マーケットに住む魔物

From:ニコラス・グールド
都内のトレーディングルームより、、、

 
東京はまだ寒さが残るものの、
先週までマイナスの気温を記録した日々
に比べると、だいぶ過ごしやくなりました。
それでもまだ寒いですね。

 
さて、
今週のマーケットでは
みなさんNYダウの暴落に驚いたと思います。

 
今週月曜から2000ドルもの下落をしており、
世界の株式マーケットも軒並み下落しました。

 
これほどの急落ならば、
長期でポジションを持つトレーダーは
ポジションの一部決済しているでしょうし、

 
これまでの穏やかなマーケットでは
無理に参加せずに
チャンスを待っていたトレーダーは

 
ここぞとばかりに自らの手法を用いて
盛んにトレードをしていることでしょう。

 
その中には
ボラティリティの大きいマーケットを
得意としてないにもかかわらず、

 
激しい値動きに魅かれ、
ついついエントリーしがちな
トレーダーもいるでしょう。

 
先月のブログでも書いていましたが、
いま最も守るべき大切なことですので、
もう一度、ここで書かせて頂きますと

 
激しいボラティリティのマーケットに
直面したならば、

 
いつも以上に

 
・トレードプラン
・メンタルコントロール

 
に注意を払うべきなのです。

 
とくに
トレードプランのうち
一番大切なものとして

 
資金管理があります。

 
通常と同じポジションサイズや

 
通常のマーケットと
同じエントリー、エグジットの値幅では、

 
より良い結果や
平常なメンタルを
保つことが難しくなります。

 
値動きがある、
ボラティリティがある、

 
と言うことは、トレーダーにとって
チャンスが多くなることでもあり、

 
非常にエキサイティングな気分にも
させられるのですが、

 
マーケットに魔物が住む、

 
と言われているのは、

 
今のような上にも下にも
値動きの激しいマーケットで

 
損を取り返そうとリベンジトレードをしたり

 
強欲に負け大きな不用意に大きなポジションを
持ってしまったりするからなのです。

 
今のマーケットは
数年に一度の
ボラティリティの大きい状況ですので、

 
慎重で計画的なトレードを心掛けてください。

 
それでは、また!
 
-ニコラス・グールド

 
<編集部のおすすめ>
 
特別企画が期間限定で緊急復活!
 
2月のNYダウの暴落、
そして日経平均株価の急落
 
下落は今後も続くのか、さらに勢いを増すのか
あるいは、まさかの急騰が待ち構えているのか。
 
買いでも、売りでも、そして値動きなしでも、
利益を上げられるようになる
日経225先物オプション取引の集中プログラム
こちらからご確認ください。
*URL134*

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@のご登録はこちら

最近の投稿

  • プロセスにフォーカス
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 皆さんご存知だと思いますが、 アメリカのメジャーリーグベースボールでは
  • トレード回数、多くありませんか?
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 今週の東京は暖かい気候で、 今の季節は本当に過ごしやすいですね。 気
  • チャンスはいつでもある
    From:ニコラス・グールド 都内のトレーディングルームより、、、 あなたはトレードで勝率を気にしていますか? よく勝率を気にしすぎるあま


コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.