本日は7月6日と言えば…

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅のデスクより

 
 
本日も少し遅くなり、申し訳ございません。

さて、1日の日曜日から始まった7月は、
今日が今月初めての金曜日となり、
金融市場に対しては特に影響が強い
アメリカの雇用統計が発表されます。

一口に雇用統計と言っても、
発表される統計の切り口は複数あり、

数年前まではいわゆる
「非農業部門雇用者数増減(NFP)」と言って、
農業以外の雇用者数が
前月より、あるいは前年より、
何人増えたか減ったか、という数値が重要でした。

 
しかし、失業率が5%を切る状況が続き、
アメリカでは完全雇用状態だと言われる中、
次第にこの数値は問題にされなくなり、

概ねここ1年間は賃金の伸び率に、
注目が集まる傾向が続いているようですね。

予想は前年比で2.8%と、
予想インフレ率とも見合っており、
今のところは何を言われても、
米国の短期金利には
上昇圧力が継続していることになります。

 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

ワールドカップの決勝ラウンドに駒を進めた
我が日本代表でしたが、
正に指の隙間をすり抜けるように
そこまで手にしていたベスト8進出を逃しました。

しかし、それももう数日前の事で、
選手たちは既に帰国し、
今はそのコメント一言一言に注目しているわけですが、

それにしても、本当に残念でした…
今は、選手の方々に「お疲れ様」の一言を捧げたい
と思います。

 
 
アメリカ雇用統計の発表前日には、
その前哨戦とも言われている
民間団体発表によるADP雇用統計なるものが
発表されるのですが、

昨日のADP非農業部門雇用者数増減の結果は、
今年のワースト2と冴えなかったものの、
特にドルが売られることも無く推移しました。

政府発表の数値同様、市場の興味はもはや、
「NFPにはない…」のかも知れませんね。

いずれにしても、ADPの数値の傾向と
政府発表の数値の傾向とは、
一致しないことも多いですから、
今日は今日…と割り切った方が良いと思います。

 
 
さて、本日の7月6日に限っては、
重要なイベントがもう一つあります。

それは、米中貿易戦争の開戦日とも言うべき、
米国側の追加の関税措置の実施日でもあり、
昨日の株式市場はそれを嫌気したのか、
一時続落しました。

 
FOMCの議事録公開を過ぎた今現在の相場は、
すでに動意薄となっていることからも、
この水準前後の調整は一通り終了し、
本日の本番までは様子見といったところでしょうか。

 
 
米中の関係で言えば、

米国の株価市場は、
まだまだ底堅い動きを見せている一方で、

中国の株価市場は、
総崩れの様相を呈しています。

これを見る限り市場参加者は、
米中の貿易摩擦は中国に不利だ、
と言っているように見えますが、
実はその狭間で、
ユーロの影響を考えざるを得ません。

 
ユーロにおけるチャイナマネーの影響は
相当大きいことは周知の事実ですが、

実は最近の日本株においても、
ドル円との相関関係よりも、
ユーロ円の相関関係の方が強い気がします。

 
例えば、日本株が上昇する局面では、
確かにドル円も上昇している場面が多いのですが、
ユーロドルも一緒に上昇していることが最近特に多く、
言い換えれば
ユーロ円の上昇と連動していることになります。

そんなことからも、
世界的にはチャイナマネーが、ユーロを通じて暴れている
という印象がありますので、
本日のイベントではそういった目線で
相場を見てみようと思います。

 
 
浅野敏郎
 
—–<<<編集部よりおススメ>>>—–

Q:MT4って何ですか?

FX取引を中心に、世界中で恐らく一番多くの事業者が採用している、
信頼ある取引システムの名称です。

 
Q:MT4がなぜ、人気があるのですか?

チャートシステムに特長があり、オリジナルな便利機能を搭載して
自分仕様のチャートに仕上げることができます。

 
Q:便利な機能は、自作してMT4に搭載する必要があるのですか?

