限界値を決めずにやり続ける。

From:矢口新
自宅の書斎から

 
トレードが上手くなるコツはありますか?

 
これは個人トレーダーの方から
良く聞かれる質問のうちの1つです。

 
上達するために必要なコト、それは
限界値を決めずにやりつづける、
ということだと思っています。

 
私は、講義の中でトレーダーをスポーツ選手に
例えることがあります。
投資のプロとしてスポーツ選手の言葉を聞くと、
共感できることがとても多いからです。

 
つい先日拝見した、
ボクシングの世界チャンピオン村田選手の
言葉にも共感を覚えました。

 
——–
「自分の限界を決めるのは自分だと改めて思いました。
『体が大きい外国人には勝てない』
『そんなやり方で結果を出した人はいない』
『それは無理だろう』

といった『先入観』や『固定観念』『否定』から入ると、
限界値を自分で決めてしまい、本当の実力以上の結果が出せなくなるかもしれない。
越えられない壁を作り突破口を塞いでいるのは、
対戦相手ではなく自分なんですよね。
——–

 
そして、自分の限界を決めずに
成長し続けるためには、

 
——–
自信でしょうね。自信を持つためには、ある程度の結果が必要。
結果を出すためには、日々の地道な練習にどう向き合うかということが大事です。
——–

 
ということをインタビューで答えていました。

 
ちなみに、インタビュー自体はチャンピオンになる直前に
収録されているようですから、
世界戦の勝敗に関係なく日頃から
こう考えているということでしょう。

 
私も、トレードを上達させるためには、
出来るだけ多くの価格の動きをみて、
実際に、売買することが重要だと思っています。

 
それには、少額で1分足での売買が、
トレーニングとして最適です。

 
1時間で60本の足をみることができますから、
時間足、あるいは日足でトレードする場合と比較すると、
いかに多くの経験が積めるかお分かり頂けるでしょう。

 
そして、少額でも実践トレードの方が、
経験値が上がると思います。
少ない金額とはいえ、自分自身の資金を投じているので、
自ずと真剣にトレードをするようになるからです。

 
知識を学ぶことも重要なのですが、
実際に手を動かして習得できるモノこそが本物です。

 
数多くの失敗を重ね、改善方法を自ら考えて、
試行錯誤のすえに伸びて行くものです。

 
そうして得た結果、そして自信は、本物ですから、
大きな金額を扱った時に、必ず活きてくるはずなのです。

 
結局は地道にやり続けるしかない、
ということですね(笑)

 
今日からまた頑張りましょう。
 
 
– 矢口新

 
 
<編集部のおすすめ>

トッププロとして、
技術を磨きつつけてきた矢口先生が、

相場の最前線で得た経験から
導き出したトレード理論とは?

 
東京市場、ニューヨーク、ロンドン市場で、
プロのディーラーとして活躍し、

相場の表と裏を知り尽くす
投資の達人 矢口新先生の、

『トレード理論の秘密』

詳細はこちらから

https://fx-school.net/lp/tpa_special//

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.