23,000円を超えた日経平均の今後は?

From:戸松信博
自宅デスクより、、、

 
おはようございます。
戸松信博です。

 
昨日、日経平均株価がおよそ3か月半ぶりとなる
23,000円代を回復しました。

 
私は、23,000円代を超えてくると、
2月初めからの急落から立ち直ったと言えるでしょう。

 
ここからさらに高値を目指していけるか、
それとも一度調整が入るか、というところですので
これからの日経平均株価には注目していきましょう。

 
そこで今日は、
先週までの日本市場について振り返り、
昨日23,000円代まで回復した日経平均株価、
為替の見通しについてお話したいと思います。

 

110円台回復した円安を受け、日経平均は8週続伸

 
shisei_man_good

 
決算発表のピークを済ませ、
日本市場はやや出来高を落として
静かに推移しました。

 
日中の高値・安値の値幅も
80円~100円程度の日が多く、
盛り上がりに欠けるものの、

 
この週も172円高として着実に上昇し、
日経平均は8週続伸です。

 
海外に比べても安定感のある日本市場は、
1ドル=110円台を回復してきた
為替によるところが大きいと思います。

 
企業は後の上方修正を意識して
控え目に期初予想を立てており、
円安によってそのシナリオ通り、

 
今期も増収増益で着地する可能性が、
早くも高まってきました。

 
日経新聞社集計によると、
前期の金融を除く上場企業1,566社の
売上高は+7.9%増の557.5兆円でした。

 
金融を含めれば大体東証一部の時価総額に近くなり、
企業の買収価格はおよそ売上高くらいになることから、
現株価水準もリーズナブルと分かります。

 
増益が続くなら、
もっと株価も上がって行って良いでしょう。

 
そして今期の予想集計は、
売上+2.7%増の572.7兆円、
純利益▲2.1%減の28.8兆円となっています。

 
前期利益のこの時期の予想は
+9%増見通しでしたが、上方修正の連続で
最終的に+34.6%増の29.4兆円で着地しました。

 
今期も控えめながら、
売上はすでにプラス予想で出ており、
利益も前期ほどでないにせよ、
増益・最高益で着地すると思います。

 
なお利益率は過去最高で、
企業体質の改善が続いています。

 
もっとも、
昨日に23,000円代を超えてきましたので、
冒頭にもお話しましたように、

 
私はこれで2月初めからの
急落から立ち直ったかなと思います。

 
それでも、
今までにも何度もありましたが、
想定外の出来事で相場が動くこともあります。
 

そのことも頭の片隅に置いておきながら、
今後の相場見通しを考え、
売買の機会を伺っていただきたいと思います。

 
自分で相場の見通しを立てられることで、
精神的に余裕をもって相場に臨めるようになりますので、
ぜひ、相場を読み解く力を養ってまいりましょう。

 
それでは、
本日もありがとうございました。
今週も頑張っていきましょう!

 

―戸松信博

 

<編集部のおすすめ>

「勝てる投資家」が持っていて
「勝てない投資家」が持っていないもの。

それはズバリ、
相場の流れを読み解く力です。

では一体、
どうやってその力を身に付ければよいのか?

もしあなたが、
最短距離で相場の流れを読み解く力を身に付けたいのなら、
この無料講座をお試しください。

今すぐ無料で手に入れる

 
投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

LINE@の詳細をチェックする

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.