資金管理はやっぱり大事

From 小次郎講師

自宅の書斎より……

こんにちは。
小次郎講師です。

私は投資の学校で手掛けていた
プロジェクトが終わりに近づき、
次のプロジェクトの準備を進めています。

詳しくはこのブログの
終わりにも紹介しますが、

「これこれ、こういうのが欲しかった!」
とおっしゃっていただけるはずですので、
期待してくださいね。

でも、その前に、
一つ思い出してほしいことがあります。

「いくら役に立つ情報があっても、
資金管理がおろそかでは、
投資に成功できない」

ということです。

せっかくですので、
ここで資金管理について、
再確認してみましょう。

資金管理とは

資金管理とは、

「破産しないという前提のもとに、
投資用資金を最大限有効活用し、
最大利益を追求するマネーマネージメント」

です。

「全部なくなってもいい金額で、
投資はやりましょう」
という話を聞いたことがあると思いますが、
これも、資金管理の考え方が反映されています。

投資に失敗して、
生活が傾いてしまっては、
やはりどうしようもありません。

また、いくら資金管理が大事といっても、
「具体的に何をするのか」がわからないと、
実行しようがないですよね。

そこで、「具体的に何をするのか」
も併せて説明します。

1.自分の投資用資金を把握する

先ほど、生活が傾いては……といいました。
投資は、なくなっても生活に影響がでない資金でやるのが基本です。

これをお読みの方の中には、お子さんの学費やビジネス用の貯金など、
ある程度まとまったお金をお持ちの方もいらっしゃるはずです。

そういうお金には手をつけてはいけません。
(借金はもっとダメです。)

2.取引銘柄の平均的値動きを知る
自分が取引したい銘柄の平均的値動きを知りましょう。
英語でATRと呼びますが、
これは、次の方法で計算します。

<TRを計算する>

  • (当日高値-前日終値)
  • (前日終値-当日安値)
  • (当日高値-当日安値)

以上の中で最大のものが一日の最大値動き(TR)であり、それが逆方向に出たとき、1
日の最大のリスクとなります。

このTRを用いて、ATRを計算する。
計算式は、ATR=(前日のATR×19+当日のTR×2)÷21

3.1回あたりの取引量を決める
ここまでやったら、最後は取引量を決めましょう。
基準となるのは、ご自身の投資用資金の1%を1日でリスクにさらす量です。
これを1ユニットと呼びます。
ユニットの計算式ですが、「投資用資金×0.01÷ATR」なので、ぜひ一度計算してみてください。

ここまできたら、取引する量が決められます。
初心者の方は5ユニットまでで押さえておきましょう。

役に立つ情報も生かすのは、
「基礎がちゃんとできているか」どうかに左右されます。
資金管理も含めて、「あれ?わからない」と思うことは、疑問を着実につぶしていってくださいね。

<編集部からのオススメ>
● 情報収集に時間をかけたくない
● 何から手を付けていいかわからない
● 投資の悩みを相談する人がいない

……そんな投資のお悩みを吹き飛ばす、
小次郎講師による全く新しいプロジェクトが、
ついに始まります。

今なら【初月月会費無料】です。

まずは1か月からお試しください。

◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

最近の投稿

  • パニックになってはいけない
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 桜も咲きだしまして、陽気も良くなってきましたね。
  • 新型肺炎は最大のチャンスを含んでいるかもしれません
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 以前、 ブログで新型ウィルスについてお書きしましたが、
  • 曲がり屋に向かえ!
    From:小次郎講師 自宅の書斎より…… おはようございます。 小次郎講師です。 タイトルにも書きましたが 今日は私の座右の銘につい


コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.