ブログ

限界値を決めずにやり続ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新
自宅の書斎から

 
トレードが上手くなるコツはありますか?

 
これは個人トレーダーの方から
良く聞かれる質問のうちの1つです。

 
上達するために必要なコト、それは
限界値を決めずにやりつづける、
ということだと思っています。

 
私は、講義の中でトレーダーをスポーツ選手に
例えることがあります。
投資のプロとしてスポーツ選手の言葉を聞くと、
共感できることがとても多いからです。

 
つい先日拝見した、
ボクシングの世界チャンピオン村田選手の
言葉にも共感を覚えました。

 
——–
「自分の限界を決めるのは自分だと改めて思いました。
『体が大きい外国人には勝てない』
『そんなやり方で結果を出した人はいない』
『それは無理だろう』

といった『先入観』や『固定観念』『否定』から入ると、
限界値を自分で決めてしまい、本当の実力以上の結果が出せなくなるかもしれない。
越えられない壁を作り突破口を塞いでいるのは、
対戦相手ではなく自分なんですよね。
——–

 
そして、自分の限界を決めずに
成長し続けるためには、

 
——–
自信でしょうね。自信を持つためには、ある程度の結果が必要。
結果を出すためには、日々の地道な練習にどう向き合うかということが大事です。
——–

 
ということをインタビューで答えていました。

 
ちなみに、インタビュー自体はチャンピオンになる直前に
収録されているようですから、
世界戦の勝敗に関係なく日頃から
こう考えているということでしょう。

 
私も、トレードを上達させるためには、
出来るだけ多くの価格の動きをみて、
実際に、売買することが重要だと思っています。

 
それには、少額で1分足での売買が、
トレーニングとして最適です。

 
1時間で60本の足をみることができますから、
時間足、あるいは日足でトレードする場合と比較すると、
いかに多くの経験が積めるかお分かり頂けるでしょう。

 
そして、少額でも実践トレードの方が、
経験値が上がると思います。
少ない金額とはいえ、自分自身の資金を投じているので、
自ずと真剣にトレードをするようになるからです。

 
知識を学ぶことも重要なのですが、
実際に手を動かして習得できるモノこそが本物です。

 
数多くの失敗を重ね、改善方法を自ら考えて、
試行錯誤のすえに伸びて行くものです。

 
そうして得た結果、そして自信は、本物ですから、
大きな金額を扱った時に、必ず活きてくるはずなのです。

 
結局は地道にやり続けるしかない、
ということですね(笑)

 
今日からまた頑張りましょう。
 
 
– 矢口新

 
 
<編集部のおすすめ>

トッププロとして、
技術を磨きつつけてきた矢口先生が、

相場の最前線で得た経験から
導き出したトレード理論とは?

 
東京市場、ニューヨーク、ロンドン市場で、
プロのディーラーとして活躍し、

相場の表と裏を知り尽くす
投資の達人 矢口新先生の、

『トレード理論の秘密』

詳細はこちらから

https://fx-school.net/lp/tpa_special//

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA