年利60%のARS投資とは!

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From 自宅の寝室より

 
 
先日、と言ってもかれこれ1か月前にもなりますが、
トルコリラが急落し、日本でもかなりの話題になりました。

早や耳の皆さんなら、
もしかすると既にご存知かも知れませんが、

サッカープレーヤーとして超有名な、
メッシ選手の母国であるアルゼンチンがピンチです。

 
つい数時間前、これまで45%だった主要政策金利を
60%に引き上げる緊急対策を発表し、
拍車がかかる通貨安を防衛するとともに、
IMFに対して緊急融資を要請したというニュースが
飛び込んできました。

 
 
金利が60%ですよ、60パ~セント~~!!!
さあ、みんなでアルゼンチン・ペソを買いましょう!

ちなみに、アルゼンチン・ペソの通貨コードはARSですう~~~

 
一応、変動相場制をとっているそうなので、
為替取引は可能なのかも知れませんが、
幾つかFXブローカーを調べた範囲では、
取り扱いはありませんでした…、残念!!!!!

 
 
 
おはようございます。
今週も早や金曜日がやって参りました。

一時的に和らいだ猛暑は、
ここ数日ですっかり復活してしまいました。
本日で8月は最後ですが、
例年でも9月半ばまでは残暑が厳しい傾向があります。
2018年の残暑はいつまで続くのか、
それともアッサリと秋が訪れるのか?

後者に期待が掛かります。

 
 
さて、高金利通貨を買うのが大好きな日本人の投資性向ですが、
金利が60%という響きは皆さんにとって
一体、どんな聞こえ方がするのでしょうか。

取引しようにもできないというのが現状のようですが、
もし取引が可能なら、それを煽る悪徳事業者と、
それに踊る投資家も、そこそこいらっしゃるのでしょうね。

 
トルコリラの一件で、
少しでも金融リテラシーがあれば、
60%という短期金利が意味することは崩壊であると、
お分かりいただけると思います。

一連の新興国通貨が急落した背景の一つに
アメリカの利上げが指摘されていますが、
別に、ARSの下落理由を考えてみるつもりなど
今のところ全くありませんし、
それだけの知識すら持ち合わせていませんが、

その恐ろしさについて少し考えてみました。

 
このチャートはペソ円の日足です。

もしかすると、
綺麗な下落トレンドで大儲けが出来そうなチャートだ!
と言う方がいらっしゃるかも知れませんね。

 
実は、私も同感ではありますが、

USD/ ARS相場の参考値が存在すれば、
ドル円相場から計算値だけは導かれ、
チャートにすることも可能です。

しかし、市場が成り立っているのかどうかは、
別の話ですからくれぐれもご注意ください。

 
 
さて、ARSが取引できると仮定して話を進めますが、

例えば、昨年2017年8月末日のペソ円相場の終値計算値は、
1ARS=6.385円でした。
短期金利を利上げ前の45%として、

1年前にARSを10万ペソ購入していれば、
本日でちょうど1年が経過したARSは14.5万ペソになっており、
購入当時のレートで換算すれば、
その利子だけでも28.7万円に相当します。

 
しかし一方で、
現在値である2.90円を2018年8月末日の終値とした場合、
為替差損は1ARSにつき、6.385∸2.9=3.485円あり、
10万ペソを購入するのに、
63.85万円(6.385円×10万ARS)を要した投資は、

利子4.5万ペソを含めても
42万円(2.9円×14.5万ARS)にしかなっておらず、
20万円近い損失を被ったことになります。

 
確かにこの1年間で3.485円下落したARSですが…

 
皆さんは何かお気づきになりましたか?

 
現在の相場は、1ARS=2.9円でしたね!!??

 
つまり、この調子で下落すれば、
あと1年経たないうちにペソはタダで手に入ることになりますね!

そうなった時には、是非みんなでアルゼンチンを国ごと買って
タダメシを食べまくりましょう!!

という訳にはいかないのですが、
逆に言えば、ここからの下落には限度があり、
去年からのような下落はもう、あり得ないことになります。

とすれば、資金を捨てるつもりになれば、
年利60%の利子だけが必ずプラスになる…
という理論は成り立ちますね。

どうか、
そんな口上の「詐欺」だけには充分、ご注意ください。

怖い怖い!!
 
 
浅野敏郎

 
<<<<編集部のおすすめ>>>>

 
通常の投資に加えて、
リスクヘッジを堅実に利益化できる
日本で唯一1社しか取扱いのない最新取引システムについて

テクニカル分析の達人こと
平野朋之先生の解説が無料でご覧いただけます。

 
参加する「だけ」で手に入る豪華特典は
こちらからお受け取りください
「日本で唯一の週給投資法」

 
◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを、無料で受け取れます!
ご登録はこちらの説明をよく読んでから
↓↓↓
https://toushi-gp.jp/line

最近の投稿



コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.