ブログ

「スクウェア=0」というポジションはない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新
自宅の書斎にて

 
この季節になると、
プロ野球選手の進退問題が
スポーツニュースで取り上げられるようになりますね。

 
結果を残せば大金が手に入り、
結果を出せなければ減俸、もしくはクビになる。

 
なんともシビアな世界だと思うかもしれませんが、
わかりやすいといえばわかりやすいですよね。

 
実は、ディーラーの世界も似たようなもので、
結果を残せば若手でもビックリするぐらいの報酬を
手にすることができますし、
逆はまた然り、という世界でした。

 
ですが、
辞めさせられる(ポジションの異動も含め。)
ディーラーというのは、結果が残せない、という人ももちろんいますが、
実は、、、、

 
 
トレードをしないのでクビになる、
という人が少なからずいました。

 
理由は様々でしょうが、
すぐに結果がでる、トレードが怖い、
ということが1つの理由にあげられます。

 
また、負け続けてポジションを持つのが
怖くなったというディーラーもいました。

 
しかし、
相場でポジションを持たない
スクウェア(square)=0

 
というのはプロとしてありえない訳です。

 
たとえば、あなたがファンドマネージャーで、
1000億円の運用を任されたとして、

 
スクウェアにするためには、
1000億円を出資者にお返しするしかありませんが、
もちろんそんなことはできませんよね。

 
ロング(long 買い持ち)か、ショート(short 売り持ち)か
いずれかのポジションを持たないと、
収益をあげることができません。

 
もちろん、
個人投資家のみなさんは、
ご自身の資金で投資をなされているのですから、
ポジションを持たないことも許されています。

 
ですが、
特に少しトレードに慣れてきた時期に
陥りがちなのですが、
完璧を求めるあまりポジションをなかなか持てない、

 
ということはトレード技術の向上
という意味ではマイナスです。

 
ポジションを持ち、実際の売買を繰り返すことでしか、
トレードの技術を磨くことはできません。

 
上達するにつれて売買の精度が向上するので、
上級者であればあるほど、通常は仕掛けの回数が減るのですが、
その領域に到達するまでは、
少額でもよいので、ポジションを持つことをお勧めします。

 
また、スランプ、だと思ったら、
取引金額を減らして(通常10万通貨のところを、1万通貨にする等)、
調子を整え、復調したと思ったら
また資金量を増やす、というやり方も有効です。

 
チャートみているだけでは実戦感覚が
鈍ってしまいます。

 
ポジションを持ち続け、技術を磨き続ける。
難しいかもしれませんが、

共にがんばりましょう。

 
 
 
<編集部からのおすすめ>

世界を渡り歩いてきた
矢口新先生の、実務経験に裏打ちされた
相場の極意、エッセンスを一冊に詰め込みました!

矢口先生の提唱する「相場における必勝の型」がわかりますよ。

もちろん、読むだけではだめです(笑)

是非、実践で活かすように心がけてください!

詳細はこちら

http://fx-school.net/lp/books/yaguchi01//

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA