思い込みは禁物

From:矢口新
自宅の書斎から

 
相場で心がけてほしいこと、
それは「思い込みは禁物」ということです。

 
「見越し売買、堅く戒む」
という格言もあるのですが

 
「相場で勝利を得るには、方向が確認されてから動け、
思い付きや思い込みによって売り買いしてはならない」

 
という先人の教えです。

 
投資をしたことがある人は
誰しもが経験していると思いますが、

 
「上がると思ったら下がった、
下がると思って売ったら上がった」
ということがあるかと思います。

 
こういった思い込みや思い付きで
売買することは投資で勝つためには
ご法度ということです。

 
あなたも利用していると思いますが、
売り買いの指示を出すテクニカル指標はどれも、
価格の「方向確認」ができるように
工夫を凝らしています。

 
価格は波動を伴って動きますが、
どこが波の頂点でどこが底なのかを見極めるのは
大変難しいことだからです。

 
したがってそういったテクニカル指標では、
天井と底の何割かは捨て去って、
方向確認の後に「実」の部分だけを利益として
取ろうとするものが多いのです。

 
とてもシンプルに聞こえるかもしれませんが、
相場で実践するとなるとこれがなかなか厄介なのです。

 
たとえば、
移動平均線などの指標は、
データを取る期間を短くしたり、
より直近の価格に大きなウェイトを
置いたりするような操作をすれば、
価格変動により敏感になります。

 
そうすると、結果として
さほど大きくない価格の揺れにも
方向転換の指示を出してしまいます。

 
この指示通りに売買すると、
恐ろしいことに、往復ビンタを食らうことも
かなり多くあります。

 
逆に、期間を長くとると
価格が反転してしばらくしても
まだ指示を出さないということが起こります。

 
やっと指示が出た時には、
「実」の部分がほとんど残っていなくて、
間もなく再反転してしまう場合も多いのです。

 
しかも、反転の指示が遅れることで、
損切りのタイミングを逃すことにもなります。

 
一方で、一目均衡表のように完成されていて、
基本的には各自が勝手に変更を加えることができない指標は、
それを信じるか信じないかが問われることになります。
テクニカル指標に込められている作者の思惑を信じるのかどうか
という話しになりますね。

 
これは、テクニカル指標にとっての永遠のテーマですが、
すべての相場の参加者のテーマということにもなるのです。

 
「方向が確認されてから動け」などと言われても、
どう確認すればよいのか、実は誰にもわかりません。

 
ですが、ご自身で実践しながら、
これは、と感じたモノをベースに
合理的なトレードを心がけることが大切です。

 
変に思いこまずに、
可能な限り客観的、合理的なトレードを実践し続けることで、
自然と収益も上がってくることでしょう。

 
共にがんばりましょう。

 
 
– 矢口新

 
 
<編集部のおすすめ>

東京市場、ニューヨーク、ロンドン市場で、
プロのディーラーとして活躍し、

行き着いた答えがここにあります。

相場の表と裏を知り尽くす
投資の達人 矢口新先生の、

『トレード理論の秘密』とは


こちらからご覧ください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.