ONとOFF、電化製品のスイッチの話ではありません!

浅野敏郎

「投資の学校」浅野敏郎
From自宅の書斎より

 
一時期、鳴りを潜めていた
リスクオンだの、リスクオフだのという言葉、
ファンダメンタルズでもテクニカルでも
理由が見つからない際の、
メディアがよく使うフレーズです。

ここでいうリスクとは、「危険」という意味よりも
どちらかと言えば
「投資をしようという意欲」といった、
マーケットの集団心理(センチメント)的な意味合い
の方が強いと思います。

ですから、リスク・オンは投資意欲が強まる状況
リスク・オフは投資意欲が弱まる状況
だという訳です。

投資はリスクとリターンと言われるように
そのものはやはり、
リスクとして扱われているのでしょうね。

 
 
おはようございます。
今週も早や、金曜日がやって参りました。

昨日の早朝、大きな地震が北海道を襲いました。
困難を強いられている方々にはお見舞い申し上げます。

季節的には人気が高い時期だけにもしかすると、
多くの外国の方々も、
恐怖を味わう羽目になったかも知れません…。

九州から遡上してきた地震、
東北や甲信越では、もはや日常化した観もある中規模地震。
そして、とうとう北海道でも大規模地震が炸裂…となれば、
残されているのは、いよいよ関東中心部ですから、
本当に他人事ではありません…。

 
 

金融市場のリスクの特徴

金融の4大市場とは、
「債券市場」「株式市場」「商品市場」「為替市場」
だと言われていますが、

リスク市場の代名詞的な存在が「株式市場」で、
次いで「商品市場」となり、

最もリスクが少ないという存在が「債券市場」
その手前に「為替市場」があるといったところでしょうか。

 
ですから本当に、
リスクオンという地合いであれば債券が売られ株が買われ、
リスクオフという地合いであれば債券が買われ株が売られる、
という状況になり、

債券市場での売買がなかなか難しい一般投資家は、
債券の代わりに通貨である為替市場へ流れる、
といったところでしょう。

 
ところで、
円高になると日本株が下がるとよく言われます。

その理由として、
輸出型経済の日本は円高になると不利だから、
というのが定説ですが、

このように市場間の資金の流れという形でとらえれば
更に理解が進むことになります。

ですが…
実はそれだけもないという場合があるようです。

 
 

海外の機関投資家事情

例えばですが、アメリカの機関投資家が、
全資金の10%を日本株で運用していたとして、
その額が1億ドルだったとしましょう。

 
日本株が全く動かなかったとして、

その後、ドル円相場が10%円安に振れた場合、
1億ドル分の日本株の価値も下落し、
時価評価は9000万ドルに目減りします。

しかし、この機関投資家の日本株運用比率は
あくまで全資金の10%ですから、

あと1000万ドル分の日本株を買って
1億ドルにしないといけなくなり、
日本の株式市場に買いが入ります。

 
一方、逆にドル円相場が10%円高に振れた場合、
かの1億ドルの運用額は実質、1.1億ドルになり、
1000万ドル分の株を手放さないと、
運用超過になるため売りが出る…という訳です。

 
確かに、株式市場の騰落は本来、
業績に準じるべきなのですが、
もはや国境がない国際金融市場での株式は、
業績などには関係ない、一つの金融商品と考えた方が、
より納得できる部分も多くなります。

 
円高・株安の動きだから恐らくリスクオフ
というのではなく、
リスクオフだから円高・株安になったのだ、
という理解がないとただ右往左往するだけ、
になってしまうのかも知れません。

つまり、
単純な利食いや損切りの手仕舞いによる動き
なのにも拘わらず、
それを立証できないから無理やり、
リスクがONだのOFFだの、というのは余りにお粗末で、

それを安易にニュースや記事にしてしまうのもまた、
如何なものかと思います。

本当のリスクオフやリスクオン、
恐らくその規模は今日がオフで明日はオン…
といった軽々しいものではないはずです。

 
 
浅野敏郎

 
<<<編集部のおススメ>>>

本当の意味でのリスクONやOFF、
その判断基準は一体、何でしょう?

世界的な過剰流動性(いわゆるカネ余りの状態)
が原因で、
今のアメリカがそうであるように、
株式市場も上がり債券市場も上がるという現象も
さほど稀なことではなくなりました。

日本株の売買においても、
もはや日本国家の事情だけではどうにもならない今、
それでも日本株で資産を増やすためには、
何を手掛かりにすれば良いのでしょうか?

 
 
日々変化する諸事情の中から、
今の市場環境で考慮すべきポイントを厳選してお伝えする、
そんな講演会が今月も開催されることが決まりました。
内容を確認するにはここをクリック

 
投資顧問会社を運営しながら、
投資アドバイザーでもあるあのカリスマ投資家、
戸松信博先生が、限定50名の“あなた”にだけ伝授します。

単なる手法や、売買アドバイスだけを探している方のご参加は
ご遠慮願いたいと思います。

必ず、こちらの「詳細ページ」にて、内容をご確認ください。

 
◆◆◆投資の学校・LINE@登録募集中!◆◆◆

LINE@限定の特別なお知らせを無料で受け取れます!
ご登録はこちらの説明をよく読んでから
↓↓↓
LINE@の紹介ページはこちら

最近の投稿



コメントを残す



CAPTCHA



規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.