矢口新のブログ

経験した人だけが得られるモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From:矢口新
自宅のデスクから

 
先週7日(土)は、
投資の学校で月に一度定例で開催している
対面セミナーがありました。

 
ほとんどの参加者が、
1年以上、毎月参加してくれている方ですので
とても和やかな雰囲気のセミナーです。

 
特に最近は、
これまで継続して参加してくれている方々が
目に見えて成長していることが、

 
投資教育をさせてもらっている身として、
とても嬉しく思います。

 
やはり、
着実に力を付けている方というのは
間違いなく自分で実際に売買をしている人たちです。

 
これは、FX、株に関係なく、
また、知識量や資金量などでもなく

 
少額でも学んだことを
実際に自分でやってみて
その経験からまた学び、また実践するといったことを
繰り返しやっている方なのです。

 
実際に、彼らが
普段どのような生活をしていて
とれだけトレードをしているかは
詳細には分かりませんが、

 
対面セミナーに来た時の
彼らからの質問内容が、

 
実際に自分の資金を使って
トレードしているからこそ出てくる
悩みや、苦労していることだと
私には分かります。

 
今日は、
私のセミナーを受講してくれている方から
ある質問を頂いたので、

 
このブログを読んでくれている皆さんにも
シェアをしたいと思います。

 
この質問をしてくれた方も、
質問内容を見る限り、
ご自身で試行錯誤しながらやられている方でしょう。

 
―――――――――――――――――――――――――――――――
Q:
「方向に逆らってエントリーしている場合は、利益確定を早めにする。
方向に沿ってエントリーしている場合は、
焦らずに利益を伸ばそうとしますが、
そこには裁量が入ってきます。」とお聞きしました。

この方向を判断するには、私の場合
・移動平均線、特に長い 13SMAの傾き
・上位5分足の方向を見る
で判断しています。

先生は方向に沿っているのか、
逆らっているのかの判断はどのようにされていますか?
また、適格な判断はどうすべきなのでしょうか?
―――――――――――――――――――――――――――――――

 
この質問に対する、
私の考えは以下のようなものです。

 
より大きな方向性を知るには、
「長い移動平均線の傾き」、「上位足」の
方向の2つで問題ないと思います。

 
加えて、プロのディーラーたちは、
常にポジションを手仕舞う時期を考えています。

 
例えば、一日買われてきたなら、
一日の終わりには売りが出るだろう。
週初から買われてきたなら、週末には売りが出るだろう。

 
大きな指標や発表前に買われてきたなら、
発表時間までのどこかで売りが出るだろう。
というようなことです。

 
このような場合に売りから入ると、
タイミングを間違えての損切はともかく、
利益確定はできるだけ引き延ばそうとします。

 
もっとも、相場では「的確な判断」かどうかは、
後にならないと分かりません。

 
すべては、 あくまで参考で、
思惑通りにいかない場合の対処方も考えておきます。

 

今後も、皆さんから頂いた質問の中で、
これは多くの方が悩んでいるだろう、

 
という内容については
ブログで私の考えをシェアしていきたいと思います。

 
ぜひ、学習されたことを活かして
ご自身で実際に売買を経験し、
そこから生まれた質問をお寄せください。

 

―矢口 新

 

<編集部からのおすすめ>

再現性抜群かつシンプルな
“矢口流・デイトレ売買ルール”

なぜ、矢口先生は
そこまで「シンプルな手法」にこだわるのか?

一体、矢口先生は
相場のどこを見ているのか?

その秘密を、無料で公開します!

今すぐ詳細を確認する

 

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA