【クイズ】これはブラックマンデーの再来?

From:戸松 信博
自宅のデスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
先週の日本市場は、14連騰を記録していましたが、
22日(日)の衆議院選挙、投開票後となる
昨日の日経平均株価は史上初の15連騰を記録しました、

 
しかし、ここまでの連日の株高を
大して上がっていないと考える事ができれば、
一段と強くなる可能性にも備えておきたいところです。

 
さて、当然私たち日本人投資家としては
日本市場に注目しがちですが、
米国市場は常に注目していただきたいところです。

 
なぜなら、
米国は世界最大の消費市場であり、
基軸通貨を擁するなど、世界の金融の中心だからです。

 
ということで、
今日のブログでは米国を中心とした
グローバル市場についてお話したいと思います。

 

ダウ大幅高で6週連続最高値、金利・ドル反発、ゴールド反落

 
shisei_man_good

 
shisei_man_good

 
上図は、前週までのNYダウ日足チャート、
下図は、前週までのナスダック総合指数になります。

 
先週も米国株は堅調に推移し、
20日(金)の主要三指数は揃って最高値を更新しました。

 
週足終値ベースでダウ、
S&P500指数は6週連続最高値となります。
ただ先々週から全般に日々の上昇率は小幅なものであり、
S&P500は週間+0.85%高、
ナスダックは+0.35%高に留まりました。

 
先週、20日(金)の朝に配信した
速報レポートでもお伝えしましたが、
アップルの新型iPhoneの
不調観測が伝わったナスダックの日足は、
19日に大きく下げて始まりました。

 
同じ日の香港市場も後場大きく急落して終えており、
市場の一部では丁度30年前に発生した
ブラックマンデーの再来を危惧する声も出ていました。

 
高値を更新し続ける株価にバブル懸念もある様子です。
しかし現状を見渡して、
そのような迷信が現実化する要素は皆無に近く、
本質的な状況は全く違います。

 
ちなみに30年前は夏にトップをつけた株価が下落転換し、
2か月後にトレンドラインを大きく割り込んだところから、
ダメ押しのような形でブラックマンデーが発生したのでした。

 
今のようなトップ位置から
いきなり発生することなどありえないと思います。

 
2か月もの下落転換を経て、
我慢して残っていた勢力が耐えきれずに
売りパニックとなったものです。

 
もしも当通信が当時配信を行っていたとすれば、
とっくに下落転換を宣言し、警戒モードにあったでしょう。
現在の相場判断は盤石の上昇トレンドの中にあります。

 
先々週反落していたドルと金利は再び上昇に転じました。
10年債利回りは2.38%となり、
7月初旬以来の高水準となってきています。

 
12月の利上げ意識もでてきていると思います。
そして金価格は大幅に反落と、
9月中旬以降何度も見て来た構図に戻っております。

 

日本株を見るうえで、
日本の政権が米国寄りか、非米国寄りかを
確認することは重要なポイントです。

 
ぜひ、日本株市場だけでなく、
米国を中心としたグローバル市場にも
目を向けていきましょう(*^^)

 

―戸松 信博

 

<編集部のおすすめ>

今、日本をはじめ世界中で
株高となっていますが、
これはいつまで続くのか…。

さまざまな情報が錯綜するなか、
相場の教養がない投資家というのは
それらの情報に振り回され、相場で右往左往…。

本当に勝てる一流の投資家とは、
自分で相場を読み解き、
自分で戦略を構築して
狙い澄まして利益を上げることができる人。

そのための土台となる
「本物の相場の教養」
ここから手に入れることができます。

詳細はこちらをクリック

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細はこちら

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.