相場の本質とは?

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
相場では状況によって大小ありますが、
常に上げ下げを繰り返しています。

 
そして相場は、
永遠に上がり続ける相場も、
逆に下がり続ける相場もありません。

 
また、まさに今の日本市場がそうなのですが、
短期的な視点で見ると下落トレンド、
長期的には上昇トレンドが続いています。

 
このように、
相場を正しく読み解くためには
細かい知識ではなく、

 
相場の本質を読み解くことこそが
何よりも大切なことです。

 
「本質」という言葉を調べてみると、
物事の根本的な性質・要素。
そのものの、本来の姿。
という解説が出てきます。

 
相場で言えば、
なぜ、今株価は上がっているのか(下がっているのか)?
どこまで上がり続けそうか(下がり続けそうか)?

 
相場が動く根本的な原因を知る必要があるのです。

 
常にそのことを意識して
相場を見続けることで
目の前の値動きに惑わされずに
相場を読み解けるのです。

 
相場の本質がどこにあるか、
それを見抜くことを意識しながら、
この後の日本株の解説をご覧になってください!

 

日本株は政局不安で上値重くも小幅に続伸

 
shisei_man_good

 
12日(月)の日経平均は、
ナスダックの高値更新を受けて大幅上昇で始まり、
朝方に+501円高とする場面もありましたが、

 
またしても引けに掛けて値を下げ、
終値では+354円高に留まりました。

 
また商いも大きく落としており、
期待したギャップアップから一段高での高値引け、
しかも商い増を伴う強い日とはなりませんでした。

 
その後も上昇転換を決めるような強い形は見られず、
現時点で依然として下落トレンド判定を据え置きます。

 
中には下げて始まった日に少し反発して終えるなど、
強く見える日もありましたが、
全体に力強さに欠けます。

 
15日(木)は今年一番の薄商いの閑散で27円高に留まり、
一方翌16日は大きく商いを増加させて127円安となり、
依然として下落トレンドに支配されている様子です。

 
比較的健闘している業種は
水産・農林、電気・ガス、医薬、パルプ・紙、など
ディフェンシブ業種ばかりで、

 
一方、景気敏感なセクターは大きく下げており、
まだリスクオン姿勢に戻っていません。

 
相変わらず市場は森友学園問題に包まれ、
「アベグジット(アベノミクスの出口)」なる言葉や、
アベクロ相場(安倍首相と黒田日銀総裁)の終焉意識、

 
なども言われている始末で、
しばらく重い相場が続きそうな気配です。

 
こうしたことから日経平均PERは、
1700円を突破した予想EPSをよそに、
最低ラインの14倍を大幅に下回り
(ずっと14~16倍の間にありました)、

 
12倍台という破格の安値放置が
1ヶ月以上も続いています。
異常な状態が常態化してきています。

 
それでも、
相場を最終的に動かすのは企業業績や景気であり、
一株利益の15倍というのが
正しい株価位置となって収まるのです。

 
今は騒がれている危機の賞味期限が
切れるのを待つよりありません。

 
過去、この手の問題がいつまでも賞味され続け、
相場を潰したことなどなかったと思います。

 
ブレグジットやトランプ勝利ですら
相場を潰さなかったのであって、

 
その裏には好調な世界経済と
企業業績がしっかりとあったのです。
今もその構図に変わりありません。

 
これが、
今の相場状況を生み出している本質だと考えます。

 
目の前の値動きや
ネットニュースに翻弄されるのではなく、

 
その裏側にある「本質」を見抜く
力を身に付けていきましょう。

 
それでは本日も最後までお読みいただきまして、
ありがとうございました!

 
また来週お会いしましょう。

 

―戸松信博

 

<編集部からのご案内>
投資未経験者、投資初心者向けの
少人数制勉強会を開催!!

投資の学校の有料講義を教材に使いながら、
あなたがこれから投資を本格的に勉強していくうえで必須の
3つのポイントに絞ってお伝えしていきます。

ただし、残席が少なくなってきていますので、
少しでも興味のある方は、すぐに下記ページから
詳細をご確認ください。
詳細を今すぐチェックする

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



One thought on “相場の本質とは?

  1. モモ

    ブログのお言葉に、力をいただきました。いただいている、無料の講演を急いで勉強します。ありがとうございます。

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.