「スクウェア=0」というポジションはない

From:矢口新
自宅の書斎にて

 
この季節になると、
プロ野球選手の進退問題が
スポーツニュースで取り上げられるようになりますね。

 
結果を残せば大金が手に入り、
結果を出せなければ減俸、もしくはクビになる。

 
なんともシビアな世界だと思うかもしれませんが、
わかりやすいといえばわかりやすいですよね。

 
実は、ディーラーの世界も似たようなもので、
結果を残せば若手でもビックリするぐらいの報酬を
手にすることができますし、
逆はまた然り、という世界でした。

 
ですが、
辞めさせられる(ポジションの異動も含め。)
ディーラーというのは、結果が残せない、という人ももちろんいますが、
実は、、、、

 
 
トレードをしないのでクビになる、
という人が少なからずいました。

 
理由は様々でしょうが、
すぐに結果がでる、トレードが怖い、
ということが1つの理由にあげられます。

 
また、負け続けてポジションを持つのが
怖くなったというディーラーもいました。

 
しかし、
相場でポジションを持たない
スクウェア(square)=0

 
というのはプロとしてありえない訳です。

 
たとえば、あなたがファンドマネージャーで、
1000億円の運用を任されたとして、

 
スクウェアにするためには、
1000億円を出資者にお返しするしかありませんが、
もちろんそんなことはできませんよね。

 
ロング(long 買い持ち)か、ショート(short 売り持ち)か
いずれかのポジションを持たないと、
収益をあげることができません。

 
もちろん、
個人投資家のみなさんは、
ご自身の資金で投資をなされているのですから、
ポジションを持たないことも許されています。

 
ですが、
特に少しトレードに慣れてきた時期に
陥りがちなのですが、
完璧を求めるあまりポジションをなかなか持てない、

 
ということはトレード技術の向上
という意味ではマイナスです。

 
ポジションを持ち、実際の売買を繰り返すことでしか、
トレードの技術を磨くことはできません。

 
上達するにつれて売買の精度が向上するので、
上級者であればあるほど、通常は仕掛けの回数が減るのですが、
その領域に到達するまでは、
少額でもよいので、ポジションを持つことをお勧めします。

 
また、スランプ、だと思ったら、
取引金額を減らして(通常10万通貨のところを、1万通貨にする等)、
調子を整え、復調したと思ったら
また資金量を増やす、というやり方も有効です。

 
チャートみているだけでは実戦感覚が
鈍ってしまいます。

 
ポジションを持ち続け、技術を磨き続ける。
難しいかもしれませんが、

共にがんばりましょう。

 
 
 
<編集部からのおすすめ>

世界を渡り歩いてきた
矢口新先生の、実務経験に裏打ちされた
相場の極意、エッセンスを一冊に詰め込みました!

矢口先生の提唱する「相場における必勝の型」がわかりますよ。

もちろん、読むだけではだめです(笑)

是非、実践で活かすように心がけてください!

詳細はこちら

http://fx-school.net/lp/books/yaguchi01//

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.