「見返り美人」と仮想通貨

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のデスクより

 
 
相場で売買取引する際、
注意すべきは流動性である
というのは基礎知識の範囲です。


※切手「見返り美人」・・・後ほどお話に登場します!

 
流動性とは、
市場で取引されている絶対的な数量
などと言われますが、

要するに、
その市場には、十分な参加者が存在していて、
十分な参加者がいれば、
売りたい参加者と、買いたい参加者も多く、

言い換えれば、売りたい時に売ることができ、
買いたいときに買える環境がそこにある…
ということになります。

 
つまり一般的には、

流動性が高い市場取引の方がより確実で、
流動性が低い市場はその分危険ということになり、
取り組む際の流動性は高い方が良い

というのが基礎知識です。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

2018年の1月も概ね半分が過ぎました。
戌年の本年は、相場付きが良い
という格言もあるようですが、

相変わらず為替(FX)の方は方向感もなく、
私としては、株式相場を横目に、
しらけ気味な新年となっています。

 

流動性の有無≒ギャンブル性の有無

以前のブログでも、
流動性が低い相場こそがギャンブルである
という旨の記事を書かせていただきましたが、

流動性が低いと何が問題か? 

と言えば、
一番に、決済の見積もりが立たない点を
指摘した記憶があります。

 
決済取引は、それが利益確定でも損失確定でも、
含み損益を確定する重要な取引ですが、

例えば売り決済が必要な状況の時、
売りたい時に実勢価格で売れないとすると、

せっかくの含み益も
大きく減った価格でしか確定できなかったり、
利益にならない価格でしか売れなかったり、
という不利益が生じます。

含み益はあくまで含み益であり、
最新の取引で付いた価格を元に計算された
あくまで見込みの収益なのです。

 

ビットコインの危険性

相場経験者であれば、
流動性の大切さは、それこそ幾度も痛感している
と思いますが、

流動性が高い市場で取引することが
相場投資の常識とされる中で、

いま流行りの仮想通貨であるビットコインは、
公然と発行数が限定されており、

つまり、流動性に限界がある危険な取引
であることが最初から判っています。

 
 
随分と昔の話になりますが、
記念切手収集が流行った時代がありました。

「見返り美人」や「月に雁」といった
額面は数円の古い切手が、
ブームということも手伝って
数万円で取引されていた記憶があります。


※切手「月に雁」・・・今で言えばレアカードでしょうか!
 ヤフオクの価格には愕然とします…

 
このような現象は、
増やそうにも増やせない昔の切手
という希少価値こそが高騰の要因になっていて、
流動性の観点からは真逆の取引です。

ですから、
ブームが去って買い手がいなくなると、
あっという間に下落してしまうのも
当然と言えば当然なことではあります。

 
今のビットコインも正に、
限定された流動性が希少価値を生んで高騰している状況
だと思います。

ですから、ビットコインも記念切手のように、
持っているだけで満たされる一種の美術品として
捉えるのであれば、それはそれでアリですが、

仮想通貨ということもあり、日々手元で眺めるモノもありません。

万が一でも仮想通貨取引を、
決済を前提とした投資として捉えるとするなら、

実は最もやってはいけない
流動性が極めて低いマーケットに手を出している
という認識だけは、
少なくとも持っておいた方が良いでしょう。

 
 
浅野敏郎

<<<編集部よりおすすめ>>>

【出版応援キャンペーン中!!】
矢口新先生、30年の集大成が、ついに形になりました。

普通の人が普通に相場で収益を上げるために、

世界の3大市場で活躍した
プロ中のプロが行きついた答えがここにあります。

・矢口先生から体系的な知識を学びたい
・最も効率的に収益を上げるノウハウを身に付けたい
・収益拡大のコツが知りたい
・シンプルなリスク管理方法を知りたい
・矢口先生を応援したい

と思った方は、ぜひこちらの詳細ページをご覧ください。

詳細ページはこちら

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

 

最近の投稿



2 thoughts on “「見返り美人」と仮想通貨

  1. 乾坤一擲

    記念切手、昔父が集めてたよね(・´з`・)
    記念切手が出るたびに買いに行ってたっけ
    ビットコインもあんな柄があったら楽しいのだろうけどガンダムシリーズとかさ
    (下がってもう許せる?)
    ビットコインよくわからないや。。。
    その昔、セカンドライフって世界にリンデンドルというものがあったらしいが、
    あれとは違うものなのだろうか?
    ネット上の架空の土地や建物の価格が上がったり、、、間に下火になって、
    あの時も参加もせずに横で見てたなぁ( 一一)

    返信
    1. 浅野敏郎浅野敏郎 投稿作成者

      乾坤一擲さま、

      コメント有難うございます。

      何を隠そう、私は中学1~2年生まで、記念切手を買ってました。
      最後の方は相当、下火になっていましたが、
      それでも、デパートの趣味コーナーでは、
      コインや古銭などと一緒に、並んでいました。

      さすがに、ブログで紹介したレアモノ2点は、
      持ち合わせていませんが、結構、シート買いしたりして。

      額面で売っても、そこそこの使い勝手はまだ残っています。
      いざとなれば、ハガキに貼って決済してやるう~~。

      ということで、
      仮想通貨・・・名前は通貨ですが、
      裏書保証がない空想の国の国債インデックスみたいなもの。

      とにかく、含み益でいくら値上がりしていても、
      決済するものがないので、
      買い手がいるうちに、相手の買い資産で決済するしかありません。

      悲しい話ですが、最後のババをつかまないことですかね。

      実はFXもその昔、
      こうしたビジネスモデルで起業する諸悪が俳諧し、
      集めた証拠金を根こそぎ奪いさる、という会社が後を絶ちませんでした。

      時代はこんなところまで繰り返すのか・・・と
      半ば驚いていますが、そもそもの原因は、
      金融犯罪の罰が軽すぎますね。

      また、コメントをお待ちしています。

      浅野

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.