残り10分昼休み、15分ならお茶ができたのに (T)

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の寝室より

 
前回のS号では、Ⅴ波動から何がわかるか?
について触れ、

例えば短期筋が投機で行うような、
トレンドではなくフローにモノを言わせて、
相場を一時的に動かすようなケースでは、

ある時間をかけて、
ある値幅を動いた相場が反転した場合、 ...

駅まで徒歩15分、帰りは何分かかるのが普通かな?(S)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号Rでは、Q号からの流れを引き継ぎ、
転換線を短期半値線
基準線を中期半値線と位置づけて、

2線の簡単な関係から
トレンド相場になりやすいか、
揉み合い相場になりやすいかの判断方法を
チャートを交えて示し、

また、遅行ス ...

今と過去を正しく比べるチャート(R)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号Qでは、一目均衡表の半値線の、
転換線に基準線を加え、
短期という位置づけの9期間と、
中期という位置づけの26期間の、
半値水準を同時に監視することで、

共に同じ方向へ動く場合は、
より一層その方向が、
トレンドとして ...

【事実】一流とは〇〇なのです。

From:矢口新

自宅の書斎から
おはようございます。

突然ですが、皆さんは

守 破 離

この言葉をご存知でしょうか?

「守破離」とは、日本の茶道や武道、古典芸能の世界で
使われてきた師弟関係の在り方を表す言葉です。

『守』は、師匠の教えを守り、忠実に再現するための
基本練習を繰り返し行い、 ...

トレンドが出ない現状は3月末で見えていた(Q)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
揉み合いを一大テーマとして進めてきた
M号以前では、
直近波動の高値と安値を目先のレンジ
と考え、

その範囲で収まる値動きは全て、
「揉み合い」であると簡素化した上で、
その放れ(ブレークアウト)が
唯一のエントリーポイント ...

損切りの思考とは。

From:矢口新

自宅の書斎から
おはようございます。

 

本日は、重要な『損切り』についてです。

 

損切りが難しいと言っているようでは、
まだまだ半人前です。

今日はこのメールを読んでくださっている方に
トレード力を向上していただくために
考えて頂きたいと思 ...

前提が崩れた時の違和感を大切に(P)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号では、半値線が、持つ一種の定義を基に、
それに反した動きを捉えることで、
定義そのものを疑うという考え方を利用して
安値更新の局面を説明してみました。

単純な半値の意義は既に述べて参りましたが、
前号からは一目均衡表の転換線を代表に、 ...

半値線が動く理由は2通りあります(O)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号より半値線の追求を始めました。

テクニカル分析としてはポピュラーな
移動平均線は、ある期間の終値平均値
であるために、

高値や安値を更新したにもかかわらず、
終値水準があまり変化しない場合、
移動平均線はその事実を反映しにくい ...

単純だから逆に敏感なテクニカルライン…のお話(N)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ブログAから始まり前回のMまで、
根底に揉み合いの意味を考えながら、
高値更新や安値更新の
いわゆる「揉み合い放れ」または、
「ブレークアウト」しか、
実質のエントリーポイントは無い…

ということを前提に、

新値更新前の値 ...

日経平均は一進一退の末、コロナショック後の高値更新

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

おはようございます。
戸松信博です。

 

ナスダックが週間6%の大幅上昇、成長株に資金集まる
日経平均は一進一退の末、金曜大幅高でコロナショック後の高値を更新

 

※※※※※※※※※※※※※
<目次>
(1)グローバル相場 ...

エントリールールを絞れば相場の見方も絞れる(M)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前回のブログ(L)では、
「行き先」探しの最終章として
一目均衡表のノウハウをお借りして、

目先最大となるE計算値を
「途中の通過点」という視野から、
一種の目標値として解説しました。

その根拠として、
E計算値の達成を考 ...

再び大幅反発の週に、S&P500指数の週間上昇率は1974年以来

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

おはようございます。
戸松信博です。

 

再び大幅反発の週に、S&P500指数の週間上昇率は1974年以来
日経平均は前週の下げ幅を上回る上昇に、戻り高値に迫る重要ポイントへ

 

※※※※※※※※※※※※※
<目次> ...

売った直後から、売り手は買い手に成り代わる(L)

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前回のブログ(K)では、
歓迎されるN波動と
そうではないN波動の違いの見分け方
を主に、

結局は勢いがある場合は
更に伸びる可能性があり、
その可能性をみすみす捨てることは無い、
のではないか?

という提議を致 ...

相場はドラマなようである。

From:矢口新

自宅の書斎より、、、
おはようございます、矢口です。

 

相場というものは、
私たちの現実世界にあるものですが、

 

そこには、およそ事実とはかけ離れた
ドラマのようなフィクションが
とても多く存在しています。

 

なかに ...

米国株は石油株主導で上昇転換だが、まだ要経過観察の段階

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

おはようございます。
戸松信博です。

 

米国株は石油株主導で上昇転換だが、まだ要経過観察の段階
上昇転換翌週の日本株は連日の下落に

 

※※※※※※※※※※※※※
<目次>
(1)グローバル相場見通し:
米国株 ...

大歓迎のブレークアウトは事前に判る!?(K)

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 新宿オフィスの編集室より

 
前回のブログJでは、
「ダマシ」のパターンその2として、
押しや戻しが深い後の3波動目は、

押しや戻しによって
1波動目の方向余力を大きく食ってしまうため
直近のピークを越えて3波動目を確定しても
その行先は知れている…という ...

「ビジョン」と「目標」は別物である。

From:矢口新

自宅の書斎より、、、
おはようございます、矢口です。

 

今、あなたは人生における「ビジョン」はお持ちでしょうか?
そして、その「ビジョン」を達成するための「目標」は明確になっているでしょうか?

 

「ビジョン」と「目標」というのは、
同じ意味で考えられがちですが、 ...

過去最大級の株価上昇も、米国市場は上昇転換に至らず

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

おはようございます。
戸松信博です。

 

過去最大級の株価上昇も、米国市場は上昇転換に至らず
過去最大上昇で日本株は2カ月ぶりに上昇転換、リート35%の暴騰

 

※※※※※※※※※※※※※
<目次>
(1)グローバル相場見 ...

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.