矢口新のブログ

プライバシーと監視カメラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

今や、人が集まる場所に監視カメラがあるのは、
珍しい事ではありません。

日本でも、新幹線や山手線に監視カメラが設置されていますし、
イギリスや中国では、いたるところに監視カメラがあるといわれています。

中国では、顔認識技術やその他のハイテクツールを活用し、
人気歌手のコンサート会場で、
指名手配中の容疑者を相次いで逮捕した―
という驚くべきニュースまで伝わっているのが現状です。

元来、「盗み見」や「盗み聞き」はタブーとされてきました。

ストーカーがターゲットの部屋に忍び込み、
隠しカメラや隠しマイクを設置したことが発覚し、
逮捕されるのは珍しくありません。

しかし、
今はこういう「忍び込んで何かをする」のを伴わない、
「盗み見」や「盗み聞き」もある時代です。

「エコー」というAmazonのスマートスピーカーがあります。

これはスピーカーに向かって声をかけるだけで、
音楽を再生したり、天気やニュースを読み上げてくれたり、
商品を注文したりなど、色々な機能がついている便利なものです。

アレクサというAIが搭載されているため、
こんな便利なことができるのですが……
その便利さがあだになることもありました。

「アレクサが知らない間に起動し、
夫婦の会話を録音し、
無作為に第三者に送信していた」
というニュースが、アメリカで起こっていたのです。

ここまでくると、
ご自身のプライバシーを守るためには、
「コンセントを抜く」という原始的な手段をとるのが一番でしょう。

しかし、
AIや周辺技術が進歩した場合、
これだけで自衛ができるかは、
はなはだ疑問です。

投資にも当てはまることですが、
最後は「自分の頭で考え、行動する」
ことが大事になってくるでしょう。

<編集部のおすすめ>

数多くの一般トレーダーを

常勝トレーダーへと育て上げてきた

矢口新先生のデイトレ手法のカギは、

 
「5本」と「13本」の

2つの移動平均線だけです。

 
たった2つの移動平均線を使い、

一体どのようにして、効率よく収益を上げる

デイトレ売買ルールを構築するのか?

 
その秘密は、
こちらの無料ビデオ講座で公開しています。

今すぐ無料ビデオを視聴する
 

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA