悪材料が続出した米国市場

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
先週は重要経済指標の一つである、
FOMCが開かれました。

 
そのため、
先々週末時点では
FOMCが先週の相場見通しの重要ポイントだと
考えておりました。

 
しかし、
実際はFOMCではなく、
全く想定していなかった
様々な悪材料が次々と発生し、

 
先週の米相場は
それら悪材料によって
世界同時株安の様相を強める結果となりました。

 
あらためて、
相場は何が起こるか分からない世界であると
痛感したのではないでしょうか。

 
そこで今日は、
先週の米相場の大幅安について
解説していきたいと思います。

 

悪材料多発で下値模索が続く

 
shisei_man_good

 
上図は、
世界7大IT銘柄の騰落率を表した図です。

 
週間の主要銘柄の下落率は、
フェイスブック(FB)の13.9%を筆頭に、
7~10%の銘柄も多く、ひどい下がり様となりました。

 
エヌビディア(NVDA)を除く7社は、
世界時価総額のトップ10でもあり、
市場への影響は絶大です。

 
そのほか銀行株が大幅に下げ、
半導体株指数も週間としては記録的な下落でした。

 
一方、あれほど騒がれていた長期金利は
2週続けて低下していますが、
それでも相場の下落は止まりません。

 
イラン制裁への懸念から石油価格が急騰し、
また安全資産の逃避があったのか、
金価格が大きく上昇しました。

 
フェイスブック問題を機に
香港上場のテンセント(00700)の
株式についても動きがありました。

 
同社には、
南アフリカのナスパーズという
メディア企業が上場3年前の2001年より投資し、

 
33%を超える最大株主でしたが、
株価5,000倍以上となったここで
初めて2%相当分の同社株を売却しました。

 
引き続き31%を超える保有分は継続するものの、
ネット株の一つの転機と見た可能性もあります。

 
米国に上場するテンセントのADR株式は、
このニュースで木曜に11%超も下落しました。
香港でのテンセント株は金曜に4.4%安で終えました。

 
ただ、年初来で見れば、
アマゾン、エヌビディアを除き、
他の主要株は年初来プラス・マイナスの
ボーダーライン上にあります。

 
S&P500も200日線近くにあり、
ここを守れるかどうかが重要です。

 
長期にはフェイスブック問題も関税問題も、
相場の崩壊要因にはならないと思います。

 
日米貿易摩擦をはじめ、
過去もそのような事はなく、相場崩壊は
必ず経済のリセッション入りによって
のみ引き起こされます。

 
先週出た米耐久財受注は
8か月間で最も強い数字であり、
企業業績や経済のリセッション入りを
感じさせるものは全く見当たりません。

 
しかしながら、
これほどトランプ発の
ノイズが次から次へと出続けると、

 
懸念ばかり先行して
調整が予想以上に長引く恐れはあります。

 
懸念は相場心理に直結し、
企業業績や経済指標に目を向けさせなくなります。

 
先週も耐久財受注に注目した人は僅か、
一方、米中貿易戦争をイメージし、
懸念を膨らませた人は多数おり、
重い相場が続きそうです。

 
トランプ当選後から今年1月まで続いた、
過去最長級の上昇トレンドの反動と
考えて耐えるよりなさそうです。

 

これだけの悪材料が重なるのは
稀なことではありますが、
相場では想定外のことが
起きることは珍しくはありません。

 
だからこそ、
実際に相場で何が起きているのか、
その要因は何か、ということを

 
自分で判断できることが
投資家として大切なことであると
私は思います。

 
引き続き、
日本国内はもちろん、
米国の動向もしっかりと
チェックしていきましょう。

 
それでは、
また来週お会いしましょう!

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

すべての投資家が
必ず身に付けなければならない
『相場の教養』を知っていますか?

一流のプロが
相場のどこに注目し、
何を基準に銘柄を選んでいるのか…

それを紐解くためのカギとなる
『相場の教養』のすべてを
戸松先生が無料で公開します。

今すぐ無料で手に入れる

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



2 thoughts on “悪材料が続出した米国市場

  1. 信博戸松信博戸松 投稿作成者

    Enjoy Race  様

    いつもブログをお読みいただきありがとうございます!
    目先の値動き、直近の相場変動に右往左往しないためには
    チェックすべき指標をしっかりと確認することで解決できます。
    今後もブログでお話していきますので、今後も楽しみにしていてください!
    引き続きよろしくお願いします^^

    返信
  2. Enjoy Race

    戸松先生、毎回のブログを楽しみに拝見しています。
    2月の暴落直後、桜の咲く頃には、日経平均24,000円を上抜いているという見通しでしたが、さすがの戸松先生も米大統領の米中貿易摩擦リスクまでは見抜けなかったようですね。(見抜けていたら投資家でなく違う職業やっていそう)
    それにしても先週末から今日までは、なんと荒い値動きでしょう。米中間選挙まで調整が続いたらどうしようと最近思っています。政治の世界は、一寸先は闇。それに影響される相場も同様。去年の北朝鮮リスクに続き一難去ってまた一難。景気良いのに残念な相場展開です。

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.