新型コロナ感染の第三波問答について~カップwithハンドル

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ブレークアウト研究がひと段落し、
次のテーマについて色々考えました。

数週間前から三たび、
新規感染確認者の数が急増し、
「これは第三波か否か?」
について、お偉いさん方々が議論を
しているのを見るにつけ、

10日ほど前か ...

ブレークアウト研究~(4)トレンドはブレークという階段の連続だった

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
先週のブレークアウト第3弾は、
トレンドブレークと題して、

トレンド相場で扱うブレークは、
何故かトレンドの方向に反する場合のみを
対象とする手法が一般化しているのは
大きな矛盾ではないか?と捉え、

本来、仮のサポートとレジスタンス ...

ブレークアウト研究~(3)ルールはなるべくシンプルで同じが良い

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
先週は特番としてドル売りが進む可能性を
特にその傾向が見受けられる
対ユーロ相場を例に想定しました。

ところが実際は、
その直後から市場は逆にドル買いが進み、

米大統領選の投開票日となった
日本時間4日の午前中には、
9月安 ...

来週の波乱予想は1か月前から暗示があった!?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
本来今週は、前号でも予告したように、
ブレークアウトの真意を研究する3週目を
お送りする予定でしたが、

次回の金曜日では少し手遅れになる事実を
お伝えしておこうと思い、

今週は急遽、番外編として、
時事的な相場状況をお伝えします。 ...

ブレークアウト研究~(2)あなたはホントにトレンドフォロワー?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
前号からブレークアウトの真意
という大それた大テーマのもと、
唯一の売買ポイントは、

ブレークの瞬間しかない!

という立場に立って、
考察を開始いたしました。

前号ではトレンドを重視するが余り、
ブレークアウトも近年は、 ...

ブレークアウト研究~(1)そもそもどういうこと?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
半値線のお話が一通り終わり、
次のテーマを考えました。

かれこれ当ブログも、
開始してから短くとも3年が経過しており、
ネタ切れは否めません。

思い返せば、
この3年間の根底にあるテーマは
一貫しており、それは… ...

自分からならイイけど強制はイヤかも

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ここまで数回にわたってお送りした
半値についての考察は
本号で一旦、終わりたいと思います。

「半値」は
とあるスパン(期間)の値幅
の中から引っ張ってきた、
現実的な価格の内の1つですから、

複雑な計算によって導かれた、 ...

短期線と長期線って同時には動かないの?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ここ数週にわたって「半値線」について、
色々な角度で掘り下げてみました。

ここまで、
半値線は対象となる期間の高値・安値を
僅かでも越えるとたとえわずかでも、
必ずその方向へ動き始めること。

計算が簡単なため、
対象期間の ...

半値線は計算な簡単で動く価格を予測できる

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
先週のブログでは、
新たなチャートポイントとして
日頃から提唱している半値について、

半値はそのまま抵抗や支持として機能する
という側面を、
ポジションを推測することによって
説明してみました。

 
半 ...

半値というシンプルな値段の意味

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
これまでも、このブログで幾度か述べてきた話
ではありますが、
ある値動きのちょうど半値という水準は、
押しや戻りの最大値として考えられる
ということを説明してきました。

例えば、
100ポイント下落した値動きがあったとして、 ...

「待てない」あなたへ…最後に贈る言葉

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ここ数回にわたって、
直近の大乱高下相場だった
「コロナショック相場」について
どのような対処が可能だったかを
ドル円を使って解説しています。

今回は2月終盤の急落から
その急反発を終え、
そこからの反落に対する考え方を ...

「待てない」あなたへ…逆に動く型を決めよう

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
ここ数回にわたって、
本年2月下旬から始まった
いわゆる「コロナショック」相場を
ドル円チャートを使って
振り返っています。

前回は暴落までを追いかけましたが
今回はそこからの急反発相場を
追いかけます。

&nbs ...

「待てない!」あなたへ…次の機会を捉えるには

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
過去2回の当ブログでは、
「待てない!」あなたへ…
という見出しのもと、
相場で出遅れた際には「待つこと」
の重要性を説明して参りました。

一番の理想はもちろん、
AtoZシリーズで何度も繰り返してきた
「相場の起点に立つこ ...

「待てない!」あなたへ…待つ目的を明確に

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
相場でトレードをする際のメンタルとして
「待つこと」の重要性がしばしば指摘されます。
先月号ではこの重要性について一般的な話
を致しました。

先月号の続きとしてお約束した今月号では、
その具体例を示してみたいと思います。

  ...

【Gotoトラベル】ポストコロナの経済。時代に合った生き方

From 投資の学校事務局
自宅のPCより……。

 
おはようございます。
河合克訓【投資の学校】です。

 
梅雨が明けてから毎日暑いですね。
東京では35度を超える日が多々あります。

 
本当に暑いです、、、
皆さん体調には気をつけてお過ごしください。 ...

「待てない!」あなたへ~何をどう待つか

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

 
コロナが蔓延して以降、その頻度は大きく減りましたが、
多くの投資家の方々と売買経験やメンタルについて
懇親会などの場面ではよく談義をしました。

経験の有無にはあまり関係なく、
相場知識がある程度身に付いたステージでは一度、
「相場をどうしても待 ...

投資と貯蓄のバランス

From 投資の学校事務局
自宅のPCより……。

 
おはようございます。
河合克訓【投資の学校】です。

 
一時は治まりかけた新型コロナウイルスですが
東京では新規感染者が400人超えと、
過去最多を更新してしまっています。

 
この新型コロナウイルスをき ...

そもそも投資とは何か?投資の基礎

From 投資の学校事務局
自宅のPCより……。

 
おはようございます。
河合克訓【投資の学校】です。

 
まだまだ新型コロナのニュースが続いており
経済や健康など将来の不安がありますが、
ネット証券の講座開設が伸びているようですね。

 
改めて投資に関心 ...

約1年10か月ぶり高値を更新したユーロドル?

浅野敏郎

「「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の書斎より

7月の連休が明け一週間が経過しつつありますが、
7日連続した日足陽線にも
陰線が混ざるようになりました。

29日の深夜には1.18台を覗き、
これまでの高値を更新する値動きになった訳ですが、
その際の某ニュースソースでは、
本日のタイトルにもなったフレーズが ...

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.