クロス通貨の考え方…ポンド円を例に

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
日経平均に、やっと下値を試す値動きが
見られましたが一時的に終わり、
再び30,000円台に乗せ返すなど、
底堅く推移しています。

バブル期の最高値を付ける上昇局面との比較が
にわかに取り沙汰されており、
期待できないわけでもありません ...

ドル金利上昇でドル安?GDP縮小で株高??

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
 
先週は配信できず大変失礼いたしました。
心よりお詫びいたします。

さて、日経平均株価が
念願の30,000円台に乗せています。

終値ベースでも大台に乗せてから
丸3日間が経過しようとしていますが、
想定以上に底 ...

一時は対円で人気だったユーロだが…

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

市場や銘柄には流行り廃りがありますが、
全世界的な災害ともいえる
コロナショックの急変を除けば、
米国市場をけん引役としている株式市場の人気は
根強い地合いが続いています。

為替の方はと言えば、
利上げサイクルに入った一時期こそ
ドル買い人気が高まっ ...

高ボラティリティのポンドが人気上昇中

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

ドル円相場について、2020年度中はそれでも、
幾度かは注目するステージがあったと
記憶していますが、

昨年の夏の終わり頃に、
下落がほぼ決定的となって以降は、
すっかり興味がなくなりました。

今、少し振り返ってはみましたがやはり、
関わらなくて正 ...

方向がない波動の「揉み合い」の後は…

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
チャートの中の、ある1本の足の位置を
相場の流れで特定するイメージと練習で
ここまで2週を費やしました。

宿題として問題を提示し、
応答くださった方々には個別に
解説をさせていただきましたので是非、
ご確認ください。

一見は ...

相場を波動として捉える意義(宿題回答を交えて)

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
先週号では相場を波動で捉える練習として
表示されているチャートの中の、
ある足1本を言葉だけで特定する宿題を
お出ししてみました。

チャートには少なくとも100本以上の足があり、
意図的にインジケーターも表示させず、
正に「素のチャート ...

相場の値動きを捉える練習をしてみよう

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
2020年の当ブログでは、
様々なテクニカル分析はあくまで、
先行する価格の動きから導かれた結果なので、
相場へ早く乗り込むためには、
価格変動を捉える必要がある、という立場で、

値動きを捉えるための原則的な話をメインに
綴って参りまし ...

2020年の為替相場を振り返る~EURUSD&GBPUSD

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

今週前半までは揉み合いながらも、
一部の通貨ペアは、
ボラティリティが高い日々でしたが、

いよいよクリスマス休暇に突入し
週末を加えたロングウィークエンド
ということもあって、

ここ数日のボラティリティは
低下しつつある印象です。

年内 ...

2020年の為替相場を振り返る~USDJPY

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

12月も後半に差し掛かり、
いよいよ年末相場となりつつありますが、
何となくドル売りの流れが定着しつつある
という印象を受けます。

先週も軽く触れましたが、
主要3市場と呼ばれる
債券、株式、商品の各市場のうち、
株式市場は世界的に強含んでいます。 ...

株式相場の上げトレンドを前提にした場合

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

「あれ?いつもと構成が違う…!!!」
と思われた方もおいででしょう。

はい、実はどうしても本日中に
執筆する時間を捻出できず、
誠に残念ながら今週号は急遽
簡単にエ ...

三角形は色々あるからこそ単純に考えたい

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より
配信が遅くなりました、お詫び申し上げます

先週はチャートパターンとしてメジャーな
「トライアングル・パターン」
を取り上げました。
日本語では「三角保ち合い」と総称されますが、

この保ち合いに対して、
上昇のパターンと下落のパターンを
細かく定義す ...

三角形を書きなさい…だけで私と同じ形を描けるか?

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
先週はチャートパターンの一つである
カップwithハンドルを解説してみました。

カップ部分が天底に現われ、
カップの深さが比較的浅い場合、
底であればラウンドボトム
天井であればラウンドトップ
と言い、

以前のトレンドから ...

新型コロナ感染の第三波問答について~カップwithハンドル

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ブレークアウト研究がひと段落し、
次のテーマについて色々考えました。

数週間前から三たび、
新規感染確認者の数が急増し、
「これは第三波か否か?」
について、お偉いさん方々が議論を
しているのを見るにつけ、

10日ほど前か ...

ブレークアウト研究~(4)トレンドはブレークという階段の連続だった

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
先週のブレークアウト第3弾は、
トレンドブレークと題して、

トレンド相場で扱うブレークは、
何故かトレンドの方向に反する場合のみを
対象とする手法が一般化しているのは
大きな矛盾ではないか?と捉え、

本来、仮のサポートとレジスタンス ...

ブレークアウト研究~(3)ルールはなるべくシンプルで同じが良い

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
先週は特番としてドル売りが進む可能性を
特にその傾向が見受けられる
対ユーロ相場を例に想定しました。

ところが実際は、
その直後から市場は逆にドル買いが進み、

米大統領選の投開票日となった
日本時間4日の午前中には、
9月安 ...

来週の波乱予想は1か月前から暗示があった!?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
本来今週は、前号でも予告したように、
ブレークアウトの真意を研究する3週目を
お送りする予定でしたが、

次回の金曜日では少し手遅れになる事実を
お伝えしておこうと思い、

今週は急遽、番外編として、
時事的な相場状況をお伝えします。 ...

ブレークアウト研究~(2)あなたはホントにトレンドフォロワー?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号からブレークアウトの真意
という大それた大テーマのもと、
唯一の売買ポイントは、

ブレークの瞬間しかない!

という立場に立って、
考察を開始いたしました。

前号ではトレンドを重視するが余り、
ブレークアウトも近年は、 ...

ブレークアウト研究~(1)そもそもどういうこと?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
半値線のお話が一通り終わり、
次のテーマを考えました。

かれこれ当ブログも、
開始してから短くとも3年が経過しており、
ネタ切れは否めません。

思い返せば、
この3年間の根底にあるテーマは
一貫しており、それは… ...

自分からならイイけど強制はイヤかも

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ここまで数回にわたってお送りした
半値についての考察は
本号で一旦、終わりたいと思います。

「半値」は
とあるスパン(期間)の値幅
の中から引っ張ってきた、
現実的な価格の内の1つですから、

複雑な計算によって導かれた、 ...

短期線と長期線って同時には動かないの?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ここ数週にわたって「半値線」について、
色々な角度で掘り下げてみました。

ここまで、
半値線は対象となる期間の高値・安値を
僅かでも越えるとたとえわずかでも、
必ずその方向へ動き始めること。

計算が簡単なため、
対象期間の ...

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.