自分事として考える

From 投資の学校事務局

新宿六丁目のオフィスより……

おはようございます。
投資の学校事務局の菊地です。

今まで、
通勤時は上着を着ないか、
着ても薄手のものだけだったのですが、

最近、
遂にダウンジャケットに袖を通しました。

季節が着実に
冬に向かっているのを感じる
今日この頃です。

これからどんどん
寒くなっていきますが、
皆様も風邪にはお気を付けください。

さて、
仕事に限らず、
物事に取り組むときの姿勢として、
「自分事として考えるのが大事」
とよく言われます。

これに関しては、
人によって様々な解釈があるとは思いますが……
私なりに考えてみました。

・何か問題が起きた時に、
「自分ならどうするか、何ができるか」と考える。

・何かニュースを聞いたときに、
「自分はどう思い、行動するか」と考える。

ことが、自分事として考えるということだと思います。

一つの同じ物事があったとしても、
それに対して何を考え、
どう行動するかは人それぞれです。

物事の性質や、タイミングによって、
一番適した考え方や行動は異なるので、
「どうするのが一番いいか」
と画一的に決めることはできません。

状況が変化すれば、
「どうするのが一番いいか」
なんて答えは簡単に
入れ替わってしまうのです。

ただ、
答えが簡単に入れ替わったとしても、
そこからすぐに気持ちを切り替えて、
考え直せるかどうかが大事でしょう。

きっと、
「考えた結果、どうなるか」
ももちろん大事ですが、

「いつも自分事として考えられるか」
も、人生を前向きに生きていくために、
同じくらい大事なはずです。

そして、
考えるためには、
考えるための土台もやはり必要になります。

そのために、
本や新聞を読んだり、
インターネットを見たり、
様々な人から話を聞いたり、
実際に関連する場所に
足を運んだりするのが大事になります。

これらを積み重ねることで、
「自分事として考える」
ことが習慣化されるはずです。

私たち・投資の学校は、
皆さんに「世界基準の本物の投資教育」
をお届けすることを目指しています。

しかし、
本当のゴールは、
「世界基準の本物の投資教育」
をお届けすることだけではなく、

そこから得てくださった知識やノウハウをもとに、
皆様が投資について、
「いつも自分事として考え」
るようになり、

ご自身も周囲の方も幸せにできる
人生を送っていただくことです。

だからこそ、
皆様が投資を
「いつも自分事として考える」
土台として、
講座をお役立ていただければと思います。

本日もお読みいただき、
ありがとうございます。

今日が皆様にとって、
素敵な一日でありますように。

<編集部のおすすめ>

乱降下する相場の動きに右往左往すると、
思わぬ損失を出してしまいます。

荒れ狂う相場で生き残るためには、
万全の備えが必要ですよね。

資金効率を上げて利益を最大化させながら、
安定して稼ぐ術を身に付けるのが
小次郎講師流『資金管理マスタープログラム』

こちらをクリックして詳細を確認してください。

https://fx-school.net/lp/shikinkanri_sl_b/

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.