小次郎講師のブログ

何が起こるかわからない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:小次郎講師
自宅のデスクから

 
ビットコインなどの
急騰、急落が話題になっているかとおもったら、
取引所から不正流出するなど、

 
仮想通貨の話題には事欠きませんね。

 
また、くりっく株365でも証拠金が大幅に
引き上げられるようですし、

 
FXのレバレッジも現在の25倍から変わるだろうと
言われています。

 
相場の未来は読めないとはよく言われますが、
本当に何が起こるかわからないですよね。

 
ですので、
転ばぬ先の杖、リスク管理を怠らないで
頂きたいと思います。

 
資金管理について、
おさらいをしておきましょう。

 
そもそも資金管理とは何か?
ということですが、

 
シンプルにいえば、
「いったい、いくらまで買っていいのか(使っていいのか)」
ということですね。

 
・1回のトレード当たりの適切なリスクを知ったうえで
・最大取引量を決める

 
これに沿って、
トレードルールを作ることです。

 
自分の適切なリスク計算をしていくために、
最初に決めるべきこと、

 
それは
「投資用資金はいくらなのか?」
ということです。

 
必ず守っていただきたいのが、
「無くなっても生活に影響が出ないお金」を
投資用資金にしていただきたいということです。

 
売用のお金、教育資金、これから使う予定のあるお金など
使うのが1年先、2年先で貯めてあるお金だとしても
不思議なことに、それを使うとほとんど場合は失敗してしまいます。

 
このことを聞くと、
「私にはほとんどお金がない・・・」と
思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 
「生きる伝説のトレーダー」リチャード・デニスの
投資用資金は、たったの4万円から
スタートしたのですから、大丈夫です。

 
重要なのは、
金額の大小ではなく、
無くなってもいいお金を投資用資金に回すことです。

 
絶対にNGなことは、

・将来のお金を使う。
・借金して投資をする。

 
こういった資金の場合、精神的にも余裕がなくなってしまい、
売買において適切な判断が出来なくなってしまいます。

 
まずは、
小額でも構いませんので、
ご自身の投資用資金を明確にしてみてくださいね^^

 
そういえば、
先の、仮想通貨の流出騒動のニュースでは、
手元の200万円を数億円にした、
という方がいらっしゃいました。

 
そういうニュースを知ると
大変魅力的だと思う反面、
リスクもあると感じてしまいますね。

 
投資はあなた自身の判断で実行するモノですから、
リスクを想定したうえで検討してくださいね。

 
投資は余裕資金でやる、
これだけは忘れないでください。

 
 

小次郎講師

<編集部のおすすめ>

乱降下する相場の動きに右往左往すると、
思わぬ損失を出してしまいます。

荒れ狂う相場で生き残るためには、
万全の備えが必要です。

資金効率を上げて利益を最大化させながら、
安定して稼ぐ術を身に付けるのが
小次郎講師流『資金管理マスタープログラム』

こちらから詳細を確認してください。

こちらをクリックしてください

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

https://toushi-gp.jp/line

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA