小次郎講師のブログ

続・日中貿易戦争

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

いかがお過ごしでしょうか。
小次郎講師です。

今は「お盆」なので、
お休みを満喫されていらっしゃる方も多いでしょう。

私は仕事が目白押しですが、
体調管理に気を付けながら、
頑張っていきます!

相場は相変わらず目が離せない状況が続いているようです。
以前、米中貿易戦争のお話をしましたが、
その続きを今日は解説いたします。

米中貿易戦争には続きがあった

8月に入って、
アメリカと中国の間に何があったのか、
時系列で整理しておきましょう。

8月7日
米国は8月23日に追加関税第2弾発動決定
年間輸入額160億ドル(約1.8兆円)規模の中国製品に 追加関税を発動
半導体、鉄道車両、化学製品等(中国のハイテク製品 狙い撃ち)
8月8日
中国は8月23日に報復関税第2弾を発動決定
年間輸入額160億ドル規模のアメリカ製品に追加関税

アメリカが動けば、
中国も負けじと動く、という状況は、
今回も変わっていないようです。

チャートを見ても、

  • 中国の全体的な株安
  •  

  • 人民元安

が続いているのがくっきり出ています。

この貿易戦争がいつまで続き、
どれだけの影響を相場に及ぼすのかはわかりませんが、
これからの動向を注意深く見守っていきたいところです。

ロシアとも……

アメリカは、中国との貿易戦争をしている間に、ロシアともやりあっていました。
8月8日にロシアに対する経済制裁を決定し、今月22日から発動します。

今年3月に起こったこんな事件が起こったのを覚えていませんか?

ロシア人元二重スパイのセルゲイ・スクリパリ(Sergei Skripal)氏と
その娘のユリア・スクリパリ(Yulia Skripal)さんが、
英イングランドのソールズベリー(Salisbury)で、
軍用級神経剤「ノビチョク(Novichok)」、が原因で意識不明になった事件です。

アメリカはこの事件を
「国際法に反し、化学あるいは生物兵器を使用した」
暗殺未遂事件と認定し、経済制裁に踏み切りました。

色々なチャートをご覧になっている方なら、
うすうす感づいているかもしれませんが、
ロシアルーブル/米ドルのチャートを見てみると、やはり急落しています。

何で相場が動くのか、予想はつかないから……

8月の1週間の間だけでも、
これだけ目まぐるしく世界は動いています。

この先、何が起こるのかは誰にもわからないし、
それが相場にどう影響を及ぼすのか、
正確なところはわからないのです。

どれだけ予想をしたところで、
それがあっさり覆ってしまうこともあるでしょう。

そうだとしたら、
予想をするよりも、「状況の変化に対応できる力」を
磨く方が効果的なはずです。

色々なチャートを見比べるなど、
視野を広く持つことも、そのためには非常に役立ちます。

普段から、心掛けてみてくださいね。

<編集部のおすすめ>

  • 雑誌
  • 新聞
  • インターネット
  • チャート

……いろいろな情報を見比べるのはいいのですが、
忙しいと全部見るのも一苦労です。

優先順位をつけるためには、
「プロはに何に注目しているのか」
知るところから始めましょう。

月1回、プロが自ら
あなたに分かりやすく「今、注目すべきこと」をお届けします。

こちらからどうぞ

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA