ブログ

思い込みは禁物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新
自宅の書斎から

 
相場で心がけてほしいこと、
それは「思い込みは禁物」ということです。

 
「見越し売買、堅く戒む」
という格言もあるのですが

 
「相場で勝利を得るには、方向が確認されてから動け、
思い付きや思い込みによって売り買いしてはならない」

 
という先人の教えです。

 
投資をしたことがある人は
誰しもが経験していると思いますが、

 
「上がると思ったら下がった、
下がると思って売ったら上がった」
ということがあるかと思います。

 
こういった思い込みや思い付きで
売買することは投資で勝つためには
ご法度ということです。

 
あなたも利用していると思いますが、
売り買いの指示を出すテクニカル指標はどれも、
価格の「方向確認」ができるように
工夫を凝らしています。

 
価格は波動を伴って動きますが、
どこが波の頂点でどこが底なのかを見極めるのは
大変難しいことだからです。

 
したがってそういったテクニカル指標では、
天井と底の何割かは捨て去って、
方向確認の後に「実」の部分だけを利益として
取ろうとするものが多いのです。

 
とてもシンプルに聞こえるかもしれませんが、
相場で実践するとなるとこれがなかなか厄介なのです。

 
たとえば、
移動平均線などの指標は、
データを取る期間を短くしたり、
より直近の価格に大きなウェイトを
置いたりするような操作をすれば、
価格変動により敏感になります。

 
そうすると、結果として
さほど大きくない価格の揺れにも
方向転換の指示を出してしまいます。

 
この指示通りに売買すると、
恐ろしいことに、往復ビンタを食らうことも
かなり多くあります。

 
逆に、期間を長くとると
価格が反転してしばらくしても
まだ指示を出さないということが起こります。

 
やっと指示が出た時には、
「実」の部分がほとんど残っていなくて、
間もなく再反転してしまう場合も多いのです。

 
しかも、反転の指示が遅れることで、
損切りのタイミングを逃すことにもなります。

 
一方で、一目均衡表のように完成されていて、
基本的には各自が勝手に変更を加えることができない指標は、
それを信じるか信じないかが問われることになります。
テクニカル指標に込められている作者の思惑を信じるのかどうか
という話しになりますね。

 
これは、テクニカル指標にとっての永遠のテーマですが、
すべての相場の参加者のテーマということにもなるのです。

 
「方向が確認されてから動け」などと言われても、
どう確認すればよいのか、実は誰にもわかりません。

 
ですが、ご自身で実践しながら、
これは、と感じたモノをベースに
合理的なトレードを心がけることが大切です。

 
変に思いこまずに、
可能な限り客観的、合理的なトレードを実践し続けることで、
自然と収益も上がってくることでしょう。

 
共にがんばりましょう。

 
 
– 矢口新

 
 
<編集部のおすすめ>

東京市場、ニューヨーク、ロンドン市場で、
プロのディーラーとして活躍し、

行き着いた答えがここにあります。

相場の表と裏を知り尽くす
投資の達人 矢口新先生の、

『トレード理論の秘密』とは


こちらからご覧ください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA