勝つために「禁止」薬物は必要?

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

こんにちは。
矢口新です。

8月も終わりに近づいていますが、
天気が相変わらず不安定ですね。

こういうときは、体調を崩しやすくなるので、
気を付けてお過ごしください。

さて、今年はとある大学のアメフト部や、
アジア大会に出ていたバスケットボールチームなど、
「スポーツをめぐるトラブル」が頻発しています。

そこで今日は、「スポーツをめぐるトラブル」の一つ、
ドーピング=禁止薬物の使用について考えてみました。

実はこれ、相場にも通じる話ですので。

結局、選手が振り回される

いうまでもないですが、禁止薬物を使ってまで、
いい成績を残そうとするのは、フェアではありません。

しかし、
「たまたま飲んだ薬に、禁止薬物に指定されている成分が入っていた」
ということもあり得ます。

女子テニスのマリア・シャラポワ選手も、
このような状況で1年間、競技大会に出られませんでした。
復帰はしたものの、
「ダーティーなヒール」扱いされているそうです。

日本選手だって、風邪薬を飲んだことで、
ドーピング検査で陽性を出してしまう例はあるでしょう。
こういう場合まで、フェアでないといっていいのでしょうか。

また、何が禁止薬物かは、その時々で変わります。
その変わる理由が恣意的なものであったら……振り回される選手が気の毒です。

勝つためには薬物が必要?

一方、アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、
スポーツ界にもその影響は及んでいるそうです。

3人制バスケットボールのプロリーグ「BIG3」は、
選手たちに痛みや炎症の緩和を目的に、カンナビジオールの使用を許可しました。

これは、大麻に含まれる化学物質を使った鎮痛剤で、
痛みを伝える神経に作用しないのが特徴です。

アメリカのプロスポーツ界の中では、
痛み止めとしてオピオイド鎮痛剤が幅広く利用されてきました。

しかし、(ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが)
オピオイド系鎮痛剤は痛みを伝える神経に作用することで痛みを止める薬です。

本来、厳重な取り扱いが求められる薬ですが、
アメリカでは管理が行き届いておらず、乱用が社会問題となりました。

米大統領府経済諮問委員会が、オピオイドが絡む薬物過剰摂取による影響は

  • 2015年に3万3,000人以上の米国人が死亡
  • 経済的損失は5040億ドル

と報告しています。
さらに、トランプ大統領はオピオイド中毒を国家的な危機に指定したため、
関係者に対する風当たりがさらに強まりました。

例として、

  • オピオイド製剤を販売している薬品会社の創業者を、医師への贈賄罪で訴追
  • ケンタッキー州は全米第2位の薬局チェーン、ウォルグリーンズを提訴

などがあげられます。

ちなみに、オピオイド製剤は日本では「医療用麻薬」に指定されているため、
特別な免許を持った医師・薬剤師・製薬会社にしか扱えません。

命を削ってでも勝とうとする?

さっき私は、ドーピングの判定に振り回される選手が気の毒、といいました。

しかし、「リスクは自分で負うもの」ということで、
ドーピング審査をやめてしまうと、命を削ってでも勝とうとする選手は出てくるはずです。

特に、プロスポーツ選手のように、「勝たなきゃ生活できない」人なら、
罰則を付けないと、薬物接種の誘惑に打ち勝つのは難しくなります。

それで収入が数倍にもなるなら、
多少健康を害しても……と考える選手がいても、おかしくありません。

ドーピングが大問題になった選手の例として、
自転車競技のランス・アームストロング選手を考えてみましょう。

彼は、精巣癌を発病し、一時は選手生命どころか生命も危ぶまれたものの、
その後復帰し、1999年から2005年にかけて、
ツールド・フランスを7連覇した名選手でした。

しかしその後、癌を発病する前からドーピングを
繰り返していたことが発覚し、自転車競技界から永久追放されます。

この辺りはご興味がある方は、本や映画やWeb記事をご覧ください。

私が問題にしたいのは、
「ドーピングをしなかった他の選手は、7年間、
一度もツールド・フランスで勝てていない」

という事実です。

7年の間に、どう頑張っても勝てない自分に嫌気がさし、
引退した選手はきっといたでしょう。

つまり、アームストロングのドーピング問題は、
自転車ロードレースをめぐるすべての人に、
(直接的・間接的な差はありますが)被害を与えたのです。

相場だって、同じ

ここまで延々とスポーツと薬物をめぐる話をしてきましたが、
実は相場にも同じことが当てはまるのです。

プロのディーラーの中にも、解雇や収益目標のストレスから
解放されたいという理由で、薬物に走る人はいました。

私がニューヨークに駐在していたときは、
ウォールストリートのはずれに薬物の売人がたむろしている場所もあったのです。

幸い、その時の私は日本本社からの駐在社員として
暮らしていたので、薬に頼るほどのストレスはありませんでした。

私が暮らしていたころ、多くのアメリカ人の夢は
「早く引退して、老後をのんびり過ごすこと」でした。
いわば、勝ち逃げです。

そのためには多少の無理もやむなし、という考え方が、
薬物に走るきっかけにもなったでしょう。

だからと言って、薬物に走るのはやはり反対です。
スポーツだって相場だって、ルールを守ってこそ、
多くの人から支持され、収入も増えるのですから。

<編集部のおすすめ>

このブログをご覧の方ならご存知かもしれませんが、
矢口先生は長年にわたり、
金融業界の第一線で活躍されてきました。

実は、活躍できた理由は、
「合理的なやり方をとことん突き詰める」
スタンスにもあったようです。

矢口先生流の「合理的なやり方」、
あなたも始めてみませんか?

こちらからご覧ください

 
◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


2 thoughts on “勝つために「禁止」薬物は必要?

  1. もふもふ

    たくさんのことを勉強させてもらって、わくわくしている今日このごろです。

    返信
    1. 矢口新矢口新 投稿作成者

      もふもふ様

      コメント、ありがとうございます。
      「わくわくしている」とのこと、嬉しいです。

      引き続きよろしくお願いいたします。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.