追いつめられる銀行

From 矢口新

自宅のトレーディングルームより……

おはようございます。
矢口新です。

投資の学校さんも5期目を
終えられたとのことで、

始まったころからかかわらせて
いただいていた身としては、
非常にうれしく思います。

私も皆さんに、
質のいい講義をお届けできるよう、
これからも精進していきます。

ところで、
大学3年生の方は、
そろそろ就職活動を始める時期なのかと思いました。

このブログをお読みの方のなかにも、
ご家族が銀行などの金融機関を志望している人もいるかもしれませんので、
銀行にまつわる話をしてみようと思います。

追いつめられる銀行

今年の春、スルガ銀行のシェアハウス「かぼちゃの馬車」をめぐる
不正融資事件が報道されたことを覚えている方も多いと思います。

最近、この事件をめぐるスルガ銀行の第三者委員会報告書が発表されたとのことですが、
「恫喝」や「家族皆殺し」など、信じがたい言葉が山のように出てきていました。

この部分だけでも、十分に異様な状況だったことがうかがえるはずです。

しかし、不祥事が起こっているのは、何もスルガ銀行に限りません。
2016年の商工中金のデータ
改ざんによる融資拡大以降、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の相場操縦や、東日本
銀行のさまざまな手数料の問題や歩積み両建て預金の依頼など、そこいらに不祥事はあるのです。

アメリカでも同様に、ウェルス・ファーゴ銀行が不正営業を働いたとして、当局から処分を受けました。
顧客に無断で口座を開いたり、クレジットカードを作成したりとめちゃくちゃだったようです。

ここから見えてくるのは、「すべての銀行が極めて厳しい環境にあり、
それが不正を誘発する」という事実でしょう。

右肩上がりの時は、みんないい人

実は私も、銀行勤めをしたことがあります。
そうは言っても、ディーリングルームで働いていたので、一般の銀行業務の経験はありません。

しかし、機関投資家相手のセールスとして、金融機関と話した経験はあるので、
銀行がどういう形で収益を上げているかは知っています。

特に、融資業務はこげつきなどのトラブルと隣り合わせです。
取り立て時の銀行員は「背広を着たヤクザ」とまで言われるくらいだから、相当なものでしょう。
なので、先ほどの「家族皆殺し」という物騒な言葉も、不思議ではありません。
「カネの世界」と言ってしまえば、確かにそうです。

そして、銀行というビジネス自体が、右肩下がりなのも事実です。
ITの進歩により、調達者、運用者が直接金融よりも直接的に取引を行うことができる以上、間にたって何かをやる必然性は減っています。

その中で、現場に焦りが生じるのも無理はありません。

最後に、私が昔、知人である大手生保の年金運用部長から聞かれた
「どこの会社の上司が働きやすかったですか?」という質問に答えたときのことをお教えしましょう。

「右肩上がりの時は、みんないい人。右肩下がりでは、いい人を探すのは難しい」

右肩下がりの時は、生き残りをかけて弱者を探して加害者になるリスクはやはり高まるのです。

<編集部のおすすめ>

矢口先生は世界中の金融機関で、
様々な価値観に触れながら、
キャリアを築いてきました。

その中で貫いたのが、
「合理的なやり方を突き詰める」こと。

「合理的なやり方」が学べる機会を、
ここであなたに案内します。

こちらからご覧ください

 
◇◆◇投資の学校・LINE@登録募集中!◇◆◇

LINE@限定の特別なお知らせを配信予定!
ご登録はこちらから

最近の投稿

  • 【事実】一流とは〇〇なのです。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 突然ですが、皆さんは 守 破 離 この言葉をご存知でしょうか? 「守破離
  • 損切りの思考とは。
    From:矢口新 自宅の書斎から おはようございます。 本日は、重要な『損切り』についてです。 損切りが難しいと言っているよ
  • 相場はドラマなようである。
    From:矢口新 自宅の書斎より、、、 おはようございます、矢口です。 相場というものは、 私たちの現実世界にあるものですが、


2 thoughts on “追いつめられる銀行

  1. 神原 秀幸

    幼馴染2人、2つ上と2つ下、銀行に勤めていましたが、一人は支店長代理、もう一人はわかりません、若くして、というか、働き盛りの時に亡くなりました。時期はたぶん、右肩下がりの前後だと思います。
    多分激務だったのでしょう。
    大学の時の先生に、元銀行員の人がいました。午後3時に窓口を占めるので良い会社だと思ったとおっしゃっていました、それが、残業が多いので早々に退職したというのが本音でした。
    見た目きれいかもしれないが、中身は人間のする仕事ではないようですね。
     
     組織から離れて、気楽な個人投資家、anchoriteでした。

    返信
    1. 矢口新矢口新 投稿作成者

      こんばんは。
      コメント、ありがとうございます。

      お友達も、
      相当大変だったのでしょうね。
      (ご冥福をお祈りいたします。)

      おっしゃる通り、
      銀行は華やかには見えますが、
      お金が絡む仕事である以上、
      やはりきれいごとだけでは済まないのが事実です。

      「自分にとっての幸せとは何か」
      を考えたうえで、行動していきたいですね。

      またご覧になっていただけると嬉しいです。
      引き続きよろしくお願いいたします。

      返信

コメントを残す




規約(個人情報の取り扱い)に同意して

個人情報の取り扱いに同意して
小次郎講師ブログ 矢口新ブログ 戸松信博ブログ 平野朋之ブログ 浅野敏郎ブログ もってぃブログ 高橋慶行ブログ スタッフブログ
株式会社ファイナンシャルインテリジェンス
【ご注意ください】 当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。 投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。 信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証拠金設定のある投資対象については、 お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がございます。 また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

【免責事項】 当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、 その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。 なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。 当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承下さい。 また、当コンテンツのすべての情報について当社(株式会社ファイナンシャルインテリジェンス)の許可なく転載・掲載することを禁じます。
Copyright   © 投資の学校プレミアム All Rights Reserved.