから、
徐々に民間にスイッチされるだけであり、
十分経済が回復していることから民間の購買力も十分となってきており、
十分乗り切れると思われます。

 
合わせてFRBは今後の利上げ見通しを、
今年中にあと一回、来年3回と、従来通りのスタンスを据え置きました。
市場では利上げペースは緩むのではとの見方もあったため、
予想よりもハト派的な印象で年内利上げも意識され、長期金利が上昇しています。

 
その事で金融株の上昇が先週は最も目立ちました。
S&P500指数が0.08%高程度だったのに対し、
金融株で構成されるETFは3%前後の週間上昇率となりました。

 
原油価格が50ドルに乗せて来たことで、
エネルギー関連株も前週に引き続きアウトパフォームしています。

 

本日のブログでは、
米国の主要株価3指数について解説しました。

 
この3指数は、
世界経済の中心である米国の主要株価指数ですので、
ぜひ、覚えていただきたいと思います。

 
来週以降も、
皆さんの投資に役立つブログ記事を書いていきたいと思いますので
引き続きよろしくお願いします!

 
ありがとうございました。

 

―戸松 信博

 

<編集部のおすすめ>

再現性のある「移動平均線」を使った
売買サインの見極め方を身に付けて
狙い澄まして安定的に資産を増やす方法…

小次郎講師直伝。
全7本の講義で、移動平均線を使った売買判断の技術を
初心者の方でも基礎から体系的に学べる特別プログラム

http://toushi-school.net/page/?page_id=4656

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.