1,000円でアマゾンの株主になる方法

From 投資の学校事務局

新宿六丁目のオフィスより……

おはようございます。
投資の学校事務局の菊地です。

今月から、スタッフブログは水曜日に引っ越すので、
今日は私がご挨拶させていただきました。

心機一転、
がんばっていきたいと思います。

やはり、このブログは「投資の学校のブログ」なので、
投資に関連する話を今日は書かせていただきます。

題して、「1,000円でアマゾンの株主になる方法」です。

1,000円でできるなら……と始めてみた

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
私はファイナンシャルプランナー(以下FP)の資格を持っているので、
周囲には投資も含め「お金のこと」に関心がある人が多いです。

FPばかりが集まる飲み会(勉強会のあとの懇親会です)で、
先輩FPの方が「なんだか、月1,000円で株式投資を始められる
らしいから、うちの子にやらせてみようかと思って……」と、
とある雑誌の記事を見せてくれました。

「One Tap BUY」というサービスです。
公式サイトによれば、1,000円から株が買えるらしいので、
私も試しにやってみることにしました。

主に、日本株と米国株を扱っていますが、
銘柄が結構豪華です。

どんな銘柄が買えるの?

ここで、米国株と日本株について、買うことができる銘柄の一部を紹介します。

<米国株>

  • アマゾン
  • アップル
  • ボーイング
  • コカ・コーラ
  • コストコ
  • フェイスブック
  • IBM
  • ETF

<日本株>

  • セブンアンドアイホールディングス
  • オリエンタルランド
  • 楽天
  • TOTO
  • リクルート
  • ファナック
  • 良品計画

どれも、本来だったら1,000円では買えない銘柄ばかりですね……。

「端株」だから買うことができる

ここで、「なぜ、1,000円で株を買えるのか」説明しておきましょう。
ワンタップバイで購入するのは「端株(単元未満株)」です。

つまり、売買単位が1株の株式の売買単位に
満たない状態に設定されています。

「1,000円で1株を購入できる」のではなく、
「1,000円で購入できる分だけ買う」と考えるといいでしょう。

実際にやってみた

私も早速口座を開設してやってみたのですが、

  • 24時間購入できる
  • スマートフォン1つあればできる
  • 配当金ももらえる

ので、重宝しています。
出資しているのが、みずほフィナンシャルグループなどの大企業なのも、私にとってはポイントが高いです。

ただし、

  • 銘柄が限られている
  • 株主優待は受けられない

のは、目をつぶるしかなさそうです……。

株の勉強を始めたい大学生におすすめ!

ここまで書いてみて、「私ならどんな人にワンタップバイを進めるか」考えてみました。
ずばり……株の勉強をしたいけど、あまり資金が用意できない大学生です。
1,000円なら、大学生でも十分に用意できる金額なので、ぜひチャレンジしてほしいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日も、皆様にとって素敵な一日となりますように。

<編集部のおすすめ>
ワンタップバイをおすすめする理由ともかぶりますが、
株式投資で成果を上げるには、実際にやってみるのが一番です。

でも、事前に成果を出せる方法を知っているのと、
そうでないのとは、上手くいく確率が格段に違います。

上手くいく確率を上げるために、「プロが実際にやっている方法を
たった3時間で学べるセミナー」を活用してみませんか?
【人数限定】のご招待らしいので、早めのご参加をおすすめします。

次は9月26日(水)に開催されますが、
オンライン中継もあるので、ご自宅からも参加できますよ!

こちらからどうぞ

投資の学校・LINE@登録募集中!
LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!

ご登録はこちらから

最近の投稿



4 thoughts on “1,000円でアマゾンの株主になる方法

  1. 宙船

    。゚(゚´ω`゚)゚。O百貨店とは?「大阪にこにこ百貨店」(←あります)のことでしょうか?DやK、果ては郊外のMやSB残骸しかないM/I、すでに大阪にはないSG。H/Hは建て替え中もあり、トラもいるし沿線住民の偏愛もありインバウンド依存しなくで生き残れるか?
    関空のことも北電のことも効率化やインフラが一極化し過ぎたことが原因かも、

    返信
    1. 事務局事務局 投稿作成者

      間違えてしまいました……大きな〇のことです(苦笑)
      H/Hはとらさんやセレブ地域の皆様がいらっしゃいますから……
      インバウンド需要の落ち込み、やはり心配ですね。

      返信
  2. 宙船

    「One Tap BUY」(; ・`д・´)どうなんでしょ。
    SNSなどの評判では、「手数料が割高」とか意見があって
    買い控えしていたのですが、、、
    T先生も「米国株は買い持ち」などとおっしゃっていた記憶があるので、
    (あくまで個人の記憶です、、、)
    勉強のために少額かって放置なども良いかも…

    ご心配ありがとうござますm(__)m
    台風の影響は、「第二室戸台風級」と聞いておりましたので、
    地震とは違って、大体想定内でした。
    (当時は、身重の母が風圧で反り返る引き戸を全身で抑えていたそうで、
    姑と一緒に奥の座敷で避難していた私を後々ひつこく非難しておりました:←全く記憶にございません)
    が、あのタンカーが関空橋にぶつかったのは全くの想定外で、
    「えらいことしてくれたな~」という印象です。
    色々な人の話を聞くと、タンカーだけの落ち度ではなくギリギリまで燃料を給油させていた関空側にも
    なんらかの落ち度があるのかな?
    ここ何年かの日本人の危機管理能力の低下と経験値の軽視、下請け軽視は想定以上の悪化です。
    んで、なのが困るのかというと、お友達のT百貨店にも影響大だと思うのですが、
    関西の小売業は10月の国慶節に向け、売り上げ倍層を見込んでいたのです。
    大体、多いところで20%がインバウンドの売り上げが占めております。
    それが、唯一の海外への玄関口「関空」が機能不全になっているとすれば、予算未達必至。
    なんてことしてくれたんだよ(ノД`)・゜・。
    まぁ急ピッチで修復は進めるでしょうが、関空と本州をつなぐ橋が一本しかないというのも心もとない。

    返信
    1. 事務局事務局 投稿作成者

      お世話になっております。
      事務局の菊地です。

      ワンタップバイは、手数料が高いのが難点ですね……。
      最近、頻繁に売買する人のために、
      月額980円の手数料定額プランが出たらしいですが。

      頻繁に売買する人には向かないかも、ですが、
      「株ってどんなのかな?」と思う人には試してほしいです。

      タンカーの衝突もびっくりしました。
      友達がソウルに行っていて、
      仁川空港から関空の便で返ってくる予定だったのですが、
      当然フライトはキャンセルになったとか。

      急遽ソウルからプサンに移動し、
      プサンからフェリーで下関に移動し、
      下関から電車で大阪に戻ってきました。

      そういえば、国慶節も近いですよね。
      友達のT百貨店や、O百貨店やH百貨店はなかなか大変かと……

      なにはともあれ、コメントで無事を確認できてよかったです。
      ありがとうございます。
      引き続きよろしくお願いいたします。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.