既に搭載されている機能を自分なりにアレンジしたり、
MT4を提供する事業会社によっては、お客様の要望を
ツール開発して配布しているケースもあるようです。

 
Q:MT4を提供する事業者は海外事業者が多いようですが?

元々海外のシステムでもあり、海外系の事業者の取り扱いが
多いのは事実です。ただ、日本の事業者でもMT4に熱心な
会社はあり、オリジナル・ツール開発を積極的に行い、
自社顧客に配布している会社もあります。

 
Q:日本の事業者で、MT4に熱心な会社はどこですか?

FXTFのロゴでお馴染みの、FXトレード・フィナンシャル
もその一つです。
「ミニターミナル」と言って、オリジナルのMT4では
やや不便な「注文」方法を大幅に使いやすくしたツールを
自社で開発し、顧客に無料で配布しています。

 
Q:MT4を使いたいのですが、海外系か国内系かで悩んでいます。

先ず、日本国内の登録事業者であることが基本です。
海外系でも日本の登録事業者である会社も幾つかありますが、
日本のユーザー目線で迅速に対応できるのは国内系が有利です。

もしあなたが国内系のMT4提供事業者をお探しなら、
FXTFのサービス内容と比較してみるのも一手です。
詳細はこちらのページに掲載されていますので、確認されると
良いでしょう。⇒FXTFのMT4サービスについて

 
<<<投資の学校・LINE@登録募集中!>>>

LINE@限定の特別なお知らせを無料で受け取れます。
ご登録はこちらの説明をよく読んでから!!
↓↓↓
https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



3 thoughts on “本日は7月6日と言えば…

  1. 浅野敏郎浅野敏郎 投稿作成者

    乾坤一擲さま、

    コメント有難うございます。

    天気予報でも、とあるキャスターが
    「西と東では、天候が全く違うので、
    晴天の下から番組をお伝えしていると
    西側の方々には違和感があると思います。」
    と言っていたのを思い出します。

    警報や氾濫のニュースが目に入るにつけ、
    本当なんだな、と思う日々でしたが、
    身近な方に避難警報のお話が出るほど、事態は深刻なのですね。

    九州、中国、関西、東北、北海道と、種類は違えど天災が続く中、
    関東の沈黙はかえって不気味に思えてきます。

    何も無いに越したことはありませんが、
    訪日外国人が巻き込まれないよう、
    何かが起こるのであればせめて、
    2020年のオリンピック以降であれば・・・
    と祈りたいところです。

    雇用統計、本来はもっと奥が深いようですが、
    今は前月比でどうだったかだけを、
    売買シグナル的に用いられる傾向が強く、
    刹那的な売買が主流に見えますね。

    ビュンと動くところを捉えられれば参入価値もありますが、
    クリックしても成立することなど基本的には絶望的で、
    大抵は成立したところが、当面の天底というオチが関の山
    では無いでしょうか。

    直後の乱高下は少なくとも、見送りが賢明かも知れませんね。

    またのコメントをお待ちしています。

    浅野敏郎

    返信
    1. 浅野敏郎浅野敏郎 投稿作成者

      豪雨の被害が拡大、深刻化し、
      私のコメントが不適切にもなりかねないため、
      一部を削除いたしました。

      この状況をどうにか乗り切ってくださいますよう
      祈念いたしております。
      そして、被害に遭われた方々におかれましては、
      心よりお見舞い申し上げます。

      浅野敏郎

      返信
  2. 乾坤一擲

    お早うございます!(^^)!
    といいつつ、ここ2日位続く記録的大雨にモチベ続落です。
    昨晩は何度か避難警報が鳴って(解除の時はアラームいらんとおもふ)
    不眠気味。

    ( ..)φメモメモ
    世間を騒がす雇用統計はこのような側面を見るのが大切なのですねw
    毎月、びゅんとドルが大きく動くのを感心してみていますが、
    判断基準になる数値って大事ですね(゜_゜)

    返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.